ホームにもどる

台風は動物の運命を変える(1)

クロ 先月の台風の日を境にして、クロはまったく姿を見せない。
 ミーちゃんがいなくなった経緯を知っている人々の間では「また、ミーちゃんのときと同じ人間にどこかに連れて行かれたのかな」と、ささやかれている。

 もちろん、それを知る手立てはない。ひたすら、クロがどこかで、だれかにかわいがられて、幸せでいることを祈るしかない。

クリックで拡大

台風の翌日カラスに遭遇

 それにしても、台風というのはいろいろな動物の運命を変えるものだ。

 クロがいなくなった台風の日、東京武蔵野市の井の頭自然文化園ではリスが脱走し、新江ノ島水族館が保護していた迷いアザラシが死んだりした(この子は感染症だったらしいが・・・)。

 美容室に来るお客さんの家では、巣から落ちたらしい雀を拾ったというし、知人宅には「お宅の庭に雀の巣はありませんか?」と、雀の子を抱いた見知らぬ人が尋ねてきたという。

 前にこのブログでも書いたが、タマがうちの猫になったのも、でんすけがうちを出産場所に定めたのも、大きな台風が来た日だった。

 今回の台風では、猫はやってこなかったが、その代わり?に、カラスが落ちていた。

 台風の翌日、羽を傷めたのか飛べなくなり、仲間が巣へ帰った後もわが家の裏の公園でうずくまっている子どものカラスに遭遇したのだ。 
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

台風は動物の運命を変える(2)

「このままでは死んでしまう」

 拾うべきか悩み、カラスに近づいた。近寄って見ると、子ガラス(だと思う。ちょっとこぶりだった)とはいうものの、けっこう大きい。くちばしも鋭い。

 抱き上げたら羽をバタバタとさせ、手をつつかれそうである。

サイチョウによるトラウマ

 個人的な話だが、実は私は鳥、とくに黒い鳥が苦手だ。
 4~5歳の頃、「世界の野鳥園」的な場所で受けたトラウマに起因する。

 当時、私の身長は1メートル足らず。野鳥園には、羽を広げると1メートルをゆうに超えるでかいサイチョウがいた。そして、私がサイチョウの檻の前を通りかかったとたん、羽をばたつかせ、くわぁぁぁぁぁ! というような奇妙な声を上げ、暴れ始めたのだ。

 黄色いくちばしがパックリと開き、極彩色に縁取られた目をむきながら、黒いサイチョウが暴れる姿は、異様な光景だった。 

 以来、私は鳥が苦手だ。とくに、黒くてくちばしが大きい鳥が苦手だ。

カラスは自力で移動

 カラスを拾おうかさんざん迷ったあげく、自治体に電話した。
 あいにく午後6時を回っていたため、「鳥を捕まえにいく業者と連絡が取れない」と言われ、捕獲してもらうのは翌日にすることにした。

「カラスだからって殺されてしまうことはないですよね?」と念を押す私に、窓口の人は少し口ごもり、「そういうことはないようにしたいと思います」と、歯切れの悪い口調で答えた。

 その後、様子をうかがっていると、カラスは自力で歩いて公園を敷地を出て行き、近所の庭の広いお宅へと入り込んだ。
 「人の家になんか入って大丈夫かな?」という心配と「これで見ないですむ」という軽い安堵感が私の中に広がった。

台風は動物の運命を変える(3)

 翌朝起きると、大きな庭があるお宅の前の道に、カラスがうずくまっていた。
 気づいたお宅の方が、敷地外へと出したのか、自力で道路まで出てきたのかは分からない。

 近寄ってみると、かすかに羽が波打っているので息はしているらしい。
 しかし、声をかけても目はつむったまま。

 明らかに昨夜より弱っている。車が通ってもよけることもできないらしい。

 ふたたび「このままでは死んでしまう」という思いがよぎった。が、昨夜の自治体窓口の人の口ぶりも気になった。
「もう一度電話したら、駆除されてしまうのではないか」・・・。

そう考えていたとき、かつて野鳥を拾ったときに鳥獣保護センターなる都道府県が持つ施設に電話したことを思い出した。

「あそこなら保護してくれるかもしれない」

 ネットで電話番号を調べ、鳥獣保護センターに電話すると、担当者がすまなそうにこう言った。
「条例で鳩とカラスは保護対象から外れているんです。そのため保護はできません。それに野鳥はえさをとれなくなるとすぐに衰弱しますから、治療が必要と思いますがカラスを見てくれる動物病院は無いと思います」

 そして、「野生動物だからそうやって淘汰していくのも運命と受け入れることも大切」というような主旨のことを言った。 

朱鷺との格差
 
 そんなことは、私も分かっている。自然の世界では、弱い者が淘汰されるのは百も承知。
 でも、カラスの生態系を変えたのは人間じゃないか。それを都合の悪いときだけ「野生の動物だから」と言っていいのか? 

 その朝ちょうど、「佐渡島の朱鷺が元気に成長している」とのニュースを見たところだった。
 「絶滅しかけの鳥だと、えさを食べたり巣から出るだけで大喜びされ、増えすぎたカラスは保護もしてくれないのか」 

 どちらも同じ命なのに。もとは朱鷺だって野生の動物じゃないか。人間が自然を破壊したせいでカラスはこんなにも増えてしまったのに(なぜカラスが増えたのか)。

台風は動物の運命を変える(4)

 まったくもって納得いかず、かといって、鳥獣保護センターの人を責めても拉致は開かず。
 今度は鳥を診てくれる病院を探した。

カラスを飼う?!

 するとあったのだ! 車で小一時間程度はかかりそうだが、電話すると「治療はできるし、飼い方も教えられますよ」と言う。

 さらに病院の人は続けた。
「おそらくそのカラスを野生に返すのは難しいと思いますし、害鳥であるカラスを保護する施設は公共の場にないので、飼っていただくことになりますけど」

 今までさんざん、捨て猫を拾っては育ててきた経験はある。しかし、カラスとなると、かなりハードルが高い。
 どうしようかと逡巡しているうちに、仕事に行かねばならない時間になってしまった。少なくとも今、車で病院に連れて行く時間はない。
 
 迷ったあげく「もし、帰宅したときまで生きていたら、私はカラスの飼い主になろう」と腹をくくった。そして、カラスに「どうにか今日の昼間を乗り切るように」と声をかけた。しかし、今朝方よりも反応はさらに鈍く、もう生きているのかもよく分からなかった。

台風は私の運命をも変えた

クロ 帰宅したとき、カラスはもういなかった。だれかが拾ったのか、息絶えて自治体の業者に回収されたのか・・・と思っていたら、数日後、公園の片隅にカラスの屍を見つけた。

「道ばたで動けなくなっていたカラスをだれかがここに捨てたのかも」
 そう思うと、やるせない気持ちになった。飛べずに右往左往していたカラスがふびんで、切なくなってしまった。

 以来、カラスが激しく鳴くたびに、「また、飛べないカラスがいるのではないか」と心配になる。街でカラスをみかけるたびに、「怪我などしていないか」「無事、ゴハンは食べているのか」と気になってしまう。

 今までは捨て猫に対してだけ張られていたアンテナ(昨今はめったに捨て犬を見ないので)にカラスまでもひっかかるようになってしまった。

 あの台風を境に、クロ(写真)だけでなく私の運命も変わってしまったのである。

クリックで拡大

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード