ホームにもどる

ミーちゃんは幸せだった?

箱詰めのタマ1 朝、窓を開けたら、外は一面、真っ白。
 ニュースを見たら、関東でこんなに遅い時期に雪が降ったのは41年ぶりだという。

 もう桜も咲き終わって5月も近いというのに、真冬の寒さだ。さいたま市も、今朝は1度まで冷え込んだ。

 外猫のタマの様子を見に行くと、箱詰めされたタオルみたいに、きっちり段ボール箱の中に収まってなかなか外に出て来ようとしない(写真)。かなり寒いのだろう。

 タマが箱から出て来たところを見計らって、箱の中に入れている敷布に貼るカイロを1コプラス(これで合計三つ目)。箱下にはミーちゃんが使っていたホットカーペットが敷かれているが、外気が冷え込むと、中までは暖まりにくくなる。

 タマの世話をしていると「どうしてミーちゃんには、こういうことをしてあげなかったんだろう」という思いが、むくむくとわき上がってくる。


雪を見ては・・・

 昼間は暖かい美容室でホットカーペットをかぶって寝ていても、夜はねぐらへと戻って行ったミーちゃん。きっと寒かったことだろう。

「本当はタマみたいに、一日中、暖かく丸くなれる場所が欲しかったのではないか」

 最近、とみにそんな考えが浮かぶ。

 ミーちゃんには、長年張り付いた「みんなの猫」というイメージがあって、「私が責任を持って世話をしよう」というふうには思いつかなかった。

 いつも気ままに見えたミーちゃん。日向ぼっこしたり、お店を回ってゴハンをもらったり、道行く人にお腹をなでられたり・・・平和の象徴としていろんな人を慰めていたミーちゃん。
 でも、ミーちゃん自身は本当に幸せだったんだろうか?

 ミーちゃんは、もう15歳を超えたはず。もし、野良生活をしていたら、この春の寒さはかなりこたえているだろう。

 雪を見ては、そんなことばかりを考えてしまう。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード