ホームにもどる

だれに向かって祈ったら、願いはかなうのだろうか

チビ 埼玉県飯能市の山中に犬や猫など約100匹の死骸(しがい)が捨てられていたという事件が世間を賑わせていた。

 新聞等を読むと、ペット葬儀業者が亡くなったペットを「火葬する」といったんは引き取ったものの、実は火葬などせず、山中に捨てていたということらしい。

「かわいがっていたコが、山の中に捨てられていたなんて!」
 
 そう嘆く飼い主さんたちの気持ちは痛いほど分かる。きっと私も同じように感じることだろう。

 ・・・でも、その反面で「亡くなった後に捨てられていた」ということに、ちょっとだけホッとした(飼い主のみなさんごめんなさい)。最初にニュースを見たときは、虐殺事件かとも思ったのだ。

 もし生きたまま、虐待され、殺されたりしていたら・・・と思うとそれこそ胸が張り裂けそうだ。
 どんなにか、怖くて、痛くて、辛かったろうと思う。

クリックで拡大

重なる2008年4月の集団殺猫事件

 ミーちゃんが1回目にいなくなったときに埼玉県越谷市で起きた集団殺猫事件が報道されたのも4月(2008年)のあたまだった。ちょうど、今回の事件と時期も重なる。

 あの新聞記事を読んだときも生きた心地がしなかったが、今回もまた「もしかして山に捨てられたコたちの中にミーちゃんも混じっているかも」と考えると、夜も眠らない気持ちだった。
 もしかしてチビ(写真)も「猫をいじめて楽しむような人に連れて行かれてしまったのでは」 という不吉な考えが何度もよぎった。

 どうかどうか二匹が、どこかで幸せに暮らしていますように!
 
 そう何度祈ったら、だれに向かって祈ったら、願いはかなうのだろうか。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

殺処分0を目指して!

子犬 犬や猫の殺処分0を目指す「ちばわん」とリンクを貼りました!
 
「ちばわん」の設立趣旨を見ると、

1、繁殖に反対しています
2、不妊・去勢手術の推進をしています
3、行き場のない犬猫の家族探しをしています

 と書いてあります。

「現実を直視しなくちゃ」とは思うけど、辛くなりすぎてしまってなかなかホームページ全部は見れない。
 「どのコも、このコもみんな引き取って育てたい!」
 と思って、気持ちの収拾が着かなくなる。

 だけどそんな何かできることはないのかなぁと思う。


どのコにも「人間って信じられるんだ」という体験を!

 ・・・というのは、最近、老衰などで長年連れ添った愛犬や愛猫を亡くしたという話を良く聞く。
 中にはけっこう年配の方もいて、
「一緒に暮らせるコがいたらどんなにいいかとは思うけど、次のコも最期まで看取れるかどうか自信がないから」
 とつぶやいていたりする。

 そういう方に、たとえば「ちばわん」の預かりボランティアなどをしていただけたらどんなにいいだろうと思う。

 ほんの一時でも「人間って信じられるんだ」という経験を手に入れられたコとそうでないコは、絶対にその後の人生が違ってくるはずだから。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

猫受難の時代

 『迷子のミーちゃん』にも書いたが、今は猫にとって受難の時代だと思う。
 猫が街角で平和にまどろんでいたのは昔の話。現代は、うかうか外に出たら猫を嫌う人や、むしゃくしゃした気分の人の標的になってしまう。

 もちろんそこには、人間自身が平和にのんびり暮らせない社会全体の問題があると思う。だから猫を狙う人を一概には責められない。
 でも、そういう世の中の鬱積が、無抵抗の猫に向けられるのはやっぱり許せることではない。

「猫に銃弾!」

 そんなことを考えたのは、「猫に銃弾!」という報道を見たからだ。
 報道によると、銃弾は肋骨を砕き、胸骨と心臓の間で止まっていたという。石川県でのできごとだ。

 事件を聞いて、ミーちゃんが脇腹を切られたときのことを思いだした。

 あのときは「切られた」のか「切った」のか、判断が付かないと病院で言われ、そのままになってしまった。
 でも、やりようによっては動物虐待で警察に通報もできたのかもしれない。そうしたら、ミーちゃんは、今もまだ商店街で暮らせていただのだろうか。
 ミーちゃんがどこかで怖い目に遭っていませんように!!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

里親捜しをサポートするサイトとリンク!

は友人宅の猫 またまたリンクを貼りました!

 今度は「もっとも信頼できる里親捜しをサポートする」という「ペネット」というサイトです。

 改めて探してみると、本当にたくさんの犬猫救済サイトがある。
 そしてとってもたくさんの人が、多くの犬猫が殺処分されていることに心を痛めている。

 一方で、ペット産業の売り上げはうなぎ登り。
 この前も電車の中で「不況知らずのペットビジネス」というような大見出しを掲げたある雑誌の中吊り広告を見た。
 人間についても思うけど、やっぱり命とか福祉とか、育ちとか、そういうことに関する部分がビジネスになるっていうのはいかがなものか。

※写真は友人宅の猫


「無責任な人間は飼えない」仕組みを
 最近はちょっとしたホームセンターでもペットの生体を扱っている。
 無邪気に動く子犬や子猫の前で足を止め、「かわいいー」と喜んでいる人も多いが、私は痛々しくてとても見れない。

 早々に親や兄妹たちから離されて、一日中明るいライトの下で多くの人目にさらされているコたち。
 そして売れ残ったら、処分されてしまうであろうコたち。そのことを考えると胸がつぶれてしまいそうだ。

 「責任を持って飼いましょう」と言う前に、「無責任な人間は飼えない」仕組みをつくるべきだといつも思う。

 たとえば

1)生体を扱うペットショップ等の廃止(飼いたい人は、ブリーダーの元に足を運び、その誕生を首を長くして待ってから飼うような仕組みに)。
2)ペットを飼う前に公の機関に登録し、講習会などへの事前参加とか1年ごとにペットの健診などの義務を課す。
3)ペット税の徴収

 ・・・などなど。
 気軽に飼えないようになれば、面倒くさいシステムがあれば、無責任にペットを飼おうとする人はきっと減るはずだ。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ミーちゃんの意志を継いで!

 前回、「ミーちゃんが子猫を救った」というエピソードを書いた。
 
 よく考えたら、今回、私がこんなに被災した動物たちのことが気になるのはミーちゃんがいたからだ。

 避難所に連れて行ってもらえず、人間に置き去りにされ、お腹を空かして町をうろつく姿が、ミーちゃんに重なる。
 それを見ていると「ミーちゃんもこんなふうに保護してくれる人を求めてさまよっているのかも」と、胸がきゅーっとする。

「何かせずにはいられない!」という気持ちになる。きっとミーちゃんが「みんなを救って!」と言っているのだ。

アニマルクラブ石巻の書き込み

 おとといは「アニマルクラブ石巻」に、ペット用のオヤツやブランケット類を送った。以前紹介した「いななき会」の会報で「あらゆるものが流され、毛布やタオルが足りない」と知ったからだ。

 場所柄もあって、アニマルクラブ石巻は精力的に被災動物の保護をしている。HPには、被災をくぐり抜けたコたちの写真やエピソードが載っている。本当に良かった、良かった。

 しかしやはり原発20キロ圏内のコたちの状況は深刻だ。HPに次のような書き込みがあり、涙が止まらなくなった。

「『なぜ、入るなと言いますか?』この向こうに、飢えて死のうとしている動物たちが いるのに… 置き去りにされた動物たちは、今も、必死に生きようとしています。 (2011年 4月20日、福島県浪江町」

「年間約30万匹が殺処分」の国

「まず助けよう!」という努力もせず、足手まといになりがちな動物たちーーミーちゃんと同じ世話を必要とする“弱い存在”――は切り捨てられる。さんざん人の役に立ってきた牛や馬も、簡単に殺処分にされている。

 そんな政府のやり方を見て「ああ、やっぱり、この国は年間に約30万匹もの犬や猫が処分される国なんだ」との認識を改めてした。政府がもっと協力的だったら、「連れて逃げたい」と思う飼い主さんだってもっともっと増えるはずなのに。

「命は大切です」
「殺処分を減らしましょう」
「ペットは最後まで責任を持って飼いましょう」

 多くの動物が人間の都合で飢えさせられ、殺されていく現実を前に、そんな動物愛護キャンペーンの言葉が空疎に響く。これを偽善と呼ばずに、なんと呼ぶのだろうか。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

七夕に願いを!

 大阪にある動物愛護市民団体JCDLから、次のようなメールがきた。

 私も「ミーちゃんが戻ってきますように!」、そして「世界中の動物たち(とくに東日本大震災の被災地)が幸せになれますように!」と書いて短冊を送ろう!!

**********************

 いつも温かいご支援ありがとうございます。この度、7月7日(木)七夕の日に、JCDLで七夕祭りを行います。

 そこで、皆様にご協力をお願いしたいのですが、わんちゃん猫ちゃんに対する思いを短冊にして七夕の笹に下げようかと企画しています。

1)ワンちゃん猫ちゃんに対する思い・動物愛護に関する願い
2)お名前
3)市町村名

 をご記入の上、御返信お願い出来ますでしょうか。
 個々に短冊にして下げていきます。短冊が下がった写真もお送りいたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 多くの方の願い事を飾りたいので多数の御応募お待ちしております。

**********************

 アクセスは[こちら] から。メールの送付先は[npo☆jcdl.jp]です(☆を@に入れ替えて下さい)。

青い目の白猫

青い目の白猫「青い目をした白猫は耳が聞こえないコが多い」

 そんな話を聞いたことがある。そして実際に、そういう猫を知っている(写真)。

 白い被毛と青い目は、白色遺伝子という優性遺伝子によるものらしい(説明が難しいので詳しくはウィキペディア参照のこと)。

 そして興味深いことに、オッドアイと呼ばれる両目の色が違う猫で、片方が青い目のときには、青い目の側の耳が聴こえないことが多いという。

クリックで拡大

野良だったら大変な障害

 写真の猫は、かつて捨て猫だった。
 耳が聞こえないためか、それとも他の事情があったからなのか分からないが、子猫の頃(もう10年以上も前)に知人宅前に捨てられていたという。

 このコのように家猫になれたらいい。
 でもずっと野良だったら、人間の保護がなく暮らしていくのだとしたら、「聞こえない」というのは大変な障害だろう。
 
 車に轢かれるなど、事故に遭う確率だってぐんと上がるはずだ。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

青い目の白い猫、里親募集中(1)

耳の聞こえない青い目の白い猫 前回のブログで「青い目の白い猫」の話を書いたのには訳がある。

 まさに、今、交通事故に遭った「耳の聞こえない青い目の白い猫(写真)」が里親になってくれる人を探しているのだ。

クリックで拡大

幸運なことに

 その白猫は、推定1歳(獣医のお見立て)の男のコ。
 4月2日夕方、車にはねられ右足を骨折し、全身打撲の重症を負った。

 しかし幸運なことに、車にはねられてぶらぶらした1本の足を引きずりながら逃げようとしていたところ、その痛々しい姿を見かねた男性に保護された。

 さらに、その状況を見ていた通行人が、自身の上着に血だらけのネコをくるんで動物病院まで先導。

 獣医師は、いったいどこの猫なのかもわからないまま、男性の「引き取りにきます」の一言を信じ、手術をしてくれたという。

手術は大成功!

 みごと手術は成功し、現在、茨城県のとあるお宅で療養中である。
 ギプスはあと2週間ほど取れる予定。
 すでに1メートル近い高さのベッドの上にあっさり乗っかることもできるそう。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

青い目の白い猫、里親募集中(2)

耳の聞こえない青い目の白い猫  里親希望の方へ。
 今、猫が暮らしている「とあるお宅」の方が確実に猫をお連れします。たとえどんなに遠くても!

「先住犬と相性が悪く、犬と猫は別室で過ごしています。
 犬はのんびりとリビングのソファーで寝そべり、猫は客間のベッドでぽつん。その姿が不憫でなりません。

 家族の真ん中で、ひざに乗っかってのんびりさせてもらえるお家にお渡ししたいと思っています。
 猫と一緒に暮らせない分、里親さんにはなにがしかの援助もさせていただきたいと思っています」
(「とあるお宅」の方)

クリックで拡大

  後ろ足のギプスは間も無く外せる見込み。
  その際、全身麻酔をするのでついでに去勢手術も済ませる予定だそう。

  野良ちゃんだったので、まだまだやせっぽちだけど、「とあるお宅」でかわいがられ、たくさん食べて少しずつ太ってきているところ。
 そのせいで顔つきも変わってきているらしい。

 みなさん、どうぞよろしくお願いします!

 ご興味のある方は、左下のメールフォームでお問い合わせください。

青い目の白い猫、里親募集中(3)

青い目の白い猫

 とうとうギプスが取れた! 一緒に去勢手術も受けた!
 これでいつでも里子に行ける!!

 検査の結果、ねこエイズ、ねこ白血病も陰性。ワクチンは次回の通院で受ける予定だそう。

 ちなみに外猫生活だったというのに、うんち、おしっこも、ちゃーんとネコトイレでできるそうだから、本当に里子にぴったりな猫だ。

人の優しさを引き出してくれる

 それにしても運の強い猫ちゃんだ。

 事故後、事故現場にポスターを出したところ、それまで猫ちゃんの世話をしていた方がお見舞いに来てくれたこともあった。「諸事情あって家の中では飼えなかったので自宅の軒下でゴハンをあげていました」という。
 しかもしかも、その方は「手術代の足しに」と、なんと10万円をカンパしてくれたとか!

 ギプス使用だったときは、「とあるお宅」の庭から勝手に散歩に出かけ、見知らぬ小学生が見つけて届けてくれたこともあったという。

「『人の優しさを引き出してくれるパワーを持った猫ちゃんだなあ』と、思わずにはいられません。どうかどうかお心優しい里親さんとご縁が繋がりますように!」(「とあるお宅」の方)

いろんな絆をつくってくれる猫

 現在「とあるお宅」の方は、この「ミーちゃんを探して」のサイトをあちこちでアピールし、里親さんを募集している。
 それによって新しい出会いが生まれ、つながりが深まり、いろんな絆ができているそうだ。

 このコもミーちゃんと同じだ。
 そこにいるだけで人と人をつなぎ、絆をつくっていく力がある!
 
 だからきっと幸せになれるよ。

 里親になってくださる方はどうぞ左下のメールフォームから連絡をおねがいします!
※本日までにご連絡くださり、返事が届いていない方は、 恐れ入りますが再度お送りください。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード