ホームにもどる

ミーちゃんの子どもたち(1)

キジトラ猫のモンテカルロ(♀)、通称モンちゃん ちょっと時間が空いてしまったけれど、ミーちゃんの子どもの話の続きを・・・。

 この前は、お寺のお嬢さんがミーちゃんから真っ黒い子猫(ボンちゃん)をもらったときのエピソードを紹介した。
 
 今日はお嬢さんが拾ったボンちゃんの姉妹(と思われる)子猫のことを書きたい。

 それはキジトラ猫のモンテカルロ(♀)、通称モンちゃん(写真)である。


母猫とはぐれた子猫を保護

 お嬢さんがミーちゃんからボンちゃんをもらった日の1週間ほど前。
 2000年の年末のことだ。

 帰宅途中のお嬢さんは、美容室と道を挟んだ隣家の植木で、ひとりニャーニャーと鳴いている子猫を発見。

 折しもその日は雨。

「こんなに濡れて、ママとはぐれてしまって可哀想」

 いてもたってもいられなくなったお嬢さんは柵を上って庭に侵入(隣家の方ごめんなさい)。キジトラの子猫を保護した。

 確証は無いが保護された場所とサイズを考えると、モンちゃんとボンちゃんがは姉妹である可能性が高い。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ミーちゃんの子どもたち(2)

ミーちゃんの子ども 床屋のお姉さんが、久しぶりに美容室に寄った。

『迷子のミーちゃん』を差し上げたお礼にと、おいしいプリンを届けてくれたのだ。

「猫に関することで、何か困ったこととかあったらいつでも連絡ください」

 そう言って、連絡先まで置いて行ってくれた。

 ミーちゃんの力はすごい。いろんな垣根を乗り越えて、瞬く間に、そこに信頼関係をつくってしまう。
 みんなミーちゃんがいなければ、けして知り合うことは無かった人たちだ。


お嬢さんからもメール

 ミーちゃんから(おそらく)2匹の子どもをもらったお寺のお嬢さんもそう。
「お互いにミーちゃんを知っていた」
 というだけで、気軽に連絡先を交換し、いろんな話ができてしまう。

 お嬢さんからは
「ミーちゃんが幸せに暮らしていることをみんなで願っていれば大丈夫です。頑張りましょう」
 というメールをいただいた。

「うちの守り猫」

 今、ミーちゃんの子どもであるモンとボンは「うちの守り猫になっている」とお嬢さんは言う。

 実はお嬢さん、モンとボンに出会う前に、愛猫2匹が近所で交通事故に遭うという辛い経験をされていた。

 そんなとき、ふいにお嬢さんの目の前に現れ、新しい出会いをもたらし、お嬢さんを救ってくれたのがミーちゃんの子どもたちだったのだ。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

地域情報紙『ショッパー』に紹介されました!

 ショッパー『迷子のミーちゃん』が、地域情報紙『ショッパー』(2009年11月12日版)に載った(写真)。

取材に訪れた編集者の方がわざわざ美容室に掲載誌を届けてくれたのだ。

 記事では、本の紹介だけでなく「いまだミーちゃんは見つかっていません」とも書いてくれていた。

 さっそく美容室のお客さんが、「『ショッパー』に載ってたね。ミーちゃん、どこにいるんだろう。
 見つかるといいね」と来店そうそう言葉をかけてくれた。

クリックで拡大



ペット美容室でも

 また、わが家の愛犬がお世話になっているペット美容室には「さいたま市の地域猫のこんな本が出版されたんだって」と、『ショッパー』の切り抜きを持ってやってきた常連さんもいたという。

 その常連さんは、ご近所でたくさんの猫ちゃんを飼っていたおばあさんが亡くなり、残された猫を何匹も引き取ったという猫好き。でも、事情があってご自宅では面倒を見れないということで、もう何年もペット美容室に併設されたペットホテルに保護した猫ちゃんたちを預けているという。

 この美容室もミーちゃんの捜索ポスターを貼ってくれていた一軒。さらに今回は「ミーちゃんが本になりました」というポスターを貼ってくれることになった。本当にありがたい。こういう申し出があると「まだまだあきらめずに探そう!」という気持ちになれる。

さいたま市の広範囲に配られる情報誌だけに新しい反応を期待したい。どうかミーちゃんの情報が入りますように!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

外猫になったタマ

マタタビ 床屋のお姉さんが「旅行のお土産」とマタタビの香りのする猫のおもちゃを買ってきてくれた。
 お姉さんの家のコたちは激しく遊ぶという。

 さっそく家猫のでんすけ、外猫のタマにあげてみた。
クリックで拡大

ミーちゃんのホットカーペットを拝借
 
マット 激しい雨の多かった10月、タマはデッキに設置したシートに入ることが多くなった。何回かでんすけに追い払われ、戻って来ないときがあったものの、数日経つとまたシートの中で寝ていた。
 最近は一日のほとんどをここで過ごし、わが家の外猫として定着し始めた。

 寒くなってきたので、かつてミーちゃんが使っていたホットカーペットを拝借した。敷いた当初は
「知らない猫の匂いがする。だれの匂い?」
 といぶかしそうにしてたタマ。でも、今はホットカーペットが大のお気に入り。


 その後、カーペットの上に梱包材(プチプチしたやつ)で外側をくるんだ段ボールを設置。さらに中にタオルを敷いた。
 箱の中に手を入れるとぬくっとあったかい。

もしかしてミーちゃんも・・・

 11月に入ってから、でんすけが少しずつタマの存在を認め始めたように思う。「受け入れた」とまではいかないが、「しょうがないな」という感じだろうか。
 箱の中に入っていることが分かっていても追い払おうとはせず、少し離れた場所でひなたぼっこをするようになった。
 お互い背を向けあい、「視界に入らないようにしよう」と努力をしているようだ。

 タマが公園に捨てられてから半年。
 少しずつ二匹はお互いの距離感をつかみ始めたのかも知れない。

 そんな様子を見ていると「もしかしてミーちゃんも、わが家に定着できたのでは?」という思いがよぎる。後悔はきっと一生つきまとうのだろう。

 今年は比較的暖かい日が多いことが救いだ。ミーちゃんもどこかで居場所を提供してもらっていると信じて探し続けよう。 

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード