ホームにもどる

もしかしてでんすけ?

 タリがいなくなって1月が過ぎた。
 
 あれから、「2週間前まではタリはここにいたのに」「もういちど1月前のあのときに戻ることができるなら」「どこかで運命を変えることはできなかったのだろうか」

 ・・・いろんなことを考えている。だってどうしても、どんなに考えても、タリが死ななければならなかった理由が見つからないのだ。

 だからなのか。「何くわぬ顔でひょっこりと帰ってくるのではないか」と思わずにいられない。あの、まるで詩吟を歌っているかのようなバイブレーションが効いた、ちょっと情けない、息継ぎの長い鳴き声を響かせながら、茂みの向こうからにょっと顔を出すのではないかと思ってしまう。

新顔の猫がのぞいていた

一番最初のタリとの出会い そんなことを考えていたら、また新顔の猫が家をのぞきにきたという。私は会えなかったので写真を撮ることをはできなかったが、家人によると「茶色い小ぶりの猫で、最初にタリが来たときとまったく同じ様子(写真)で中をうかがっていた」とのこと。

 タリがやってきたのは、でんすけが亡くなって1月後だった。まるで我が家をのぞくように家の中をうかがっていたし、最初からケフィのことをまったく怖がらなかったので「もしかしてでんが毛皮を着替えてやってきたのでは?!」と思った。

クリックで拡大

ケフィが亡くなって1月後に現れた猫 ケフィが亡くなって1月ほどが経ったときにも、見慣れないコが家をのぞきにきた(写真)。だから「きっとケフィまでいなくなってしまったから、でんが心配して様子を見にきたんだ」と思った。


淡い期待

 そして今回は・・・。もしかしたら、タリは本当に虹の橋へと旅立ってしまったのかもしれない。そこででんすけと会い、心配したでんすけが、毛皮を着替えてやって来たのかもしれない。

「まったくタリったら、車にぶつかるなんておっちょこちょいなんだから」
「護符(タリス)なんだから、ずっと家にいて人間達を守ってくれないと困るじゃない」

 なんてぶつぶつ言いながら。今頃は虹の橋のたもとに戻って、ケフィやりゅうやアサリンたちと「今度はどうする?」と会議を開いているのかもしれない。話がついたら、まただれかが会いに来てくれるかもしれない。
 そんな淡い期待を持ちながら、日々を暮らしている。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

今頃、みんな一緒になって遊んでいると思います。早くだれか会いに来てくれないかなぁ!

No title

寂しくて切なくてやるせない中に、
なんだかポッと温かい気持ちが生まれました。

会議を開いて「次どうする?誰が行く?」なんて、
本当にみんなで相談しているのかもしれませんね。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード