ホームにもどる

運と縁(3)でんすけの命日に寄せて

 9月19日はでんすけの命日だ。19年前の9月、台風の日に我が家で子猫を産み、私と人生を共にする猫になったでんすけは、2年前の今日、お星様になった。

 生涯、私以外の人間には心を許さなかったでんすけ。私のことだけを信用して、私だけを拠り所にして、私だけに抱っこされ、私の腕のなかで息を引き取ったでんすけ。
 そんなでんとは、なぜかしっかりと赤い糸で結ばれていたという確信がある。きっと確かな縁でつながっていたのだろう。

三兄弟登場

突然現れた兄弟らしき猫。お腹を空かせているらしい。
「新顔猫」とはどうなのか。「もやっ」としたものを抱えながら寝起きしていたある日、今度は三兄弟らしき猫が現れた。小雨がぱらつく、ちょっと肌寒い夜だった。

 二匹は三毛。一匹は白黒だけど手足の一部以外はほとんど真っ黒な猫だ。遠目にしか写真が撮れなかったので分かりにくいが(写真)、三毛猫のうちの一匹がミーちゃんとでんに似ている感じ。体格からして、まだ小さい。生後1~2月くらいだろうか?

 家人と「ミーちゃんとでんを足して2で割ったような猫がいる」「まだ子猫みたいだから飼ってあげようか」などと話し、ゴハンを持って外に出た。

クリックで拡大

「新顔猫」再登場

またまたデジャブな風景 ・・・すると、どこにいたのか「新顔猫」がするりと私の足下に現れた。三兄弟のために置いたカリカリを一緒に食べている。まるで家族のようだ。
 よっぽどお腹を空かしていたのか、新顔猫は皿に顔を突っ込み一心不乱に食べ続けた。

 その日を境に、「新顔猫」は毎日、我が家にやってくるようになった。だいたいは朝と晩。デッキまで上がってきて、窓越しにこっちを見ていることもある(写真)。その様子は、タリの登場時と重なる感じだ。


猫との縁

 怖い思いをすると二度と来なくなってしまう猫もいるから、「もう二度と会えないかも」と思っていた。
 でも「新顔猫」はまたやってきた。これは「新顔猫」が持っている運なのだろうか。運がない子は、お腹を空かしても、もう一度、ゴハンをくれた家に近寄る勇気が無く、さまよい続けることになってしまうのだろうか。

 そして、たくさんの猫が通り過ぎていく中で、確かな関係を結ぶ猫がいるのは、猫と私の縁なのだろうか。 
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード