ホームにもどる

待てど暮らせど・・・

野田の分院そばで出会った子猫「ミーちゃんかも!」の電話が入ってからもう2週間以上が過ぎた。待てど暮らせど、その後の電話はない。

 こちらから何度も電話をかけるのは恐縮なので、どうしたものかと思っていたところ、美容室の人が「今度の休みに行ってみる!」と言ってくれた。

※写真は野田の分院そばで出会った子猫

クリックで拡大

一歩近づくと、一歩遠くへ

 7月末、美容室の人ほか二人の計三人で、猛暑の中を電話で聞いた小学校名を頼りに電話の主宅を探してくれた。

 本当になんの目印もないような住宅街で、同じところを何度も行ったり来たり、グルグル回り、「行き倒れになるかと思った」とみんなが言ったくらい大変だったらしい。

 そして奇跡的に電話の主宅を探し当て、しかも偶然、家人と話ができたという(普段は仕事に言っていて平日は留守とのこと)。

 その方によると「最近、ミーちゃん(かもしれない三毛ちゃん)が来ないんですよねー」とのこと。足が曲がっているかどうか、尻尾が短くてクロっぽいかどうか、全体にクロの模様が多いかどうか、などは確認出来ていなかった。

「もし、また来たらお電話しますから」と、言ってくださったそうだが、結局、三毛ちゃんとは会えなかったそうだ。

 一歩近づくと、一歩遠くに行ってしまうミーちゃん。この暑さの中、無事、しのいでいるのだろうか。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

迷い猫が帰ってくるおまじない

ミーちゃん 以後、ミーちゃんについての連絡はない。ミーちゃん(かもしれないミケちゃん)も、いったいどこに行ってしまったのやら。
 酷暑を無事しのいでいるといいけど・・・。

 ところで、ゲゲゲの女房に出て来た

立ち別れ 因幡の山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む

 という迷い猫が戻ってくるおまじないをネットで検索してみたところ、7匹の猫(保護猫5匹を含む)とくらしている「もかっち」さんのサイトにいきあたった。

クリックで拡大

 それによると、この歌は百人一首にある在原行平(ありわらのゆきひら)の歌。
 意訳すると 「仕事で任地の因幡(いなば)へ赴きますが、あなたが私の帰りを待っていてくれると耳にしたら、すぐにでも帰ってきますよ」 という内容だとか。

 この歌を使う方法だけでも何パターンかあるそうで、たとえば

1)書いた紙を、トイレやネコの食事場所に貼る。
2)書いた紙を、家の東の壁に貼る。
3)「松とし聞かば」 以降の下の句を紙に書いて、玄関や猫がいつも使っていた食器に貼る。

 ・・・などなど。詳しくは「もかっち」さんのサイトを見て欲しい。
 ちなみに、この歌を使う以外の方法も載っていた。

 そんな何通りもの「迷い猫返し」のまじないがあるくらいなんだから、きっとずっと昔から、いなくなった猫を待ち続ける人は大勢いたんだろう。

 占いやまじないの類はあまり信じる方ではないが、この猫返しのまじないはやってみようかな、と思ったりしている。


にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

気になる猫、その後(1)

気になる猫 前にブログに書いた「気になる猫」(写真)。あれから何回か公園でバッタリ会った。多くの場合はタマの夜の散歩中だった。
 茂みから突然、飛び出して来てはタマを威嚇するのだ。

 でも、本気で襲っては来ない。私がタマを抱き上げて公園から出て行くのをじっと見つめている。
 その様子がなんか意味ありげというか、せつなげで、やっぱり見過ごせない。

 しかも「なんとなくこの人は大丈夫そう」と思っているのか、おもむろには逃げようとない。でも、一定の距離(4~5メートル程度)以上はけして近づいてこない。
 こちらが、ちょっと前に出るとその分、後ろに下がる。

クリックで拡大

やっぱり野良ちゃん?

 近い距離で見ると、遠目に見ていたときよりも痩せているのが分かる。
 ちょっと骨がごつごつとしている感じが見えたり、毛並みもゴワゴワで、汚れている。「やっぱり野良ちゃん?」のような気がする。

 煮干しやカリカリを目の前で置くと、いったんは後ろに下がるものの、私が遠ざかったのを見て、一心不乱に食べる。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

気になる猫、その後(2)

気になる猫 そんなビミョウな距離感でゴハンを食べることが数回あった後、ちょっと進展する出来事があった。

 その日、夜中になってもタマが帰ってこなかった。いつも夜の散歩に出る時間を過ぎていた。
 公園に向かって「タマ」「タマ」と声をかけても返事がない。
 近くにいるときは、あのどくとくの高い声(相変わらず子猫のよう)で、「ミャー」とか細く鳴くのに。

「何かあったのかな?」と心配になって、公園に出た。「タマ」「タマ」と声をかけて茂みの中などを探していたところ、気になる猫(写真)がすーっと現れた。

 タマがいないときに出て来たのは初めてのことだ。

クリックで拡大

気になる猫が寄ってきた!

 思い切ってぐぐっと近寄ってみようかとも思ったが、怖がって逃げて行ってしまうかもしれない。

 そこで、急いでいったん家に戻り、煮干しを一山ほど持って公園に戻った。が、もう姿が見えない。

「やっぱり行っちゃったんだ」

 ガッカリして家に戻り、デッキから公園を見ると、なんと気になる猫が公園の入り口あたりでこっちを見ている。

 どうも私の後を追って公園の入り口まで寄って来て、そこの茂みに隠れて様子をうかがっていたらしい。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

気になる猫、その後(3)

 そーっと、そーっと近づくと、2、3歩後ずさる。草の陰に隠れる。でも、逃げないで、じっとこっちを見ている。
 
「おいで」「おいで」

 と煮干ののっけた手をのばすと、首をのばしてクンクンと匂いをかいでいる。

「待っていたら食べたくて寄ってくるかも」

 と、少し待ってみたが、そのまま固まったように動かない。

 しばらくお見合い状態で待つが、やっぱり動こうとしない。

「じゃ、置いて行くよ。食べるんだよ」

 そう声をかけて立ち上がり、公園の入り口まで来て振り返ると、少しずつ小さな陰が煮干のそばに近づいて行くのが見えた。

結局、その日も触らせてはもらえなかったが、「気になる猫」との距離は、間違いなく近づいている! 感じだった。

ところがその後、意外な展開が待っていた。

最近のタマ

たまその話に、まずは久々にタマの話から。

最近のタマ(写真)は、すっかり「うちの猫」になった。
まだデッキで暮らしてはいるが、家の中に入って来ることが格段に増えた。

おそるおそる入ってきては、しばらく探索して出て行く、なんてことが増えている。
玄関周辺だけでなく、リビングへ、そしてキッチンへと少しずつ行動範囲も広げている。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード