ホームにもどる

被災地の動物たちは?(1)

『朝日新聞』(2011年3月24日朝刊)の一面に、がれきの山と化した福島県相馬市の街中を、トボトボとさまよう犬の写真が載っていた。

 けっこう大きな茶色の犬だ。首輪らしきものが見えるので、おそらく飼い犬だったのだろう。
 毛がふさふさとしているせいかもしれないが、立派な体型と極限状態にありながら殺気だった雰囲気が無いことから、家族にかわいがられていた犬のように感じた。

 動物も、かわいがられているコはなぜかすぐに分かる。どこか落ち着きがあるというか、「ちゃんと受け入れてくれる居場所があるよ」という、幸せ感のようなものがあたりを取り巻いている。

 写真の犬は、「あの居場所(家族)はどこに行っちゃたんだろう?」「どうしてみんないなくなっちゃたんだろう?」と、あてもなく、でも、あきらめきれずに、かわいがってくれていた家族を捜しているように見えた。

※『朝日新聞』ではないが、被災地の犬の様子を伝える動画

被災地の動物を救う活動開始

 今まで自分を抱きしめてくれた人が、いつも優しく名前を呼んでくれた人が、不安なときは必ずそばにいてくれた人が、おいしいゴハンをくれて、身の回りを整えてくれた人が、いなくなってしまうというのは、本当に計り知れないほどのショックだ。
 
 慣れ親しんだものをすべて失い、心を温める場所も、体を休める場所も、お腹を満たす場所も無くしたら、どうやって生きていったらいいのか分からなくなる。人間だったら、自殺してしまうかもしれない。

 犬の写真を見ていて、「捨てられた後のミーちゃんも、きっとそういう苦しい思いをしているんだろう」という考えが頭から離れず、眠れない日々が続いた頃のやりきれない思いがにわかによみがえってきた。

 地震や原発に今も脅かされる北関東から東北地方にはミーちゃんのような思いをしている動物たちがいっぱいいるのだ。

 そうした中、被災地の動物たちを救う活動も始まった![エンジェルス「命のリレー」ペット救済特設ページ]

被災地の動物たちは?(2)

 前回のブログにコメントをつけてくださった方々ありがとうございます。
 私も新聞や動画で見た犬たちがどうなっているのか、とても気になっています。無事保護されるといいのですが・・・。

どうか義援金を有効に使って欲しい

 ネットでいろいろ見て見ると、エンジェルズの活動には、賛否両論というかいろいろとあるようす。ただ、今のこの状態の中でも現地に入って保護活動をしているということは、「お元気主婦」さんの書き込みからもわかる。
 それならやっぱり、私も「お元気主婦」さん同様、拍手とエールを送りたい。

「お元気主婦」さんの息子さんのように、実際に動くことはできないけれど、わずかばかりの義援金とペットフードをエンジェルズに送った。

「どうか有効に使ってもらえますように」と願いながら。

立ち入り禁止区域の動物たちの安否は
 
 エンジェルズのホームページには、保護された犬なども載っている。その事実を知るだけでもだいぶ救われる。

 が、今、一番気になっているのは福島原発から20キロ圏内にいる動物たちである。『東京新聞』には、20キロ圏内に自宅のある方が「犬を放してきた」と語る記事が載っていたが、そうしたケースはきっとたくさんあるはずだ。
 ほとんど姿が見えないが、猫たちもどこかでひっそりと息を潜め、恐怖に震えているに違いない。

 ご存じのように20キロ圏内は立ち入り禁止区域。エンジェルズの方達も、近づけないでいる。そして、エンジェルズへの問い合わせがいちばん多いのも、この区域内にペットをおいてきた避難者の方々だと言う。

 おいていかれた動物たちはもちろん大変だが、置いて行かざるを得なかった飼い主の方達の気持ちはどれほどのものだったかと思う。

 地震と津波はともかく、原発は人為的な災害そのもの。原発事故がなければ、震災後の動きはだいぶ違っていたはず。
 原発事故など絶対にあってはならないことだし、危機管理もちゃんとしないまま、こんなものを平気でつくって来たのは犯罪的としか言いようがない。

被災地の動物たちは?(3)

 久々に明るいニュースがあった。津波から三週間がたって、救助された犬がいたことだ。
 宮城県気仙沼市の沖合約1・8キロの海上で漂流していたところを助けられ、無事、飼い主が見つり、飼い主の元へともどったという (津波から3週間後に救助された犬、飼い主の元へ)。

 ほんとうに、ほんとうによかった! 

気になる相馬の馬たち

 ここのところ被災地の動物たちのことが、様々に報道されている。
 やはり、原発の影響を受けた地域が悲惨だ。福島県南相馬市の市長は、YouTubeを使って世界に向かっても発信しているが、放射能のせいで津波で流された人の捜索さえも送れているという(「市民は兵糧攻め的な状況」……南相馬市長がYouTubeで世界に支援訴える)。動物なら、なおさらだ。

 相馬と言えば「相馬野馬追」で知られた場所である。
 相馬野馬追は、今から1000年以上前、相馬氏の遠祖・平将門が領内の下総国相馬郡小金原に野生馬を放し、敵兵に見立てて軍事訓練をした事に始まると言われる神事であり、祭り。
 そのため、たくさんの馬がこの地域では暮らしていた。
 
 大動物である馬が、この原発震災でどれだけ救ってもらえるのだろうか。犬猫でさえなかなか入れる避難所がないのだから、馬が行ける避難所など皆無だろう。
 そんななかで、相馬の馬たちを支援しているNPOを見つけた! その名も「馬とあゆむSOMA」。義援金も受け付けている。
 私もさっそく義援金を送ろうと思う。

支援団体を支援しよう! 

 その他にも、東北地震犬猫レスキュー.comや、財団法人日本動物愛護協会、公益社団法人日本愛玩動物協会、社団法人日本獣医師会と共に「緊急災害時動物救援本部」として被災動物の救援活動を展開している日本動物福祉協会などもあった。

 同本部では、被災動物救済のための義援金を募っていて、インターネットを通じた寄付もできる(「JUST GIVING」)。

 できることは少ないが、やれることをやるしかない。この団体にも、寄付をしたい。

被災地の動物たちは?(4)

1週間ほど前の新聞(たぶん『東京新聞』。辛くてちゃんと見れなかったので、記憶があいまい)に、福島第一原発から20~30キロ圏内で群れをつくる牛と、カメラマンを見つけて嬉しそうに駆け寄ってくる犬の写真が載っていた。

 犬は首に引きちぎったような鎖を付けていた。その表情から、久々に人間に出会えたことが、嬉しくて嬉しくてたまらないということが伝わってきて、とても悲しくなった。あの犬は、無事保護されたのだろうか。

「馬とあゆむ SOMA」と話ができた

「馬とあゆむSOMA」に義援金を送った。電話でも話をした。馬の保護をしてくれる団体はなかなか見あたらない。ペットである犬猫もそうだけれど、野生動物だって大変だろうし、大動物は(飼っている人も)本当に大変だ。

『読売新聞』(4月5日)で、宮城県名取市県立の農業高校に津波にさらわれた実習用の乳牛34頭のうち、14頭が戻ってきたというニュースを見た。

 地震発生の当日、「全島を避難させることはできない。せめて逃げてくれ!」と、逃がした牛だったという。牛舎近くの高台に避難した人たちは、牛が濁流にのまれ、苦しそうに顔だけを出してもがく姿を見つめながら、祈ることしかできなかったとも書いてあった。
 もどってきた牛たちを一頭一頭抱きしめると、顔をなめたりして喜んだという。
 
 牛も、馬と同じように、ちゃんと人の判別をするし、なつくのだ。

福島県飯舘村では
 
 福島第一原発の事故を受け、「計画的避難区域」に設定された福島県飯舘村にも、牛を飼っている人がたくさんいるらしい。
 今の状態では値はつかないし、先の見通しも立たない中で処分を余儀無くされた人もいるというし、「手塩にかけた牛と生きる」と土地を離れずに留まる決意をしている人もいる。

 どちらを選んでも、その苦悩は計り知れない。牛や馬は、大きな体からは想像もできないほど繊細で、環境の変化にも弱い。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

被災地の動物たちは?(5)

 本当の意味でのリスク管理、防災対策というのであれば、被災した土地で動物たちと共に暮らしている人のライフスタイルをそのまま移動させることを視野に入れてつくられていなければならない。
 でも、今の日本では、大動物はもちろんのこと、小動物であるペットたちと共に入る避難所さえほとんどないのが現状だ。
 
 そんななか、テレビ東京系列『ペット大集合!ポチたま』(現・『だいすけ君が行く!ポチたま新ペットの旅』BSジャパン)に出演しているタレントの松本秀樹さんが呼びかけている、「ペットと入れる避難所および仮設住宅の確保」を求める署名を見つけた。
 4月30日締めきりなので、1人でも多くの方に署名してもらいたい。  
 署名用紙は、このサイトからダウンロードできる。

被災馬支援金

 この署名の情報元は、だいぶ前から会員になっている「いななき会」という馬を救う活動をしている団体から送られてきた。
 
 同会の通信には、原発30キロ圏内の動物たちの目を覆うような状況も載っていた。野山をうろつく犬たち、鎖につながれたまま餓死して行く犬たちも増えているようだ。

 そして先日、義援金を送った「馬とあゆむSOMA」の状況が「日に日に悪くなっている」との追加情報も載っていた。

 原発の影響で、一時は再会していた飼料業者が配達を中止したり、飼料があってもガソリン不足で取りに行けないなどの事態が起きており、厳しい状況下で馬を手放さざるを得ない人たちも増えているというのである。

 被災馬支援金の振り込み先も載っていたので、これも紹介しておきたい。

 一匹でも多くの動物たちが救われますように! 
 それができる世の中の向こうに、きっとミーちゃんも救われる社会が待っているはずだから!!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

東日本大震災PET AID ワンニャンチャリティーイベント

 5月3日(火・祝)、大阪で「東日本大震災PET AID ワンニャンチャリティーイベントin SkayView」が開催される。
 
 日頃からペットの救援を行い、今回の地震で被災したコの受け入れもしている動物愛護市民団体「JCDL」からの情報だ。
 会場・日時は以下の通り。

【日時】2011年5月3日(火・祝)
【会場】関空展望ホールスカイビュー バス駐車場 
 雨天の場合 関空展望ホールスカイビュー メインホール裏駐車場(屋根あり)[交通アクセス]

一匹でも多く被災したコの受け入れができるよう

 被災地救援活動の一環として、被災地のペットとその家族を救済すべく、ペット関連企業、団体がブースが出店され、JCDLも、今、預かっているコたちの里親様探しとバザーをするという。

「1頭・1匹でも多く、在籍している動物達の里親様を見つけることが出来れば、その分1頭1匹でも多く被災した動物達を受け入れられると信じ、今回のイベントに望みたいと考えております」(JCDL)とのこと。

 また、イベント当日は、会場に人手を取られてしまうため、シェルターにいるコたちのお世話をするボランティアも募集しているとのこと。

 近くの方は、ぜひ出かけて欲しい!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

警戒区域内の動物を救護するための署名

 ゴールデンウィークに、東日本大震災で被災したコのためのチャリティ・イベントを行った大阪にある動物愛護市民団体JCDLのMLで、警戒区域内の動物(ペット)を救護するための署名を知った。

「FreePets」(ふりぺ)という団体の呼びかけで始まったらしい。
 同団体の要望書や署名フォームには[こちら]からアクセスできる。

「FreePets」とは

「ふりぺ」は、もともとはtwitter上の会話から始まった。
 空前のペットブームといわれる中で、ペットや動物に関するつらい話やいやなニュースを聞くことも多く、捨てられるペットや命を大事にされない動物もたくさんいる。そんな状況を「なんとかすこしでもいい方向に変える方法はないだろうか」と「FreePets~ペットと呼ばれる動物たちの生命を考える会」はスタートしたという。

「ペットと呼ばれる動物たちと暮らすことは、「飼い主」である人間に大きな喜びをもたらします。人間は、そんな喜びを与えてくれる動物たちの命や幸せにしっかりと責任を持つ。人間も動物も幸せになれる社会が実現してほしい」(リンク

ミーちゃん力を貸して!

 警戒区域内に取り残されたコたちは、今も人間を信じて待っているに違いない。「いつになったら戻って来てくれるの?」と思いながら、家族のことを探しているに違いない。

 そんなコたちを一日でも早く、一匹でも多く救うために、どうかミーちゃん力を貸して!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

警戒区域から避難してきた方が美容室に

 先日、「警戒区域から夫婦で避難して来ている」という方が美容室を訪れた。財布も、携帯も、保険証も、預金通帳も、免許証も、本当に何もかも津波に流されてしまい、さらに自宅にはいつ戻れるかまったく分からないとのこと。

 美容室の人からのまた聞きなのだが、本当にあっという間に家も庭も津波に襲われ、かわいがっていた三匹の犬たちも流されてしまったという。

「津波が来るぞー!」と言われて、慌てて夫婦で車に飛び乗るのが精一杯。犬たちを救う間は無く、かわいがっていたコたちが津波にのみ込まれて行くのをただ見ていることしかできなかったのだそうだ。

 また聞きしただけでも、そのときの地獄絵が想像できる。

 ご夫婦はどんなにか辛かったことだろう。もし、私だったら・・・。かわいがっているコたちが目の前で津波にのみ込まれたら・・・。そう考えると、もう生きた心地もしない。

 もしかして奇跡的に助かっているかもしれないのに、今度は原発事故のため警戒地域となり、捜索もままならない。現状では、犬たちの安否を確かめる手立てはないのだ。

引き続き署名を!

 考えれば考えるほど、命あるものを平気で見殺しにしている現状には納得がいかない。

 そもそも「被災した人の心のケア」を叫ぶ前に、心を傷つけない努力をすべきではないか。

 変わり果てた動物と対面する一時帰宅者の方たちの報道を目にするたびに、「どうしてこんなに被災者をいじめるのだろう」と思う。
 
 地震、津波、原発事故・・・それらによって、愛する者や土地、仕事を失った被災者の方々から、心のよすがとなる動物まで取り上げて、いったい何を支援するというのか。

「みーちゃん」さんが付けてくれたコメントにもあったように、そんな中でも助けを待っているコや家族との再会を待っている多くのコたちはいる。そのコたちのために、ミーちゃんが導いてくれているのだと信じて、引き続き署名を広めていきたい。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

被災地にて(1)

1 ちょっとした用事があって、福島県と宮城県に行く機会があった。

 宮城県には愛犬・ケフィが海デビューした七ヶ浜町がある。
 ここは地震と津波で壊滅的な被害を受けたと聞いていた。
 
 かつて訪れた場所だけに、とても目の当たりにする勇気が出なくて七ヶ浜には行けなかったが、同様の被害状況という同県東松島市の野蒜地区を訪れた。(写真)

 案内してくれた人に「ここに建物があって、集落があったというのが信じられないでしょう?」と言われ、見ると、生い茂った草の隙間にかろうじて門扉や浴室の残骸が顔をのぞかせていた。

 報道では見聞きしていたが、目の当たりにした光景に愕然とした。そこに人の営みがあったとはまるで思えない。

クリックで拡大

ケフィと泊まった宿も・・・

東松島市の野蒜地区2 ケフィが七ヶ浜町の海で泳いだのは、たぶん7年前の夏。ちょうど仙台七夕祭りの時期だった。
 宿も七ヶ浜町で取った。
 宿から海までは、静かな松林を抜けてすぐ。宿の周辺には民宿やペンションが建ち並んでいた。

 そして、泊まった宿にはたしかケフィとほぼ同じ年頃のラブラドール・レトリーバーもいたはずだ。

 あのコはいったいどうしたのだろう。
 津波が建物をなぎ倒して行く前に、無事、家族と一緒に逃げられたのだろうか。
 その後も、無事、ペットと暮らせる住居などに入居できたのだろうか。

 地震の日、避難所には、犬も猫も、子どももお年寄りも、障害を持った人も、様々な人が詰めかけたと聞いた。
 避難した人たちの中には動物アレルギーの人がいたし、子どもや障害を持った人と接したことの無いペットもいたという。

 そういう中で、どれだけのペットが家族と一緒に暮らすという選択ができたのだろうか。
 この土地に暮らしていたコたちの多くが、今も家族と一緒にいてくれることを、ただただ祈るばかりだ。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

被災地にて(2)

福島市の大波城址から撮ったひまわり畑 そして福島は、ケフィがスイミングデビューした土地である。

「最初から海で泳がせると波を怖がって泳がなくなるかも」と言われ、磐梯山の麓に広がる猪苗代湖に連れてきたのが、ケフィにとって初泳ぎだった。

 以後、磐梯山(とくに裏磐梯)の自然が気に入って、春と秋はトレッキング、冬はスノーシューと、年に何度もケフィと一緒に遊びに来た。

 その行き帰りに、港の方を含め、福島のあちこちに行った。今回、訪問したいわき市や郡山市、福島市にも何度か行ったことがある。

クリックで拡大

「畑も、動物も、捨てられた」

 先日、震災後はじめて福島第一原発の警戒区域に住民の帰宅が認められたという報道を見た。
「まだ生きている牛がいて驚いた」
「愛犬に久々にゴハンをあげた」

 などと書いてあるのを見て、本当に苦しくなった。

 私が福島に行っていたときも、「さまよう牛」と題した新聞記事を読んだ。世話する人を失った牛たちが、群れになってさまよい歩いているという。乳牛も、肉牛もいたそうだ。

 また別の新聞では、今も警戒区域に住み続けている人が「町にだれもいなくなって、エサをやる猫の数が増えた。畑も、動物も、捨てられたんだ」と語っているのを見て、どうしようもなく悲しくなった。

※写真は福島市の大波城址から撮ったひまわり畑。すでに時期を過ぎていたのが残念。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード