FC2ブログ
ホームにもどる

デ・ジャヴ

 ケフィが虹の橋へと旅立って半年、タリの死から2カ月が過ぎた。
 タリについては状況的に信じられない思いも強かったので、受け入れあぐねているうちに、あっという間に時が過ぎてしまった感がある。

まただれかが会いに来た?

まるでなじみの場所であるかのようにくつろぐ新顔猫 タリがいなくなって1月が過ぎた頃、茶色い小ぶりな猫が我が家をのぞいていたことを前に書いた。以来そのコは現れていないのだが、今回また新たな猫が現れた(写真)。

 今のところは、ほかの訪問猫たちのように窓からのぞくことはないが、我が家のデッキをうろうろしては、キッチンのひさしに乗っかったり、物置の上でくつろいだりしている。かと思えば、写真のようにお向かいの家の車の下から、じーっとこっちを見ていたりする。

 そしてただ見ているだけでなく、一生懸命、我が家に向かって話しかけている。だれかを呼んでいるような雰囲気だ。
「いつかこんなことがあったかも」という、なんとなくデ・ジャウ゛な体験だ。

 そんなふうに思ってみるからなのかもしれないが、寝転んでいる雰囲気がどことなくでんすけに似ている。話しかけてくる様子は、なんだかタリを彷彿とさせる。
 もしかしたら、毛皮を着替えて、まただれかが会いに来てくれたのだろうか。

クリックで拡大

「気になる猫」も再登場

「気になる猫」に威嚇され、車の奥に逃げ込む新顔猫 ・・・なんて思いながら見つめていたら、またまた懐かしい猫が現れた。たぶん「気になる猫」ではないかと思われる。
 どうも縄張りに見知らぬ猫がいることが気にいらないようで、新顔猫をにらみつけ、威嚇し、追いかけている。

 強い猫に追い払われたりするなど、「放っておけない」気持ちにされる状況も、我が家にでんすけやタリがやってきたときと似ている。タマもそうだった。
 みんな一様に弱虫で、幅を利かせた猫から追われたり人間に邪険にされていたり、お腹を空かせていたり・・・。そんな様子が不憫で、ついついかばっているうちに、いつの間にか我が家の猫になっていた。

 今度のコはいったいどんな展開になるのか。今、我が家の前に現れて2日目。今後も通い詰めるつもりなのだろうか。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

お盆だから里帰り?

部屋の中をのぞく「新顔猫」 あれから「新顔猫」は我が家に通い詰めている。この前などはキッチンの窓から家の中をのぞいていた(写真)。
 多くの場合、「新顔猫」がやってくるのは夕方から夜にかけて。この前は「もう今日は来ないのかな」と思っていたら、日付が変わる頃に現れた。

 飼い主がいるのか、いないのか。近くで見ると微妙に痩せているような気もする。だとするといったいどこでゴハンを得ているのか。
 もし、飼い主がいなくて、うまく我が家に定着できるのであれば家族に迎え入れてもいいのだが。

見つめ合って仲がよさそう タマとふたりでデッキの手すりに並んでお話していたこともある(写真)くらいだから、タマとはきっと気が合うのだろう。

クリックで拡大

「家のコ」になるまでが大変

 我が家の猫たちはみんな外からやってくるので、「家のコ」になるまでが大変だ。当然ながら、最初はほとんど寄っては来ない。窓からはのぞくくせに、人間が窓を開けたり、外に出て行くと逃げる。

 でんやタマやタリが「家のコ」になるまでだって、状況はいろいろだが短くて数ヶ月。長いと1年以上がかかっている。

 数回顔を出したけれど、いつの間にか姿を見かけなくなってしまうコもいる。けっこう足繁く通っていたのに、ある日突然、いなくなってしまうコもいる。以前、やはりタマと気が合っていた「おっちょこちょいの猫」のように、デッキ通いをしている間に交通事故に遭ってしまう猫もいる。

白黒模様の猫も

 写真は無いのだけれど、「新顔猫」の他にも、タマやタリと同じような白黒模様の猫も8月に入ってから家人に何度か目撃されている。お盆のある日、家人が帰宅したら、白黒模様の猫がデッキに寝そべり、手すりには「新顔猫」が乗っていたという。

「お盆だし、でんとタリが一緒に戻ってきたのかな?」

 なんて、話をした。いずれはだれかがタマの家族になるのだろうか。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

運と縁(1)

 数日、姿を見せなかった「新顔猫」が久々に現れた。
 
 よく見ると痩せていたので、「きっとゴハンにありつけていないのだろう。まだそんなに遠くには行っていないはずだから、うちの近所をうろうろしているかも」と、猫窓に入る外階段のところにカリカリを置いておくことにした。

 最初の日は、カリカリはそのまま残っていた。が、その翌日からは、いつの間にか空っぽになっている。やっぱり、近所で様子をうかがっていたのだ。

親しみを込めてあいさつ

 そんなことが続いたある日の朝、どこからともなく「新顔猫」やってきて「なぁぁぁぁ~おん」と、デッキから声をかけてきた。その少し前、タマが外に遊びに出ていたから、きっとタマを追ってやってきたのだろう。

 窓越しに私が「にゃんこ!」と声をかけると、小さな声ではあるが「ニャッ」と、ちゃんと短く返事をする。
猫と一緒に暮らす女の子のための飼い方ガイドブック』(メディアファクトリー)
によると、「ニャッ」という鳴き声は、親しい相手への鳴き声で、「やあ!」「オッス!」などのあいさつの意味だという(同書63頁)。

また事件が

人間が近づくと腰が引ける「新顔猫」「それなりに親しみを覚えてくれているのかな」と、ゴハンを持ってデッキに出て行くと、やっぱり逃げる。
 ゴハンを置いて、私が引っ込むと食べ始めるが、様子を見に行くとまた逃げる準備をしている(写真)。

クリックで拡大

お腹がいっぱいになったのか駐車場で毛繕い しばらくそっとしておいてから様子を見に行ったら、家の駐車場で満足そうに毛づくろいをしていた(写真)。
 久々におなかいっぱいゴハンを食べたのかもしれない。

 近づこうとすると警戒するが、3メートルくらい離れた距離までは逃げない。ただじーっとこっちを見ている。
「こいつは危害を加えない、無害なやつなのかもしれない」と、値踏みしているのだろうか。
「このまま家に定着するかな」と思ったのもつかの間、また事件が起きた。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

運と縁(2)

どこかで見た風景? 家の中をのぞく「新顔猫」 久々に「新顔猫」がやってきた翌朝、まだ暗い時間にデッキで「ぎゃぁぁぁ~ぉぉぉ~ん」「ふんぎゃぁ~~」という猫が威嚇しあう声と、ドタンバタンという大きな物音がした。

 いったい、だれとだれが闘っていたのかは分からない。でも、そのことがあってから、また「新顔猫」は現れなくなった。

クリックで拡大

思い出す「みーちゃん」さんのコメント

「受け入れあぐねているうちに時が過ぎてしまっていた・・・」
 
 タリが亡くなった後、「みーちゃん」さんが付けてくれたそのコメントを何度もかみしめている。タリのことがあったからなのか、姿を見せなくなった「新顔猫」がやたらに気になった。
「初めて会った日に、ちゃんとゴハンをあげていたら、『新顔猫』との展開は違ったのではないか」
「多少、他の猫に追い払われたくらいではいなくなりはしなかったのではないか」

 そんな考えが頭から離れなかった。

受け入れあぐねてしまう理由

一心不乱にゴハンを食べる「新顔猫」 受け入れあぐねてしまうのは、去っていかれるのが怖いからだ。

 外からふらっとやってきた縁もゆかりもない猫だったはずなのに、気にかけているうちに、いつの間にか「いなくてはならない猫」になってしまう。

 でんすけやタマやタリのように、きちんと家に定着できる猫はそうはいない。家をのぞきに来たり、すっかり懐いているかのように思えたのに、まったく姿を見せなくなってしまう猫も多い。猫自身の意思なのか、それとも不慮の出来事に見舞われたのかは分からない。そのたびに私は、
「どこへ行ったのか」
「ちゃんとゴハンは食べているのか」
「どこかで怖い思いをしていないだろうか」
 と、心配せずにいられない。嫌な夢を見たり、寝付きが悪くなったりもする。踏ん切りがつくまでの間、つねに胸の中に「もやっ」としたものを抱えて暮らさなければならない。
 ミーちゃんがいなくなってしまったときもそうだった。

 そんな生活は辛い。だから「この子はもうどこにもいかない」という確信が芽生えるまでは、猫には名前をつけないようにしている。だから「この子を受け入れて大丈夫か」と、いつも迷い、受け入れあぐねてしまうのだ。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

運と縁(3)でんすけの命日に寄せて

 9月19日はでんすけの命日だ。19年前の9月、台風の日に我が家で子猫を産み、私と人生を共にする猫になったでんすけは、2年前の今日、お星様になった。

 生涯、私以外の人間には心を許さなかったでんすけ。私のことだけを信用して、私だけを拠り所にして、私だけに抱っこされ、私の腕のなかで息を引き取ったでんすけ。
 そんなでんとは、なぜかしっかりと赤い糸で結ばれていたという確信がある。きっと確かな縁でつながっていたのだろう。

三兄弟登場

突然現れた兄弟らしき猫。お腹を空かせているらしい。
「新顔猫」とはどうなのか。「もやっ」としたものを抱えながら寝起きしていたある日、今度は三兄弟らしき猫が現れた。小雨がぱらつく、ちょっと肌寒い夜だった。

 二匹は三毛。一匹は白黒だけど手足の一部以外はほとんど真っ黒な猫だ。遠目にしか写真が撮れなかったので分かりにくいが(写真)、三毛猫のうちの一匹がミーちゃんとでんに似ている感じ。体格からして、まだ小さい。生後1~2月くらいだろうか?

 家人と「ミーちゃんとでんを足して2で割ったような猫がいる」「まだ子猫みたいだから飼ってあげようか」などと話し、ゴハンを持って外に出た。

クリックで拡大

「新顔猫」再登場

またまたデジャブな風景 ・・・すると、どこにいたのか「新顔猫」がするりと私の足下に現れた。三兄弟のために置いたカリカリを一緒に食べている。まるで家族のようだ。
 よっぽどお腹を空かしていたのか、新顔猫は皿に顔を突っ込み一心不乱に食べ続けた。

 その日を境に、「新顔猫」は毎日、我が家にやってくるようになった。だいたいは朝と晩。デッキまで上がってきて、窓越しにこっちを見ていることもある(写真)。その様子は、タリの登場時と重なる感じだ。


猫との縁

 怖い思いをすると二度と来なくなってしまう猫もいるから、「もう二度と会えないかも」と思っていた。
 でも「新顔猫」はまたやってきた。これは「新顔猫」が持っている運なのだろうか。運がない子は、お腹を空かしても、もう一度、ゴハンをくれた家に近寄る勇気が無く、さまよい続けることになってしまうのだろうか。

 そして、たくさんの猫が通り過ぎていく中で、確かな関係を結ぶ猫がいるのは、猫と私の縁なのだろうか。 
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

「新顔猫」改め

 それからも「新顔猫」はずっと我が家に通ってくる。台風21号が列島を縦断した日も、いつも通り朝と晩、雨風の中を通ってきた。
 シャッターの開け閉めや車が着いた音などに反応している感じもあるので、いつも耳をそばだてて、わりと近くで、我が家の様子をうかがっては、通い続けているようだ。

 もう「新顔」という感じでも無くなってきたが、かといってまだまだ名前を付ける勇気は無い。
 そこでひとまず「通い猫」と呼ぶことにした。
 
通い猫の変化

耳を伏せて警戒しながらも、逃げる様子は無い まだまだ心を許してはいないが、以前に比べるとだいぶなついてはきているよう。ゴハンを食べているところに近づいても腰が引けることは無くなった。耳を伏せ、こちらの動きを気にしつつも(写真)、ゴハンを食べ続けるようになった。

クリックで拡大

かなり接近しても平気でこちらを見ている通い猫 寒くなったせいなのか、最近はよく家の中をのぞいている。ためしにスマホを持ってデッキに出ると、逃げることもなくじーっと手すりからこっちを見ている。超至近距離からの撮影にも成功した(写真)。
 すこぉーしずつ、「こいつら(うちの家族)は安全なのかも」と、思い始めているようだ。


本格的な冬が来る前に

 今年は冬が早い。間も無く、本格的な寒さも訪れるだろう。最近は、通い猫がどこで眠っているのかがとっても気になる。

 タリのときには、もともとデッキにタマのお家(段ボールでつくったお手製)があったので、タマが完全な家猫になって空き家になったところにタリがすんなりと落ち着いた。
 デッキ暮らしのタマのため、電気マットを敷いたり、段ボールの周りを断熱材でくるんだりしてあったので、かなり寒くなっても、なかはぬくぬくだった。

 今思えば、なかなかよくできたタマハウス(後半はタリハウス)であったが、タリが亡くなった後に撤去してしまった。
 本格的な冬が来る前に、通い猫に新しい家をつくってやらねば。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

スリスリ記念日

 今回は、久々にゆめのことを書こうと思っていたが、昨夜、事件が起きたので、その話をしたいと思う。

 なんと! 「通い猫」が私にスリスリしたのである!!

家の中に入ってくることも

「中に入りたい?」。様子をうかがう「通い猫」 寒くなったせいもあり、家の中をのぞいていることが多かった「通い猫」。最近はデッキの向こうから「にゃぁ~」と声をかけてきたりもする。
 出入り口を開けていると、中の様子をのぞきながら日向ぼっこしていたり、毛づくろいすることも増えた。

 人の姿が見えないと、そーっと中に入ってはくるが、人間の姿が見えると猛ダッシュで飛び出して行く。
 ゴハンをあげるときにはだいぶ逃げなくなってきたが、人間の方が手を出して撫でようとすると、耳を伏せてバックしたり「フーッ」と威嚇したりするので「まぁ、ちょっとずつだよね」と思っていた。

クリックで拡大

距離がめっちゃ縮まった?

ときおり私を見上げながらスリスリし続ける「通い猫」 昨夜もデッキ側の出入り口を開けると、そこに「通い猫」が座っていた。ゴハンが欲しいのかなぁと思い、私がデッキに出ようとするとドンッと足にぶつかってきた。まさか「通い猫」からアプローチがあるとは考えなかったので、「私が足を出したときに蹴ってしまった?」と思っていたら、もう一度、ドンッ。

「これはもしやスリスリでは?!」

 確かめるべくじーっと立っていると、私の足の前側を数回スリスリ(写真)。続いて右足側をスリッとしながら家の中にいったん入り、私の足の間をくぐりながら外に出た。そしてそのスリスリを何度も繰り返した!!
 耳を澄ませると「ゴロ、ゴロ」というのど鳴きもしているではないか!!

 背中を撫でようとすると、やはり退いて警戒するが、もう一度、私が棒立ちになると足下に寄って来てスリスリを繰り返す。なんだか急に距離が縮まったみたい!!

「『この人は安全だね』と『通い猫』がスリスリしたから、11月10日はスリスリ記念日!」

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

「通い猫」の続報

美味しいゴハンをもらっていたのかまぁるくなって再登場 数週間、姿を見せなかった「通い猫」が、また通ってくるようになった。久々に会った「通い猫」は、すっかり大きく(ぽっちゃりと)なり、まるで別猫のように膨らんでいた。
 どこかでおいしいゴハンをくれる人がいたのだろうか。きちんと世話してくれる人が見つかったのだろうか。

 それなら安心なのだが、一方で警戒心がすごくなってしまったことが気になる。以前はドアの前で「開けて~」と声をかけてきたり、人間が出て行くとからみつくようにスリスリしたり、家の中に入ってきたりもしていたのに、戻ってきてからは一定の距離からは近づいてこない。家の中にも入ってこないし、やってきても声もかけない。

 人が離れるとゴハンを食べ、人が近づくと後ろに引ける。まるで出会ったころに戻ってしまったみたいだ。家に来ない間、どこかで人間に怖い思いをさせられたのかもしれない。

クリックで拡大

留守中に攻防が?

 11月半ばから12月あたまにかけ、私は北海道だけでなくあちこち行かねばならない用事が続き、不在がちだった。
 そのせいもあるのか、私がいない間にまた勢力争いが起きたようで11月後半から「通い猫」が姿を見せなくなっていた。

 「通い猫」がいなくなったのと入れ替わるように、しばらく見かけなかった白黒猫が頻繁に目撃されるようになった。家人とは「留守中に攻防戦があって『通い猫』が負けたのでは?」と話していた。

「通い猫」再び

人を怖がるようになってしまい、また一から関係づくり そしてその後、白黒猫はタマに負け、去って行った。「通い猫」が姿を見せなくなってしばらくしたある日、家人が戸を開けっ放しにしていたところ、家に入ろうとしていた白黒猫にタマが飛びかかって威嚇し、追い出したそう。タマにとっては初めての勝利?! しかもあんなに強そうな猫に挑んだのはすごい。

 家猫になって自信がついたのか。それとも、臆病だからこそ家を守らねばと火事場の馬鹿力を発揮したのか・・・。いずれにせよ、「白黒猫」がいなくなり、それから10日ほどして、再び「通い猫」が通ってくるようになった。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

名前は「キチ」

丸々と太った様子は上から見るとまるでツチノコ いっときはデッキ側の窓を開けるとすぐに飛んできて、玄関を開ければ声をかけてくる・・・というように、「家のデッキの下に住んでるのかな?」とも思った「通い猫」だが、今は本当にどこかから通ってくる。そして、数日、姿を見せない日もあるから、やっぱりどこかメインになるお家を見つけたのかもしれない。

 それでも、家のことを忘れないで「何かあったら、ここの家に行こう」と思ってくれているなら、それで十分だ。

クリックで拡大

三つの意味を持つ名前

一心不乱にご飯を食べる! ところで再登場した「通い猫」に、実は名前をつけていた。

 しばらくぶりにやってきて、すっかり人を怖がるようになっていたが、何回目かの訪問のとき、デッキ側からわずかに家の中に入り、再び私の足下にスリスリしてきた。その様子を見て、「この子には名前をつけよう」と決心したのだ。

 名前は「キチ」。三つの意味合いをかけて、そう名付けた。

(1)体の模様キジトラの「キジ」をもじっていること、
(2)ふっくらと幸せそうな様子で戻ってきて我が家に「吉(幸福)」をもたらしてくれそうなこと、
(3)たとえどこかにメインのお家ができても、我が家を「困ったら逃げ込める『基地』」のように思ってくれたらいいな、と願ったこと


大切なのはキチが幸せになること

 キチがどこかのお家の子になれたのは、我が家で人を信頼する経験を積めたからなのかもしれない。それなら私は十分満足。
 大切なのは、キチが幸せになってくれること。「新しい子として迎えたい」と、今も思ってはいるけれど、それはキチが選ぶこと。
 
 今年の冬はとっても寒い。キチがどこかでぬくぬくハウスを手に入れていればいいなぁと思う。 
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

キチのさらにその後


 ここ数日は少し和らいだものの、今年は例年にない寒さが続いている。東京の都心でも氷点下を記録していた。
 朝の天気予報を見るたびに、外で暮らす猫たちのことが気にかかる。寒いのが苦手なはずの猫たちが、いったいどうやって寒さをしのいでいるのだろう。

2週間ぶりのキチ

いつもお腹を空かせているのかよく食べる ここのところ、ゆめや、ゆめの彼女猫のことばかり書いていたが、外猫と言えばキチのことも気になっている。1月25日にやってきて以来、長らく顔を見せなかった。

「寒いから、どこかのお家に入れてもらうことができたのだろうか。それとも猫風邪でも引いて具合が悪くて動けなくなったりしているのだろうか」
 ・・・そんな心配をしていたら、2週間ぶりにキチがご飯を食べに来た!

クリックで拡大

キチの背中を撫でてみる

心なしか少しだけ痩せたような??? ご飯はもらえているらしく、相変わらず太め。だけど冬毛はいちだんとフサフサになっているようなので、やっぱり外猫暮しなのだろうか。
 カリカリに猫缶を混ぜてあげると「はぐぅ、はぐぅ」と声を上げ、美味しそうに目を細めて食べた。

 相変わらず近寄ると怖がるし、めったにスリスリもしてくれない。しかし、私はできるだけご飯を食べているキチの背中を撫でるようにしている。私が背中を撫でると一瞬、ビクッとはするが、たいていはそのまま食べ続ける。


タリのように

 なるべくキチを撫でるようにしているのは、定期的に動物病院から送られて来るニュースで「人間に撫でてもらえない猫は早死である」という研究データを見たことがあったからだ。細かな数字などは覚えていないが「人とのふれあいがある猫と、そうでない猫は病気にかかる率や病気の治癒率に差がある」という。

 猫に限らず、人間を含む哺乳類の免疫力向上や精神の安定に、愛情に満ちた身体接触が欠かせないことは、最近のいろいろな研究が示している。「愛されている」と確認できること、「自分を思ってくれるだれかがいる」と信じられること、そして基地(キチ)のように「ここに帰れば大丈夫」と思える場所があることは、生き物にとって必要不可欠なことなのだ。

 いつかキチも、タリのように抱っこができるようになるといいな。キチもタリのように、私の膝の上でゴロゴロいいながら、熟睡できる日がきますように!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード