ホームにもどる

今、明かされるでんすけの過去(1)

でんすけ たぶん、犬(ケフィ)を抱いて、猫(でんすけ)を歩かせて散歩する姿は目を引いたのだろう。
 散歩中、声をかけられることがよくあった。たいがいは、

「あら、この猫、後を付いてくるんだね」
「なんで犬の方を抱っこしているの?」

 多くはそんなたあいのない会話だった。


※ふとんと毛布の間にはさまって眠るのがお気に入りのでんすけ 
クリックで拡大

お姉さん役のでんすけ

 でんすけは私が犬を連れた人と立ち話すると、すぐ横で「にゃぁーおぉ」「ぎゃぁーおうぅ」と、警戒の声を上げ「危ないから離れろ!」と叫んでいた。ケフィのお姉さん気分だったのかもしれない。

 ケフィが歩けるようになってからの話だが、秋田犬(成犬)がケフィに近寄ろうとしたときには、ケフィと秋田犬の間に割って入り、しっぽをふくらませて「シャー」っと声を上げ、秋田犬を威嚇したこともあった。

 あっぱれ! である。

 秋田犬の飼い主さんも「すごい! えらい! 守ってあげているのね」と、感動していた。

ご近所の方から

 そんな目立つ散歩を続けていたある日、はす向かいのお宅の方に「うちの猫、この猫の子どもだと思うんだよね」と声をかけられた。あのキジトラ+白の飼い主の方である。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

今、明かされるでんすけの過去(2)

でんすけ  キジトラ+白の飼い主の方(まどろっこしいので「飼い主の方」と呼ぶ)がおっしゃるには、そのキジ+白ちゃんは、まだ野良だったころのでんすけが運んで来たコだというのだった。

 実はわが家にたどり着く前、でんすけはいろいろな場所で出産&子育てしていたらしい。
 隣の家のご主人からも「でんすけって、野良らだったとき家の押し入れにいたことがあったんですよ」と言われたことがある。

 たぶん、安全に子育てできそうな場を物色していたのだ。


クリックで拡大

大変だったでんすけの過去

 飼い主の方によると、その頃のでんすけの毎日はかなり過酷だったようだ。
 たとえば、こんな話をしていた。

「××さんちの物置でも出産して、それに気付いた××さんが保健所を呼んだんだって。そうしたら親猫(でんすけ)が、一匹だけくわえて逃げたって話だよ。その一匹が、今家にいるコ(キジ+白)みたい」

 そして、あちこちで人間に棒で追い払われたり、水をかけられたりしては、居場所を追われてもいたようだ。しかも出産間際だったり、生まれたての子どもがいたりしたのだから、本当に大変だったことだろう。

 その名残か、確かにでんすけは棒状のものが嫌いだ。でんすけが近くにいるときに、棒状のものを上げ下げするだけで、小さくなって後ろに下がる(写真)。

 わが家に来た当初は、水まきをはじめると一目散に逃げて行った。 

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

今、明かされるでんすけの過去(3)

おしりの模様がでんにそっくりな「白茶猫」
 安心して休む場も、守ってくれる人間もいない野良の世界は本当に厳しい。先週の地震の後、数ヶ月ぶりに、おしりの模様がでんにそっくりな「白茶猫」(写真は秋に撮影したもの)を見かけた。

 私が犬の散歩をしていたせいだったのかもしれないが、ベンチの下に頭を突っ込ん小さく固まる姿は、とても心細げだった。少し痩せたようにも見えた。その心細げな姿が、わが家にやってきたばかりのでんすけと重なった。

クリックで拡大

でんすけとの出会い

 でんすけがやってきたのは、もう12年も前。前に暮らしていた犬が亡くなって、やたらに庭を通過する猫が増え、その中にひときわやせっぽちの猫がいたのだ。
 暗闇にたたずんでいると、全身が白に見え、口の周りの茶色の模様が泥棒柄に見えたことから、喜劇俳優・大宮デン助にちなんだ名前を付けた。
 それがでんすけとの出会いだった。

 ゴハンをあげても、いつも他の野良ちゃんに食べられてしまい、大きな体の猫に追いかけ回されていたでんすけ。それが不憫で、ついついひいきにしたのが、つきあいの始まりだった。

 最初の頃は、ゴハンをあげようと窓を開けるとサッと逃げて行き、私の姿が見えなくなるとやってきて一心不乱にゴハンを食べていた。少しずつ近寄って来るようになったものの、触らせてくれるようになるまで数ヶ月はかかったと思う。
 毎夜、私の顔におしりを乗っけて熟睡している今のでんすけからは想像もできないことだ。

被災地の動物たちは?
 
 そうやって安心できる場を得られるコは、野良ちゃんたちのうちどのくらいいるのだろう。
 続いている余震、そして原発からの放射能汚染。ミーちゃんの安否も気になるが、被災地の動物たちはどうしているのかが、とても気になっている。
 家族と一緒に逃げられているコはどのくらいいるのだろうか。
 
 野良ちゃんたちも心配。人間でさえ、支援の手が届きづらい今、動物の状況はさらに大変なことだろう。きっと心細い思いをしているに違いない。

 いつか尋ねてみたいと思っていた宮城県石巻市の田代島(通称・猫島)はどうなっているだろう。「人間の数より多い」といわれていた猫たちは、どのくらい助かったのか。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

被災地の動物たちは?(1)

『朝日新聞』(2011年3月24日朝刊)の一面に、がれきの山と化した福島県相馬市の街中を、トボトボとさまよう犬の写真が載っていた。

 けっこう大きな茶色の犬だ。首輪らしきものが見えるので、おそらく飼い犬だったのだろう。
 毛がふさふさとしているせいかもしれないが、立派な体型と極限状態にありながら殺気だった雰囲気が無いことから、家族にかわいがられていた犬のように感じた。

 動物も、かわいがられているコはなぜかすぐに分かる。どこか落ち着きがあるというか、「ちゃんと受け入れてくれる居場所があるよ」という、幸せ感のようなものがあたりを取り巻いている。

 写真の犬は、「あの居場所(家族)はどこに行っちゃたんだろう?」「どうしてみんないなくなっちゃたんだろう?」と、あてもなく、でも、あきらめきれずに、かわいがってくれていた家族を捜しているように見えた。

※『朝日新聞』ではないが、被災地の犬の様子を伝える動画

被災地の動物を救う活動開始

 今まで自分を抱きしめてくれた人が、いつも優しく名前を呼んでくれた人が、不安なときは必ずそばにいてくれた人が、おいしいゴハンをくれて、身の回りを整えてくれた人が、いなくなってしまうというのは、本当に計り知れないほどのショックだ。
 
 慣れ親しんだものをすべて失い、心を温める場所も、体を休める場所も、お腹を満たす場所も無くしたら、どうやって生きていったらいいのか分からなくなる。人間だったら、自殺してしまうかもしれない。

 犬の写真を見ていて、「捨てられた後のミーちゃんも、きっとそういう苦しい思いをしているんだろう」という考えが頭から離れず、眠れない日々が続いた頃のやりきれない思いがにわかによみがえってきた。

 地震や原発に今も脅かされる北関東から東北地方にはミーちゃんのような思いをしている動物たちがいっぱいいるのだ。

 そうした中、被災地の動物たちを救う活動も始まった![エンジェルス「命のリレー」ペット救済特設ページ]
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード