ホームにもどる

春爛漫!(3)

でんすけ 結局は、「老衰」ということらしい。

 とくに目立って、悪いところはない。でも、食欲が無くて、ぐったりしている。
 その理由はおそらく「寒さに対応する力が衰え、ここのところの寒さに耐えられないのだろう」(獣医さん)とのことだった。

「とくに必要な治療はありません」と言うので、とりあえず、栄養剤的なものを点滴してもらい、動物病院を後にした。
 獣医さんによると、こうした点滴が呼び水になって、食欲が出てくることもあるそうで、「食欲が出てくれば体力も回復し、持ち直すだろう」との見立てだった。

 でも、逆に言えば、もし食欲が出てこなければ、持ち直せないということだ。私はめちゃめちゃ不安になった。

 バターがお星様になってから、まだ3ヶ月が過ぎたばかり・・・。「もしや、でんすけまでいなくなってしまうのではないか」と思うと、気が気ではなかった。

クリックで拡大

温かいミルクやあら汁を

 獣医さんに「固形物を食べないようなら、液状のものを飲ませては? 猫は温かいものが好きなので、あたたかい魚のスープとか」と言われたので、自宅に戻ってから、スーパーに行き、いきのいいアジをさばいてあら汁をつくった。
 
 それをでんすけの目の前に置いてみたが、いっこうに飲む気配はない。そこで、いつも人間が飲んでいると反応するホットミルクをつくり、でんすけの前に置いた。すると、ほんの数口だが、口をつけてくれた。

 でも、とても足りない。体力を回復してもらうには、もっとたくさん、食べてもらわなければならない。

 そこで、液体の飲み薬を飲ませる際に使う注射器で、まずはホットミルクを。続いてあら汁を吸って、飲ませてみた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

春爛漫!(4)

 けして嬉しそうに飲みはしないが、さして抵抗もしない。もしかしたら、抵抗する元気も無いのかもしれない。
 そんな不安にかられながらも、小刻みにホットミルクとあら汁を注射器で与え続けた。

「もう少しで暖かくなるからね」「あと少しの辛抱だから、もうちょっとがんばろうね」と声をかけながら、抱きかかえ続けた。

奇跡が起きた!!

 その翌々日のこと。ダメもとででんすけの大好きなマグロの赤身をちぎって置いたところ、くんくんと臭ったと思ったら「ぱくっ」とかみついた!

 そしてゴクンとのどをならして飲み込み、満足気に顔を洗い始めたと思ったら、「ぎゃーおぉぉぉ」と、大きな声で鳴いたではないか!!

元気な証拠

でんすけ それ以後、ときどき鼻水が気になるときはあっても、食欲が落ちることもなく、ぐったりすることもなく、いつも通りの貫禄でのっしのっしと家(とその周辺)を歩き回っている。

 トイレから戻るたびに「あかぁーん」「わおぉーん」「おぉぉぉーん」と、びっくりするほどの大声(しかもドスのきいた低音でバイブレーションが効いている!)で、人間に声をかけるようになったし、うるさくするケフィをしかり飛ばすようにもなった。

 持病の薬を与えようとすると激しく抵抗するし、ごはん皿を空っぽにすることもしばしという、見事な食欲も復活した。

 日の出の頃に必ず大声で起こされ、投薬のたびに私の腕には傷が増えるという日々が、また始まった。

 でも、それはでんすけが元気だという証拠。「うるさいなぁ」「かなわないなぁ」と、つぶやかずにはいられない毎日が続く幸せが、ことのほか身に染みる。

 季節はいつの間にか、初夏へと移った。でんすけも、猫こたつから「沈むクッション」(写真)に衣替え!

クリックで拡大

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

工事ダイエット(1)

タマ タマが痩せた。
 例年、真夏になると一回りくらい小さくなるのだが、今年は本格的な夏が来る前に、かなりシュッとなった(写真)。

「最近、タマが痩せたな」と実感したのは、2月の末か3月に入った頃。まだまだ寒さは残っていたが、暖かい日も増えたので食べ残した寒天が気になり、寒天ダイエットを止めた。
 その後、とくに何か努力したわけでもないのに、しゅるしゅると痩せていき、年末頃に比べると別猫のようにすっきりした。

 なぜなのか? 

 その理由は、「工事ダイエット」が始まったからだ。

クリックで拡大

工事ダイエットとは

 お正月明け、隣家の解体工事が始まった。家の建て替えのため、基礎・土台からすべてを壊すということで、ショベルカー的な工事車両も入り、連日、かなり大きな音を立て、家を壊していた。

 隣の家は、タマの暮らすデッキと接している。ショベルカーは、もちろん、我が家のデッキには触れることはないが、境界線に当たる壁を壊し、土を掘り返して地響きを上げていた。

 毎日、何人もの男衆が、ドリルなど大きな音を立てる器具を持って、デッキのすぐそばを行き来していた。

 タマからすれば「いったいなに? 何が始まったの?」と、驚きと恐怖だったことだろう。

 まだ寒かったのに、いや、でんすけが体調を壊したあの雪の日でさえ、昼間はどこかに避難していた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード