FC2ブログ
ホームにもどる

ものごとのはじまり?

ご近所さん撮影の親子連れ。最近はあまり見かけない。 ここのところ、キチと一匹狼猫の話ばかり書いていたが、実はもう一軒の家のほうでもちょっとした変化があった。

 もう一軒の家ではゆめが亡くなった後、「ゆめのガールフレンド(我が家では姫と呼んでいる)がやってくるかも」と、玄関先にご飯を置くようになったのだが、あにはからんや、やって来るようになったのは近所で暮らす野良さんのご一家だった。

 いや、正直なところはよくわからない。一家族だけでなく、何家族か来ているような節もあるし、独り身の猫が我が家の玄関で単体でご飯を食べている姿も何回か目撃されている。
 我が家が留守にするときに、ゆめの面倒をいつも見てくれていたご近所さん曰く「たぶん8匹くらいが食べてます」とのことだった。

クリックで拡大

三毛のお母さんと4兄弟

 人間を見ると(家の中から人が出て来ると)脱兎のごとく逃げてしまうので、実情はいまだわからない。でも、メインで食べている一家がいることだけはなんとなくわかってきた。
 小ぶりの三毛のお母さんが、①三毛、②茶色、③黒、④白地にグレーの子どもを連れて食べに来ている姿が(ご近所さんによって)頻繁に目撃されている。

家の中に迷い込んできた

 この①~④が、ようやく“人間の手のひらサイズ”を超えたくらいのとき、ゴミだし等で開けっ放しにしたドアから、相次いで家のなかに迷い込んできた。

 最初に入って来たのは②茶、次に④白地にグレー。いずれも人間の姿を見て玄関から飛び出して行った。いちばん長く滞在していたのは③黒で、逃げ惑って網戸の高い位置に上ったまま降りられなくなった。おそらく数時間は網戸に張り付いていただろう。かなりの恐怖を味わったようで以後、③黒だけは絶対に我が家に入ってこない。

控えめな感じの三毛

家の中に入ってきた三毛。こっちを見てるが逃げない。 最後に入って来たのは①三毛。4兄弟のなかでいちばん体が小さく、控えめな感じの猫だ。

「栄養不足のようだから」と、ちょっと贔屓目にヤギミルクや鳥の手羽などをほぐして①三毛にあげていたところ、最近は頻繁に顔を出すようになり、ついには玄関の中でご飯を食べるようになった!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村

毛皮を着替えたでんすけ?


 ①三毛は、いちばん身体が小さくて、一見するとか弱そうな感じがするのだが、もしかしたらいちばん度胸はすわっているのかもしれない。
 子猫たちはだんだん我が家を安全な場と認識してきたのか、玄関先に座っていたり、門の上を連なって歩いたりする姿がよく見られるようになったのだが、その先頭には必ず①三毛がいる。

 家の中に入ってくるのも、まずは①三毛。そしていつも①三毛にくっついて歩いている②茶色が続き、ときと場合によってそれ以外の毛色のコ(③黒、④白地にグレー)も入ってくる。

三毛がお出迎え

玄関前でお出迎えしてくれた三毛(フラッシュで目が光っちゃってるけど) 先日は、私が帰宅したら玄関前に①三毛が鎮座。まるで「お出迎え」のように待っていて、1メートルくらいの距離まで近づいても逃げなかった。家人も、「ドアを開けたら①三毛が座って待っていた」と言っていた。

 さすがの①三毛も、至近距離まで近づくと逃げてしまうのだが、それでも物陰からじーっとこちらを見ていたりして、人間の様子をうかがっているし、カメラを向けても逃げない。

クリックで拡大

でん似の三毛

顔をのぞかせてこちらをうかがう三毛 だいぶ距離が縮まってきたので、改めて色や柄や数を確認していたところ、どうも⑤キジトラっぽい子猫もいるようなので、4兄弟ではなく5兄弟なのかもしれない。

 そして至近距離で頻繁に見かける①三毛をよく見ると、「でんすけに似てる?!」。


子猫のころのでん

 小柄だけど度胸がすわっているところ。賢くて物怖じしないところ。他の猫に一目置かれているところ。そして「白地に茶やグレー」が入った“なんちゃって三毛”の毛色や顔立ちも、そう思うからなのか、でんすけに似ている気がする。

 瞳の色だけは、エメラルドグリーンだったでんとは違う琥珀色だが、ちょっと小首をかしげてじっーと見ている姿は、やはりでんと重なる。
 きっと子猫の頃のでんはこんな感じだったのではないかと思う。

「もしかして、毛皮を着替えて、でんが帰ってきた?!」
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ

もし、またでんに逢えたら

「もし、またでんに逢えたら」

 でんがお星さまになってから、ずっとずっと願ってきた。タマのこともタリのこともゆめのこともキチのこともかわいい。一匹狼猫も気になる。

 だけどやっぱり「でんとは赤い糸で結ばれていた」と、今も思う。でんにとって私は特別な人間だったと思うし、私にとってもでんは特別な猫だった。

 そんなでんすけと、もしまた暮らすことができたなら・・・と、何度考えたか分からない。

家の中まで入ってきた

猫窓の前に座ってこちらを見る三毛 でんに似た①三毛は、少なくとも他の猫たちよりも私たち人間を怖がらない。

 最近は、ベランダの猫窓から出入りして、家の中まで入ってくる。そんな①三毛にくっついて、家の中に入ってくるようになったのは、③黒。前から①三毛の後をよくついて回っていた②茶もときどき入ってくる。

 先日は①三毛と③黒が、猫窓の前に並んでじーっとこちらを見てるので、鶏の手羽元をほぐしてあげたら、はぐはぐと美味しそうに食べた。

クリックで拡大

餅つき状態

交互に顔を突っ込んで手羽元を食べる二匹 餅つき状態で、一匹が茶碗に顔を突っ込んでいるともう一匹は待っている。

 一匹が食べ続けていて、しばらくすると待っていた一匹が、「もういいでしょ」と言わんばかりに顔を突っ込むと、もう一匹はしばし待つ。
その後、待っていた方が「そろそろ譲ってよ」と顔を突っ込むと、また食べ方交代という感じだ。
 
 その様子がかわいらしくて、魚やらヤギミルクやらをあげていたら、最近は夜中も出て行かず、家に泊まることもあるようだ(人間は寝てしまうので確認できない)。
 
 この距離感、もしかしたらほんとうにでんなのか?

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

猫保護作戦開始

 でん似の子とその兄弟や親戚? 猫たちの保護を開始した。

 その理由はふたつある。ひとつは、このままただご飯をあげ続けているだけでは、母猫はまた子猫を産み、今の子猫たちも成猫になって、やはり子猫を産む。そうなればねずみ算式に増え、多頭飼い崩壊状態になってしまうと判断したこと。

 もうひとつは、住んでいる自治体が猫を「捕まえて、不妊治療を施し、放す(TNR活動)」に力を入れていて、捕獲器の貸し出しや避妊・去勢の助成、いろいろと相談に乗ってくれるボランティア相談員さんがいたりすることなどが分かったことだ。

でん似の子と黒は引き取ることに

保護猫を迎える準備中 かつてケフィの遺品を寄付するときに連絡を取った大型犬の保護ボランティアさんもそうだったが、自治体のボランティア相談員さんもまた、非常に熱心な人ばかり。

 言ってしまえば家の都合で猫たちにご飯をあげていただけだし、これ以上増えると家が困ると思って相談しただけなのに、猫たちの避妊・去勢手術をしていきたい旨を伝えると「ありがとうございます」とお礼を言われた。

 ひとまずは、我が家に足繁くやってくるでん似の子と黒い猫を家の飼い猫にするため捕獲し、避妊・去勢手術にワクチン、ウィルスチェックなどを施すことにした。

クリックで拡大

はじめての猫の捕獲

いつもやってくるでん似の子と黒い猫 ・・・と書くのは簡単だが、実際にはかなり難しい。
 
 確かに、でん似と黒は、ほぼ毎日やってくるし、夜中は家の3階で眠っている形跡もある。少しずつ人を怖がらなくはなってきていて、一定の距離まで近づいても逃げなくなってきたし、人が背中を向けて何かをしていると家の中を動き回ってぬいぐるみや紐にじゃれて遊んでいることもある。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

猫保護作戦開始(2)

少しは懐いてきたものの人が近寄ると逃げる いや、捕まえるのもたいへんだが、捕獲器を使えばなんとかなる。心配なのは、捕まえた後のことだ。

 ボランティア相談員さんによると、「保護猫として里親に出すにしても、ある程度人間に懐いて、人間と暮らせるようにしてあげないと難しい」とのこと。
 つまり、捕まえた後、一定の時間と手をかけて人間を信頼してもらえるようにしなければならないのだ。すべての猫にそんなことをしてあげられるのか。

 そんな不安要素はあったが、冬を越したらきっと妊娠してしまう。それだけはどうしても避けなければいけない事態である。

クリックで拡大

捕獲の準備

ねこけん動物病院のポスター

 ケフィがかつて入っていたケージ(その後、保護当初のタマや拾った子猫にも使った)やケフィが使っていた電気カーペットに毛布などで保護猫のため仮の住み家を用意。

 自治体のボランティア相談員さんに教えてもらった、ねこけん動物病院なる、猫のTNR活動と里親捜しに熱心な、寄付やクラウドファンディングで成り立っている動物病院も予約した。


最初の作戦決行

 保護作戦を決行したのは10月31日の夜だった。夕方から外に黒の方が家の中に入り込んでいたので、頃合いを見て外への出入り口を塞ぎ、洗濯ネットをかぶせようとした。

 ・・・が、そこは野良。ものすごい勢いで部屋中をかけずり回って逃げ、いったんかぶせた洗濯ネットを振り払って、窓やドアに体当たり。恐怖のあまりお漏らしまでしてくれた。

 そして、二度目に洗濯ネットをかぶせた後も渾身の力でひっかき、かみつき、私の手にかなりの深傷を負わせて、ようやくお縄(捕獲器入り)となった。

おとなしくなった黒い猫
 
「捕獲器に入った黒を見たら、でん似も警戒するだろう」と、黒が入った捕獲器を新聞紙とバスタオルでくるみ、2階へと移した。お縄となった黒は、さっきまでの騒ぎが嘘のように静かになり、ぴくりとも動かなくなっていた。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

猫保護作戦開始(3)

 続いてはでん似の捕獲だ。部屋のなかに捕獲器をしかけ、捕獲器のなかにとっておきの猫缶(奮発した!)をばらまき、やって来るのを待った。

警戒している雰囲気

 待つこと1時間ほど。部屋に入ってきてしばらくは、見慣れぬ捕獲器の周りをうろうろ。匂いを嗅いでは、バックするなど、ちょっと警戒している雰囲気。
 それでも中に、猫缶があると分かると、腰が引けながらも頭を突っ込み、入り口付近から食べ始めた。

 人間たちがじーっと見ていると、食べるのをやめてこちらを見る。「なんかいつもと違う」雰囲気を感じているのかもしれない。人間が目をそらすと、再び食べ始める。
 
捕獲器作動

捕獲器に入った直後のでん似の子 そんなことを数分繰り返しながら、すこぉしずつ、すこぉしずつ、捕獲器の奥へ奥へと進んでいくでん似。人間たちは「いまか、いまか」と捕獲器の扉が閉まるのを待っているが、なかなか閉まらず。

「あの捕獲器、壊れているんじゃない?」
「踏んでいる場所が悪いのでは?」
「さっき実験したときには閉まったよね?」

 などとひそひそ話をしていたところ「ガシャッ」と、鈍い音がした。捕獲器が無事作動したのだ。

クリックで拡大

もっと幸せになるために

避妊手術が終わって麻酔から覚めたでん似
 あわてるでん似。捕獲器に入ったとたんおとなしくなった黒とは対照的に、下に引いてある新聞紙をちぎっては投げ、ちぎっては投げし、どうにか出られないかといつまでももがいている。

 私は慌てて新聞紙でくるみバスタオルをかけ、部屋を暗くした。それでもしばらく間は、捕獲器のなかで暴れている音がした。
 きっと怖かったのだろう。ちょっと信用し始めた人間に裏切られた気持ちでいっぱいなのかもしれない。

「ごめんね。でも、これからもっと幸せになるためには、今はこうするしかないんだよ」
  
 2匹にそう声をかけ、私は眠りについた。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

野良さんを受け入れる覚悟 パート2

 今まで、数え切れないくらいの猫を拾ったり、受け入れたりしてきた。

 拾った猫の多くは生まれて間も無い子猫で、時間刻みでおしっこだのうんちだのミルクだのの世話をするのは大変だったが、どの子もすぐに懐いてくれた。

 また、受け入れてきた猫たちは、自ら我が家に足繁く通い、「この家に決めた!」と住み着くようになっていたので、こちらもやはり関係づくりに困ることはなかった。

経過観察

シンクロ状態でご飯を食べるふたり しかし、今回のでん似の子とクロはかなり厳しいと思わずにいられない。二人とも自ら家に入ってくるようになっていたので「捕まえてしまえばなんとかなる」とたかをくくっていたのだが、かなりの抵抗にあっている。

 保護して4日ほどは、ふたりそろってハンストに出て、まったくご飯を食べなかった。保護から1週間程度は、人間が近寄ると「フッー」と威嚇しながら耳を伏せ、オールバックになってしまう。

 その後、威嚇の程度は落ち着いて、それに応じて耳の伏せ方も緩やかにはなった。2週間程度でほぼ水平に、3週間もするとでん似の方はときおり威嚇はするものの、耳を水平にまですることはふたりとも無くなった。

クリックで拡大

クロの対人恐怖

お腹を出してお昼寝中。シャッター音で起きたでん似 とはいえ、順調とは言い難い。
 個体差も実感している。でん似は少しずつ懐いてもきているようで、最近は猫じゃらしをゆらゆらさせると、じゃれて遊んだりするようにもなってきたし、お腹を出して寝ていたりもする。

 しかしクロの方は一向に駄目だ。猫じゃらしをケージのなかに入れておくと一人遊びはしているが、人間が遊ばせようとするとケージのなかにつくった段ボールハウスの奥へと引っ込んでしまう。

 相変わらずまったく人間に近づこうとはしない。人が近づくとでん似の後ろに隠れるようにしながら、「フッー」と威嚇し続けている。

 猫の保護に関するサイトを見ると、どれも「ある程度、懐くまではケージから出してはいけない」と書いてあるのだが、いったいいつになったら懐いてくれるのやら。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

デニクロ

窓から外をのぞくデニ なかなか懐いてはくれない2匹なのだが、名前はすでに決まっている。

 我が家では、三毛の方を「でん似の子」から転じて、いつしか「でん似」と呼ぶようになり、家人とメール等でやりとりするときには「デンニが・・・」と書くようになっていた。

 ある程度、呼び名として定着してしまったデンニ。もう一回、名前を考え直すにしても「やっぱりデンニ以外はあり得ない」ということになり、でんすけに似た“なんちゃって三毛”の子はデンニと命名された。
 ここまではすんなりいった。

クリックで拡大

デンニの姉妹は?

 ではデンニとペアの姉妹はどうするか?
 これがけっこうもめた。

 家人は「ここまで黒い猫はあまり見ないから、やっぱりクロでいいんじゃないか」と言い、たまたまやってきた客人も「うーん、クロ以外は考えられない風貌ですよね」とつぶやいた。

 しかし、私としては「クロ」という単純な名前は避けたかった。名前を付けるまでは、だいたい「三毛」とか「黒」とか「キジトラ」など、その子の毛色で呼び分けることが多い。
 だからこそ、せっかく家の子になったからには毛色とは違う、その子ならではの名前を付けたかったのだ。

名前を決定

 さんざん考えていたある日、ご飯をあげるためにケージを開け、「デニ、クロ、ご飯だよ」と声をかけた。

 なんだか妙にゴロがいい。某洋服ブランドのせいかもしれないが、「デニクロ」という響きはとってもしっくりくる気がした。

 そこで私が家人にこう提案した。
「デンニとクロニにしようか。それで普段は相性でデニ、クロと呼ぶのはどうだろう?」

 こうして我が家の愛猫「デニ」「クロ」は誕生した。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

家庭内野良猫

 デニ・クロがケージから出て、はや1月以上が過ぎた。
 にもかかわらず、2匹はいまだ“家庭内野良猫”をやっている。

近寄ってくるようにはなったが

 人間と距離があるときには、2匹で相撲を取ったり、抱き合ったり、部屋の中を駆け回ったり、体を伸ばしてくつろいでいたりするし、デニの方は「だるまさんが転んだ」状態(人間が振り返るとぴたっと立ち止まる)で、人間の後を付いて歩いたりもする。

 デニは、かなり食いしん坊らしく、お腹が空くと人の手が届く範囲にまで近づいてきてちょこんと座り「お腹空きました。何かください」とアピールもする。

 それに気をよくして、人間側がアクションを起こそうものならたいへんだ。逃げ出すくらいならいいけれど、下手に手を出したりすると鋭い爪でひっかいてくる。今日も家人が負傷したばかりだ。

隙あらば逃げる

「隙あらば逃げだそう」というのも相変わらず。
 先日、デニはいつもいる1階から抜け出し、2階の書斎で一晩を明かしていた。クロはいつでも隠れられそうな場所を探してはさまよい、ここのところ人間の朝は、クロの捜索から始まるのが日課である。

 ある日は、天井近くに取り付けられたエアコンの上に、ある日はキッチンのファブリック類がしまってある引き出しの中に、ある日は押し入れの中に、クロは隠れていた・・・という具合で、「どうにかして人目を避けよう」と日々努力を重ねている。

ちょっと家族を受け入れ始めた?

一緒に冷蔵庫の上に避難中 しかしそれでも「すこーしだけ、家の者に懐いてきたのかな」と思われるエピソードがあった。
 年末年始、友人らがどやどやと尋ねて来たのだが、その間は忍者のごとく身を隠し、気配すら見せなかった。さらに来客が去った後も、丸二日間ゴハンを食べようとしなかった。

クリックで拡大

来客が去った後、食器棚の中に隠れたデニ ・・・ということは、「少なくともいつも家にいる人間は無害である」と少しは理解し受け入れ、それなりにのびのびと暮らし始めたとも言える。

 早く“家庭内野良猫”を卒業してくれるといいのだが。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

野良さんのプライド

礼儀正しくゴハンを要求するデニ デニとクロは、相変わらず“家庭内野良猫”生活を続けているが、少しずつあちらから距離を詰めてきてもいる。たとえば、

①デニのほうは、私がキッチンに立っていると「だるまさんが転んだ」よろしく近づいてきて、足の匂いをかいだり、履き物に猫パンチを加えたりすところまでやってきたりする。
②お腹が空くと、デニは50センチ程度のところ、クロは2メートル程度の距離まで近づいてきて、礼儀正しく三つ指をついて「お腹が空きました」と告げる。
③先日などは、よほどお腹が空いていたのか、ゴハンを用意していたカウンターにデニが飛び乗ってきて、私の手元すれすれのところでじーっと見つめていた。

 というようなことがある。

クリックで拡大

本当は人間を怖くない

いつもデニの後ろに隠れるようにしているクロ そして最近は、あまり家人を怖がっているようには見えない(お客さんは怖がるけど)。

 人間が夕飯を食べていると、たいがいはキッチンと隣接した和室でとっくみあいの喧嘩をしたり、ブラインドの紐にじゃれついたり、押し入れの戸を開けようと頑張っていたと、かなりのびのびと遊んでいる。

 デニクロのブームは、筆をしばりつけた棒状のおもちゃにじゃれることなのだが、夜になると「これにじゃらつかせろ」と、おもちゃの前に座って待っている。

 座敷では腹を出してくつろいだり、椅子の上でうとうとしたりもする。

「本当はもう人間が怖くないのでは?」とも思うし、「本当は人間に甘えたいのでは?」と思う瞬間も増えた。


イエネコにさせられたおとしまえ

 が、ふたりにはどうも「自分は外猫だった!」というプライドがあるようだ。

 近づくとシャッーと声を上げたり、冷蔵庫やエアコンのなどの高いところにいると、耳を伏せてとりあえず威嚇する。
 まるで「人間になんか懐いてやるもんか」、「ちょっとやそっとじゃ懐かないからね!」とでも言いたげに。

 自由を奪われ、むりやりイエネコにさせられたのだ。それなりの落とし前をつけなければならないのだろう。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード