ホームにもどる

老いた動物と暮らすということ(1)

でんすけ 現在、でんすけ(写真)は甲状腺機能亢進症の投薬中だ。

 昨年秋、季節の変わり目になると恒例のいわゆる猫風邪がぶり返したので病院に連れて行ったところ、「心雑音がする」と言われ、検査をし、発見された。

 幸いにも早い発見だったので、約1月ほどわずかな量の薬を飲んだだけで、甲状腺の値は平常値に戻った。
 最初の2週間ほどは、口を開けて薬を押し込んでいた(正しい猫の薬の飲ませ方)。そうしたら、一日中どこかに隠れ、人に近寄って来なくなってしまった。

 これからは生涯、薬を飲み続けねばならないというのに、そんな状況ではかわいそうだと思い、薬を好物の缶詰や刺身などに混ぜ込んであげることにした。今のところそれでどうにか飲んでくれているが、好物に飽きて口にしなくなってしまうことが心配だ。

クリックで拡大

根本原因の特定は難しい

 こんなに苦労して飲ませている薬なのだが、実は心雑音の原因がほんとうに甲状腺機能亢進症なのかは分からない。

 血液検査だのエコー検査だのいろいろやったところ、①甲状腺の値が高い、②血圧が高い、③心臓の弁膜の一部が厚くなり血流の流れが不規則になっている、ということは分かったが、根本原因を特定するのは至難の業だそう。

 言えるのは、「甲状腺機能亢進症があると血圧が高くなったり、心臓に異常が見られることがあり、甲状腺の値が落ち着くと血圧や心臓の状態が落ち着く例もある」ということらしい。

 だからとりあえず「大元の原因と考えやすい甲状腺の治療をし、それで血圧や心臓に変化が見られなかったら、他の原因を考えていく」ことになったのだ。

だから介護も視野に

 ちなみに10歳を過ぎると甲状腺機能亢進症になる猫はめずらしくないらしい。

 前々回のブログで「そろそろでんすけの介護も視野に入れなければならなくなってきた」と書いたのには、こうしたことも理由だった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

老いた動物と暮らすということ(2)

 見た目でも、でんすけが「年を取ってきたなぁ」と思うことが増えた。
 横から見ると背骨がゴツゴツと目立ってきて、腰がいつでも少しだけ落ちたような格好をしている。後ろ足がだいぶ弱ってきたのだろう。
 
 1メートルくらいの高さにある自分の部屋(ケフィの部屋と二階建てになっており、出入り口は階段側にある)から飛び降りることはあっても、飛び上がることはしなくなった。

 公園を駆け回る姿を見なくなったし、木登りもしなくなったように思う。寒いせいもあるだろうが、ここのところは日に4~5回ほど家の庭にトイレ(室内に猫砂が置いてあるが見向きもしない)に出るくらいで、一日のほとんどを寝て過ごすようになった。

トイレの失敗

でんすけ 衝撃的だったのは、生まれてはじめて“そそう”をしたこと。
 
 この2ヶ月の間に3回ほど、トイレを失敗してしまったのである。
 1回目は猫こたつの中、2回目は私のふとんの中、3回目は私の机の足元に敷いてある電気マットの上。いずれもとても寒い日だったので、庭までトイレに行くことがおっくうだったのかもしれない。

 幸いにもどの場合も大きな被害はなかった。
 でも、今後は分からない。とくに被害が大きくなりそうなのは私の布団なので、敷き布団の上におねしょシートを敷くことにした。

 ちなみにでんすけは毛布と布団の間に寝るのが大好きである(写真)。おかげでそそうをしたときにもおしっこを毛布が吸い取ってくれたため、敷き布団は無事だった。


さっそく尿検査

 そして、トイレの失敗は腎臓に異常がある可能性もあるときき、先日はさっそく尿検査もした。
 幸いにも異常値までは至らず、こちらもひとまずは甲状腺機能亢進症との関連を考えつつ、定期的に尿検査をしていくことになった。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

老いた動物と暮らすということ(3)

ケフィ 考えてみれば、でんすけはそろそろ人間の数えで16歳くらいになる。猫年齢に換算すると80歳を過ぎたくらいだ(猫の年齢)。

 でんすけは、今12歳のケフィ(写真)より1年ほど早くわが家にやってきが、そのとき健康診断をしてくれた獣医さんによると「犬歯の状態から推測するに3歳くらいですね」とのことだった。

 迷い猫だったので誕生日も分からない。だからわが家では毎年ケフィの誕生日にでんすけの誕生日も祝っている。

 80歳ともなれば当然なのだろうが、今やでんすけの犬歯は抜け、奥歯もほとんど残っていない。それでもカリカリをほおばり、刺身をペロッと平らげる。食欲が落ちないのはほんとうにありがたい。

クリックで拡大

実はケフィも老犬

 そして、うっかりすると忘れてしまいそうだがじつはケフィも、もう老犬だ。大型犬は小型犬よりも老化が早く、寿命も短い。

「うちのケフィ、サイズ的には中型犬(23キロ代)ですから!」(つまりスマートだということ)が自慢で、日々元気にボール投げはするし、旅行も大好き。ゴハンのときはぬいぐるみをくわえるながら走り回るケフィだが、大型犬であるゴールデン・レトリーバーなのは事実。
 年齢の換算表を見ると、12歳でLサイズのコは84歳になる。

 でんすけの甲状腺機能亢進症が指摘された後、あわてて健康診断をしたときには「年齢とは思えない健康度!」とは言われたものの、いつ何があるかは分からない。

 でんすけ同様、眠る時間が多くなったし、はしゃいだ後は死んだようにコテッとお昼寝している。たぶん、持久力や体力が無くなってきたのだ。

視力も衰えてきた?

 視力の衰えも気になってきた。

 昨年の夏、海でボール投げをしたときは、波のかげんや太陽の反射のせいもあるだろうか、何度かボールを見失っていた。今までにはなかったことだ。

 家の裏にある公園でボール投げするときも、ボールが飛んだ位置とまったく違うところを探していることがときどきある。

 散歩をしていて何かの臭いに夢中になっているときにガードレールや止まってる車にぶつかることも増えた気がする。
 
 ついこの前までは「ドジだなぁ」と、笑いながら、愛らしいボケぶりと受け止めることができたが、最近は「もしかして視野が狭くなった?」などの心配が頭を過ぎる。 
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

老いた動物と暮らすということ(4)

ボールをくわえて嬉しそうに戻ってくるケフィの笑顔 長い月日を共に過ごすうちに、いつの間にか真夜中に懐にもぐりこんでくるでんすけの温かさや、ボールをくわえて嬉しそうに戻ってくるケフィの笑顔(写真)が「ある」ことが当たり前になっていた。

「今日は昨日の続きで、明日は今日と同じ明日が来て、この毎日はずっと続く」・・・そんなことは当たり前すぎて考えたことすらなかったけれど、最近はたまに「いつまでこんな毎日を続けられるんだろう?」という一抹の不安が過ぎることがある。

 でんすけやケフィがちょっと体調を崩すと、「このまま治らなかったらどうしよう」とドキドキするようになった。


 アウトドアが大好きなケフィのために、「次はここに行こう!」とか、「来年はこんなことをやろう!」とか、テレビや雑誌、ホームページなどで「わんこといっしょにできる○○」を探すことが何より楽しみだったが、「来年も同じことができるだろうか」と考えることが多くなった。

「まだまだいろいろやれる」「今度はこんなことをやってみよう」とのワクワクが、「またできるかな」という心配に変わったーーその折り返し地点はいったいどこだったんだろう。

折り返し地点はミーちゃんがいなくなったとき

 それはきっと、ミーちゃんがいなくなったときだ。

 電柱やポスとのように風景になじんでいたミーちゃんがいなくなって、「いる」ことが当たり前だったミーちゃんという存在が無くなったとき、その存在の重みが身に染みて分かった。
 
 ミーちゃんが私たちに与えてくれていた安らぎや安心感、幸福感がこんなにも大きなものだったのだとはじめて分かった。

 ミーちゃんが行方不明になってはじめて、時代に取り残されたかのような商店街も、やはり時代と共に変化していて、社会状況と無関係ではないことを実感させられたし、「いつまでも続く毎日は無い」ことも思い知らされた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

春爛漫!(2)

でんすけ 寒かったこの冬。2回めの雪が降ったとき、でんすけ(写真)が体調を崩した。
 
 食欲が無くなり、ぐったりとして、まったく猫コタツから出てこなくなった。あの超おしゃべりなでんすけが、まったく話をしなくなった。

 よおーく見ると、鼻の周りがカパカパし、鼻水が出ているようだったので、「また猫風邪をぶり返した?」と思い、残っていた薬を飲ませた。

 いつもだったら、薬を飲み始めて3日もすれば良くなるのに、なぜかまったく良くなる兆しがなかった。


とくに悪いところはない?

 心配になって病院に連れて行き、ひと通り検査をしてもらった。
 
 甲状腺機能亢進症の薬が効きすぎていないか、またまた心臓の血流が乱れていないか、腎臓がいきなり悪化していないか・・・などなど。老猫のでんすけにはたくさん具合が悪くなりそうな要素がある。

 ところが、検査の結果は「とくに目立って悪いところはありません」だった。

 私が、「え、なんで??? だって、大好きなマグロの刺し身も食べないし、一緒に寝ようと二階まで上がっても来ないし、しゃべりかけてもこないんですよ」と言うと、獣医さんは言った。

「毎日、一緒にいる飼い主さんが『具合が悪い』と思う状態なら、多分、具合が悪いんだとは思うんです。でも、熱も無いし、心雑音も無いし、検査の結果を見ても、とくに問題はないんですよ。どの数値も、ほぼ前回の検査結果と同じですから、正しく薬は効いているはずです」

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

春爛漫!(3)

でんすけ 結局は、「老衰」ということらしい。

 とくに目立って、悪いところはない。でも、食欲が無くて、ぐったりしている。
 その理由はおそらく「寒さに対応する力が衰え、ここのところの寒さに耐えられないのだろう」(獣医さん)とのことだった。

「とくに必要な治療はありません」と言うので、とりあえず、栄養剤的なものを点滴してもらい、動物病院を後にした。
 獣医さんによると、こうした点滴が呼び水になって、食欲が出てくることもあるそうで、「食欲が出てくれば体力も回復し、持ち直すだろう」との見立てだった。

 でも、逆に言えば、もし食欲が出てこなければ、持ち直せないということだ。私はめちゃめちゃ不安になった。

 バターがお星様になってから、まだ3ヶ月が過ぎたばかり・・・。「もしや、でんすけまでいなくなってしまうのではないか」と思うと、気が気ではなかった。

クリックで拡大

温かいミルクやあら汁を

 獣医さんに「固形物を食べないようなら、液状のものを飲ませては? 猫は温かいものが好きなので、あたたかい魚のスープとか」と言われたので、自宅に戻ってから、スーパーに行き、いきのいいアジをさばいてあら汁をつくった。
 
 それをでんすけの目の前に置いてみたが、いっこうに飲む気配はない。そこで、いつも人間が飲んでいると反応するホットミルクをつくり、でんすけの前に置いた。すると、ほんの数口だが、口をつけてくれた。

 でも、とても足りない。体力を回復してもらうには、もっとたくさん、食べてもらわなければならない。

 そこで、液体の飲み薬を飲ませる際に使う注射器で、まずはホットミルクを。続いてあら汁を吸って、飲ませてみた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

春爛漫!(4)

 けして嬉しそうに飲みはしないが、さして抵抗もしない。もしかしたら、抵抗する元気も無いのかもしれない。
 そんな不安にかられながらも、小刻みにホットミルクとあら汁を注射器で与え続けた。

「もう少しで暖かくなるからね」「あと少しの辛抱だから、もうちょっとがんばろうね」と声をかけながら、抱きかかえ続けた。

奇跡が起きた!!

 その翌々日のこと。ダメもとででんすけの大好きなマグロの赤身をちぎって置いたところ、くんくんと臭ったと思ったら「ぱくっ」とかみついた!

 そしてゴクンとのどをならして飲み込み、満足気に顔を洗い始めたと思ったら、「ぎゃーおぉぉぉ」と、大きな声で鳴いたではないか!!

元気な証拠

でんすけ それ以後、ときどき鼻水が気になるときはあっても、食欲が落ちることもなく、ぐったりすることもなく、いつも通りの貫禄でのっしのっしと家(とその周辺)を歩き回っている。

 トイレから戻るたびに「あかぁーん」「わおぉーん」「おぉぉぉーん」と、びっくりするほどの大声(しかもドスのきいた低音でバイブレーションが効いている!)で、人間に声をかけるようになったし、うるさくするケフィをしかり飛ばすようにもなった。

 持病の薬を与えようとすると激しく抵抗するし、ごはん皿を空っぽにすることもしばしという、見事な食欲も復活した。

 日の出の頃に必ず大声で起こされ、投薬のたびに私の腕には傷が増えるという日々が、また始まった。

 でも、それはでんすけが元気だという証拠。「うるさいなぁ」「かなわないなぁ」と、つぶやかずにはいられない毎日が続く幸せが、ことのほか身に染みる。

 季節はいつの間にか、初夏へと移った。でんすけも、猫こたつから「沈むクッション」(写真)に衣替え!

クリックで拡大

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ケフィ倒れる!!(1)

バター「緊急に里親募集!!」(2014年12月)のブログで書いた「11月が忙しかった理由」を今さらだけど、書いておきたい。

 ケフィが倒れたのだ。

 11月3日夜、家人から出先にいる私に電話があった。

「ケフィが立ち上がれなくて、トイレも垂れ流しちゃうんだけど・・・」

 家人によれば、最初に異変を感じたのは夜の散歩のとき。少し足がもつれ、よろける感じがあったという。

 それでも、いつも通りのコースを歩いて帰宅。ご飯もしっかり食べ、家人が夕飯を食べようとするといつもどおりテーブルのそばへ移動・・・しようとしたら、よろけながらも家人の傍らに。

 だが、その場でくずれるように横になったと思ったら、もう立ち上がることができず、トイレもその場でしてしまったという。

クリックで拡大

よぎる不吉な考え

 このブログで何度も書いたように、私にとって11月は別れが多い、いやーな季節だ。1年前の11月10日にはバターも亡くなっている。

 電話を切り、急いで家に向かった。途中、いくつもいくつも不吉な考えがよぎった。
 
「今日まで、とくに体調不良も、倒れるような予兆は感じられなかった。・・・ということは、突然、どこかの神経が切れるとか、血管が詰まって破裂?」

「もう二度と立ち上がることができず、完全介護状態になってしまうかも」

「来月(12月)の誕生日を迎えられないのではないか?」

「もし、ケフィがいなくなってしまったら、私は生きていられるのだろうか」
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ケフィ倒れる!!(2)

ボールみっけ! ケフィの戸惑いが伝わってくる。気持ちはあるのに、立ち上がることができない。自分の体の状態が分からず、現実を受け入れられないでいるのだ。

 私がケフィが倒れた現実を受け入れられないでいるのと同じように・・・。

 そばに行って頭をなでると、嬉しそうに目を細め前足をぱたぱたさせる。しっぽはいちだん勢いよくふ左右に振れた。私の手をなめ、いつもの通り私に体を預けて「お帰りなさい」のあいさつをしようとする。
 だけど、うまくできない。

クリックで拡大

長い夜

 ケフィはもちろん、私も家人も、動揺していた。いったいどうしたらよいのか分からなかった。
 すぐにネットで調べたが、素人に病名が特定できるわけもない。ただ「ただごとではない」ことが分かるだけだ。

 時間は、夜中の12時を回っていた。家人と相談し、朝いちばんで病院に連れて行くことにして、今夜はもう床につこうということになった。

 ケフィのまわりにはふとんやらカーペットを敷き詰め、長座布団から落ちたとしても板の間に寝ないですむようにした。もし、おもらしをしてもケフィが冷たくないよう、子犬の頃に使っていたおねしょシートも敷いた。

 翌日は仕事が休みだった家人がケフィに添い寝をし、朝が来るのを待った。眠りは浅く、朝は遠く、本当に長い夜だった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ケフィ倒れる!!(3)

宮古島の海で泳ぐケフィ 翌朝、後ろ髪引かれる思いで私は仕事に出かけ、病院に連れて行くのは家人に任せた。

 長座布団を担架代わりにして車まで運び、病院では看護師さん達が駐車場から診察室まで運んでくれたという。

クリックで拡大

いつの間にか涙が

 出勤途中、南の島で嬉しそうに泳いでいたケフィや、つい2日前に公園でやったボール投げの様子、いつもの散歩よりちょっと長めのコースを元気よく歩いたおとといのことなどが、次々と思い出され、気がつくといつの間にか涙が頬を伝っていた。

「あれが最後だったのかもしれない。もう2度とあんなことはできないのかも・・・」

 そう思うと、悲しくて、切なくて、涙が止まらなかった。

診断名を知るのが怖い

 仕事の間は、極力、ケフィのことは考えないようにした。うっかり考えたら、その場で号泣してしまいそうだったから。

 そして昼休み。携帯電話には、病院での診察結果を受け、なんらかの連絡が入っているはずだが、怖くてなかなか見ることができなかった。

 診断名を聞かないうちは楽観的な希望を持つこともできるけれど、病名を知ってしまったら、もうそれを受け入れるしかない。

どきどきしながら

「もう一生寝たきりです」
「先はそう長くありません」

 そんなふうに言われていたら、いったいどうしよう。私はその診断を受け入れることができるのだろうか?

 どきどきしながら勇気を出して携帯電話のメールを見ると!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード