FC2ブログ
ホームにもどる

ブログの説明

さいたま市岩槻区の商店街で地域猫として愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。
このブログは、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。
その後、商店街のみんなが協力し合ってミーちゃんを探しましたが、結局ミーちゃんは見つからず。
この過程が2012年に『迷子のミーちゃん』として出版され、2015年にはこの本を原案にして映画『先生と迷い猫』が制作されました。

地域のみんなに愛されていたミーちゃんやミーちゃんの相棒だった地域犬の「太郎」と「花子」や「クロ」について、人と動物の関わりについて、著者のまわりにいる猫や犬、動物愛護、震災と動物などについて書いてきたブログです。

今までに共に過ごした動物たちを紹介します。
愛すべき小さな存在もやがて年をとり、闘病、そして辛い別れを迎えたコもいます。でも、彼・彼女らは、その存在に出会えなければけして持つことができなかった宝物のような時間をくれたのでした。

地域で関わった動物たち

猫

ミーちゃんクラブミーちゃん:さいたま市の岩槻駅前商店街で10年以上暮らしていた地域猫。2008年に行方不明になった。三毛猫の美女。

クロクラブクロ:岩槻駅前商店街で数ヶ月暮らしていた子猫(当時)。2012年6月19日の大きな台風の後から、姿が見えなくなった。


犬

クラブ太郎:ミーちゃんの先輩で岩槻駅前商店街最後の地域犬。男気のある雑種。1999年に商店街の有志によって荼毘に付された。

クラブ花子:太郎の連れ合い。地域募金で避妊施術を受け、太郎の死後は当時商店街にあった家庭料理店の犬となり、2009年に天寿をまっとうした。


うちの子たち(ともに暮らした動物たち)

猫

でんすけクラブでんすけ:ある日筆者の家にやってきて庭で子猫を産んだ。猫アレルギーだった筆者に猫の魅力を教えてくれた。2015年に19歳で天寿をまっとう。


タリクラブタリ:でんすけが亡くなって1ヶ月後に突然、どこかからやってきた。
タマの居住スペースだったデッキで暮らしていたが、突然いなくなり、2017年6月12日向かいの家の植え込みで横たわっているのが発見された。

バタークラブバター:2013年、がんのため12歳で他界。アビシニアンらしい賢さと、アビシニアンらしからぬおとなしさを持っていた女のコ。


ユメクラブゆめ:耳が聞こえないため捨てられていた青い目の白い猫(男)。享年21歳7カ月。亡くなる直前まで自由に家中を歩き周り、欲求を表明するなど生命力にあふれていた。我が家では別名「神の猫」と呼ばれている。


タマクラブタマ:2008年初夏の台風の日から筆者の家の猫になり、でんすけがいたときにはデッキで暮らしていた。人なつっこいが臆病な女のコ。


キチクラブキチ:タリが亡くなった1月後に現れたタマの彼氏。一時は家のデッキに住んでいたが外猫間の攻防に負け「通い猫」に。我が家を基地にして幸せになってくれるよう願いを込めて名付けた。


デニクラブデンニ(デニ):筆者が「TNR」した三毛のお母さんが産んだ6匹のうちの一匹。筆者と赤い糸で結ばれていた愛猫・でんすけにそっくりだったことから「でん似の子」と呼ぶようになり、転じて「デンニ」と命名。家猫になってから3度も脱走した強者。


クロクラブクロニ(クロ):デニの妹。デニと一緒に筆者の家の猫になった。臆病でちょっとおっちょこちょい。壁にかけた油絵の裏で眠るのが好き。デニのことが大好きで、いつもデニの後を追いかけている。


犬

クラブりゅう:筆者の思春期から20代後半までを共にした柴犬。筆者が自分で世話をした最初の犬。1999年に16歳で天寿をまっとうした。

ケフィクラブケフィ:筆者が16年間プライベートのほとんどを共にしたゴールデン・レトリーバーの女のコ。2017年1月に、がんのため16歳で亡くなった。旅行と食べ物と人間が大好き。


馬

あさりんクラブアサクサ・ショウリ:90年代に活躍した障害馬で筆者と競技に出場。筆者にカウンセラーへの道を開いた競馬あがりの牡馬。2008年に天寿をまっとう。

猫も犬も、もちろん人間も! みなさんよいお年を!

佐藤さんに保護され一時、戻ったときのミーちゃん 今年も残すところわずかとなりました。
 
 クリスマス寒波以来、「この冬一番」を更新するような寒さが続いています。お正月に向け、各地も荒れ模様のようです。

 寒さが厳しくなればなるほど、やっぱり気になるのはミーちゃんの安否。おばあちゃん猫のミーちゃんにとって、寒さはことのほか応えるはずだから。

 今年もミーちゃんには会えなかったけれど、ミーちゃんのおかげでさまざまな猫たちの攻防に気がついたり、野良さん達の厳しさを痛感したり、こよなく猫を愛する皆様方のコメントに癒されたりした1年でした。

 まだまだ「ミーちゃんを探して!」は続きます。来年もどうぞよろしくお願いいたします。来年こそ、ミーちゃんが戻ってくることを願って!

 いつもブログを見てくださっているみなさま、そしてみなさまの周りにいるあらゆる動物たちも、どうかよいお年をお迎えください。

※写真は、佐藤さんに保護され一時、戻ったときのミーちゃん。


クリックで拡大
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

命の重さ(1)

 3月末、米カリフォルニアの犬の保護施設で保護された世界最小と思われる子犬のニュースを見た。

 生まれたときの体重はわずか28グラム!で、なんとティースプーンに納まるサイズ。
 施設側は「世界最小の犬」としてギネスブックへの登録を申請したそうだ。犬はビヨンセと名付けられた。

 ビヨンセは四匹の兄弟犬と共に捨てられて保護された母犬から3月8日に生まれた。今ではスマートフォンほどの大きさに成長し、同施設には「引き取りたい」という何百もの申し出が寄せられているという(生まれたときはスプーンの大きさ 世界一小さな犬を公開)。

軽い命から重い命へ?

 ほのぼのとしたニュースだが、テレビのニュースの中でインタビューに応じていた施設スタッフが「ビヨンセやビヨンセの母のような犬は殺処分されるのが通常。そういう犬がたくさんいることを忘れないで欲しい」的なコメントをしていたのが印象に残った。

 生まれたときは、世界一軽い? 命だったビヨンセが、ニュースになり、「ギネスに載るかも?」となったとたん、貴重な(重い)命になった。
 もちろん、ビヨンセがかわいがられて幸せに生きていけるのはとっても嬉しいことなのだが、どうしても複雑な心境になってしまう。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

謹賀新年

 新年あけましておめでとうございます。

 みなさんはどんなお正月を過ごされたでしょうか。私は宮城の親戚を訪ね、ついでにケフィを雪の中で遊ばせました。
 12歳になったとは思えないタフさで、雪の中を走り回り、雪に埋もれたボールを探しながら掘り進んでいました。

一匹でも多くのコが新しい家族と出会える年に!

NPO法人動物愛護市民団体JCDLから年賀の手紙 自宅に戻ってみると、このブログで何回か紹介したNPO法人動物愛護市民団体JCDLから年賀の手紙が届いていました(写真)。

「里親募集中」と大きく書かれた手紙には、「動物の福祉の延長線上には人の福祉がある」として、「殺処分ゼロになるまで活動を続けます。社会の中で最も弱者である物言わぬワンちゃん達を守ることとし、子どもたちやお年寄り、障害者の方などの社会的弱者をも守れる思いやりのある風潮が世の中に根付くことと考えます」と記されていました。

 現在、JCDLのシェルターには犬54頭、猫84頭が保護されているとのこと。JCDLにいるコたちも、アニマルクラブ石巻のコたちも、飼い主を失ってさまよっているコたちも、どうか一匹で多くが新しい家族に出会える年になりますように。
 そして殺処分がゼロになりますように願って、新年のご挨拶とさせていただきたいと思います。

クリックで拡大
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

新年のごあいさつ

 すでに関東では鏡開きとなってしまいました。

 遅ればせながら、みなさま、新年明けましておめでとうございます。どのような新年を迎えられましたか?
 
 私はまたまた旅先で「あわや猫を拾う!」事態になりましたが、飼い主があらわれて無事、猫を引き取っていきました。詳しくは、いずれ機会があれば書いてみたいと思います。

無事、里子に!

 年末から引き続き「南の島の猫家族」を書くはずでしたが、ちょっと脱線。
 12月10日にアップした「緊急に里親募集!!」の記事についての報告ができました。

 12月26日に「キキママ」さんが「『ぺっとのおうち』というサイトに載せればすぐに里親の問い合わせがくる」と教えてくれたので、子猫について間接情報をくれていた人に連絡したところ、「おかげさまで、無事、里親が見つかりました! ありがとうございました」とのこと。

 よかった、よかった。ちゃんと良縁に恵まれたらしい。

すべての命が良縁に恵まれるよう

 一方で、「ペットのおうち」を見ると、引き取り手のないコたちの写真入りの情報が載っていて、「残りあと○日」とか、カウントダウンまでされていた。
 なかには「残り0日」のコもいて、そういうコはいったいどうなるのだろう? と考えると胸がぎゅうっと押しつぶされそうになった。

 どうかすべての命が良縁に恵まれ、大切にされる一年になりますように!

もぐらに会いに行く

 唐突な話だけれど、先日、もぐらに会いに行った。
 正確には、「まだもぐらのような」ゴールデンの子犬に会いに行った。

ケフィの子孫

十六茶の間をスラローム それは、ケフィの子孫。実は7月のある日、子犬が産まれることなどつゆ知らず、思い立ってケフィのブリーダーさんに電話をしていた。

 そのときは「新しい子を迎えたい」という確固たる思いがあったわけではない。私の心のなかの大事な場所は、まだまだケフィやでんが占めていて、そんな状態で新しい子を迎えるのは難しいと思っていた(と言うより、新しい子に失礼だ)。

 だけど一方で、「ケフィやでんがいたときのあの幸せな時間をまた持つことができたら」という思いもあった。

クリックで拡大

「思い立った」理由

どっから見ても立派なもぐら?! いったりきたり、ぐるぐるを繰り返してきたのだけれど、今回、「思い立った」のは、2年以上にわたってウェブマガジンで続けてきたペットロスの連載が終わりを迎えたということが、一つの大きな理由だ(ウェブ上にある記事はまだ連載途中。ふたつめの理由はあと数回後にご紹介しよう)。

 この連載のおかげで、ケフィのことをずーっと、ずーっと考えてきた。ケフィがいなくなってしまった人生をどうしたらいいのかと思ってもいたし、ケフィやでんがいて、そしてミーちゃんも商店街で暮らしていた頃の幸せなときについても、いつも考えざるを得なかった。

 連載を書くために、自分の気持ちと向き合い、私の心のなかの「ケフィやでんの収まりどころ(居場所)」をずっと探してきた。


もう少しだけ前進すべき?

 そんな連載が終わることで、愛するケフィたちが本当に過去になるのだという寂しさがつのってきた。しかしそんな喪失感を持つと同時に、どこか「一区切り」という気もあった。

 もしかしたら、もう少しだけ、ただ立ち止まって考え込むのではなく、「自分の意思で前に進むべきなのかもしれない」という気持ちがしたのである。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ケフィ似の「お父さん」ゴールデンも!

ひたすら眠る子犬ゴールデン そこで「ケフィの子孫に会ってみようか」と思って電話をしたところ、なんと! 「8月に産まれる予定」(ブリーダーさん)との返事。

「これはもう見に行くしかない!」。
 そこで出会った子犬は産まれて10日程度だった。まだまだ目も空いていない。ゴールデンらしいフサフサの毛も生えていない。サイズもミニミニで、ペットボトルの十六茶サイズだった。

クリックで拡大

20年ぶりの訪問

陽気な笑顔と落ち着きのなさがケフィとそっくり「お父さん犬」と紹介されたゴールデンは、その風貌やせわしない動き、落ち着きのない愛嬌者ぶりが、やはりケフィに似ている。

 思い返せば、ブリーダーさんのもとを訪ねるのは約20年ぶりだ。
 ケフィが産まれたのは2000年12月だから、その1年くらい前から何度か通い、ケフィを引き取った2001年2月にうかがったのが最後だった。


20年の間に変わったこと

 20年の月日のなかで、いろいろなことが少しずつ変わっていた。

 当時はゴールデン・レトリーバー専門のブリーダーさんだったが、今は中型犬である柴犬や、小型犬のミニチュア・ダックスやビション・フリーゼなどのブリーディングも行っていた。

 ・・・というか、むしろ今や専門は小型犬。ゴールデンはわずか5頭しかいなかった。20年前は20頭を超えるゴールデンがいたのに。
 ここ十数年の小型犬ブームというか大型犬の不人気を反映しているのだろうか。

 そしてメインでブリーディングをしているのは、ケフィを取り上げてくれたブリーダーさんのお嬢さん。ブリーダーさんも代替わりしていた。

最後のケフィの子孫

 私もそうだが、関わる人間たちも老いた。びっくりしたことに「(世話する人間の)年齢的にもうきついから、ゴールデンのブリーディングは今回で終わりにするつもりだった」(ブリーダーさん)と言う。
 
 つまり私は、ケフィの最後の子孫に会えた! ということになる。これも何かの巡り合わせなのだろうか。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

もぐらゴールデン

 今回、産まれたのは6匹。しかしそのうち1匹は、せっかく産まれたにもかかわらずオッパイの吸いが悪く、命を落としてしまったという。
 やはり食欲があるということは、生命力が強いということなのだろう(まさしくケフィがそうだった)。

 残ったのは、男の子が2匹と女の子が3匹。今のところ順調に成長しているそう。 
 
「見るだけでもいい」から

まだ人間のてのひらに乗るサイズ「見るだけでもいい」というので、とりえず女の子たちを連れて来てもらった。もしも、もしも、本当に万が一の話だけど、「迎えるとしたらケフィと同じ女の子」と思っていたから。

 そうして連れて来られた3匹は、まさにもぐら。まだ目も空いていないので鼻を鳴らしながらテーブルの上を右往左往している。
「サイズが分かるように」と、缶コーヒーや十六茶のペットボトルを配置して、写真を撮った。

クリックで拡大

幸せな生活を思い描く

少し這いつくばってはまた眠る こんな小さな、這いつくばっている子たちがあと数週間もすればがっしりとした手足を持つようになる。今はつるつるした手触りだけど、1月もたてばゴールデンらしい飾り毛が生え、体中がもこもこになる。 

 まだ見えていない目はぱっちりと見開き、つぶらな瞳で見つめてくれるようになる。世話をしてくれる者としっかりと愛着関係を結び、極上の笑顔を向けてくれるようになる。

 そんな幸せな時間を、私また持つことができるのだろうか。ケフィではない犬とでも、またあのかけがえのない生活を送ることができるのだろうか。


ケフィの居場所はどこになる?

 そのとき、私の心のなかにいるケフィの居場所はどこになるのだろう。ケフィやでんを「一番!」と思ったままで新しい犬を迎えたら、その子の居場所はどこになるのだろう。

 もしかしたら、新しい子と一緒に、ケフィもでんも笑いながら、新しい毎日を楽しめるようになるのだろうか。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

メリーゴーランドから飛び降りる(1)

ちょとカピバラ風? ここ一年間くらい、「犬といる生活」を夢想しながら過ごすようになった。おそらくようやく、ケフィの死を受け入れるところまで来たのだろう。

 もちろん今も、「ケフィがいてくれたら」「もしケフィが隣で笑っていたら」と考えることはたびたびある。けれども「それはもう叶わないこと」ということも、納得できるようになったみたいだ。その証拠に涙をこぼす回数は減った。

クリックで拡大

保護犬の幸せのお手伝いも

 しかし、自分や家人の年齢や体力を考えると「もう一度、大型犬のゴールデンを迎える」というのはけっこう勇気のいることで、「もう少し小さめの犬の方がいいんじゃないか」とか「それなら、ゴールデンにこだわらず保護犬という方法もある」とか、考え続けてきた。

 保護犬・保護猫のサイトなどを見ると、辛い人生を生き延びてきた子たちがいっぱいいる。せめて第二の人生をのびのびと幸せに暮らして欲しいと願い、私のそのお手伝いができないだろうかと考えたりもする。

デニクロも心配

 この間、新しく家族になったデニクロも心配だ。少しずつ懐いてきているというか、少なくとも私と家人は「危険な人間ではない」と思うようになってはいるけれど、いまだに家庭内野良猫状態。

 そこにゴールデンの子犬がやってきたら、デニクロはパニックにならないだろうか。わずかながら縮まってきた人間との関係が、再びいっきに開いてしまいはしないだろうか。

でんすけでさえ

いつも隣り合って寝そべっていたでんとケフィ ケフィをはじめて見たときのでんの表情が忘れられない。

「もうこれ以上、目を見開くことはできない」というくらいまん丸の、びっくりした目でケフィを見ていた。
 子犬とはいえ、すでに自分の3倍近いサイズになっており、しかもエネルギーいっぱいに跳ね回るケフィを見て、「あの生き物は何!」と、驚愕している様子だった。

 それでもともに暮らすうちに、でんとケフィはいつしか固い友情? 家族愛? で結ばれ、お互いに無くてはならない存在へとなっていった。
 しかしでんは、ケフィが来る前から私と赤い糸で結ばれていた。そんなでんと、タモ網で捕まえるしかないデニクロを一緒に考えていいのかという心配があった。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

メリーゴーランドから飛び降りる(2)

両手で容器を抱え大好きなヨーグルトを食べるケフィ これから10年以上も命を預かるわけだから、そう簡単にはいかない。しかも、心配な要素、どうなるか分からない不確定要素はたくさんある。ケフィを迎えたときよりもいっぱいある。

 いろんな意味でリスクの小さい小型犬を迎えた方がいいのではないか。そして小型犬を迎えるのだったら、保護犬からという選択肢もありなんじゃないか。
 いやだけど、人間が年を重ねれば重ねるほどゴールデンと暮らすことは難しくなる。つまり、今、ゴールデンとの生活を諦めたら、もう二度とゴールデンと暮らすことはできない。

 それくらいなら、あまり元気過ぎないシニアのゴールデンを迎えるという手もある。だけどそうしたら、一緒に過ごせる時間がわずかになってしまう。ケフィを見送ったときのような思いは、できるだけ先送りにしたい・・・。

 だとするとやっぱり迎えるのは子犬のゴールデンということになるのか・・・。

クリックで拡大

友人の言葉

重なり合って眠る姉妹 そんなぐるぐるが止められず、いったいどうしたらいいのか分からなくなる・・・というような話を、ラブラドールと暮らしている友人に話した。すると、こう言われた。

「ねぇ、いいかげんそのメリーゴーランドから降りたら。どんなに考えても、結局はゴールデンに戻ってくるんだし、これから人間の体力は落ちていく一方なんだから、だったら一刻も早くゴールデンを迎えた方がいいよね」

 この言葉が、ケフィのブリーダーさんへの電話を「思い立った」もうひとつのきっかけだった。


一大決心

 どんなに頑張っても、どんなに考えても、ゴールデンのところに戻ってきてしまう。ケフィと過ごしたように、山に行ったり、海に行ったりしながら、犬との人生をまた楽しんでみたいと、私は考えている。

 そう思うなら、若いゴールデンを選ぶしかない。そんなゴールデンについて行くためには、自分もできるだけ若い方がいい。

 だから私は、とうとうメリーゴーランドから飛び降りる決心をした!
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード