ホームにもどる

ケフィ、今年の夏も海に行く!!(1)

大好きな海に入って笑顔のケフ ィ 7月後半に夏休みを取ってケフィを海に連れて行った。

 飛行機に乗ることをあきらめ、車で行ける範囲の海に行くようになって2年目の夏。今年は、移動時間にも配慮して東京から数時間で行ける海にした。

 14歳になった頃から、メニエール病をはじめいくつもの大病をしたケフィ。今年の冬の頃の状態では、まさか夏に海に行けるとは思ってもいなかった。

クリックで拡大

心タンポナーデそして・・・

 心タンポナーデという心臓の膜に水が貯まる大病をしたのは昨年の誕生日直前の12月後半。特発性だったと安心したのもつかの間。2月には胸水が貯まって倒れた。
 それからしばらくは、呼吸が荒いこともあって「心臓病の疑い」で投薬を受けていた。

「しかし、本当にそうなのか?」

 半信半疑のまま薬を飲むだけの治療に疑問があったが、病気を特定するには全身麻酔をしてのCT検査が必要だった。15歳を過ぎたケフィにとっては全身麻酔そのものが大きなリスクだ。
 1週間以上もんもんと迷ったあげく、CTを撮ることにした。

全身麻酔のリスクを乗り越え

感覚が取り戻せずおっかなびっくり泳ぐケフィ 結果的に、ケフィは全身麻酔での検査を乗り越え、病気も特定できた。心臓と肺をつなぐ血管のところに大きな血栓ができていて、呼吸や体液の流れを邪魔していたことが分かったのである。そして体のあちこちに小さな血栓があることも分かった。

 血栓を増やさないため、血栓を溶かす薬を飲み始めると同時に、ガンの疑いで血液検査などを行った。

 触診によると体中のリンパが腫れ上がっていて、あちこちにしこりのようなものがあった。皮膚病と思ってさまざまな手を尽くしたにもかかわらず一向によくならない皮膚の赤みやハゲも、皮膚ガンだったならうなづける。


本格的な治療開始

 そして今年3月、低悪性リンパ種および皮膚型リンパ腫と診断され、血栓予防だけでなくそれらの治療もはじまった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

ケフィ、今年の夏も海に行く!!(2)

おそるおそる海に入るケフィ「全身麻酔でCTを撮る」と決断したときは、恐怖で体が震えた。

 今まで何回も、いろんな動物たちの手術などの同意書にサインしてきたが、「私の決断がケフィを殺してしまうかもしれない」と思うと、サインをする手には冷や汗。ケフィを預けて病院を後にしたときも、心臓がばくばくいっていた。

 ゴールデンレトリーバーの年齢換算表によれば、15歳2カ月(全身麻酔をした当時)のケフィは、人間にすると100歳近い。全身麻酔は無謀としか思えない年齢だ。
 
 家族内でも意見が割れた。その様子を見た担当獣医師は「ご家族の合意ができないなら、止めた方が賢明です」と言い、いったんはCTは撮らない方向で話が進んだ。

クリックで拡大

勇気をもらえる書き込み

リードを付 けて泳いでみる「もう十分生きたのでは?」
「静かに余生を見守ってあげたら?」

 そんな声も聞こえてくる。でも、あきらめきれなかった。「もしかしたら、もっと元気に、人生を楽しみながら最期を迎えることができるかもしれない」という思いが捨てきれなかった。

 藁にもすがる思いでネット上の情報を見ると、「高齢犬はリスクが高い」と口をそろえたような書き込みばかり。しかしそのなかに一件だけ、勇気をもらえる次のような主旨の書き込みを見つけた。

「うちのコは15歳で全身麻酔をして大手術をしましたが、今は元気です。手術をして良かったと思っています。『高齢だから』と決めつけず、そのコの状態を見て、獣医師さんと十分に相談して決めた方がよいです」


清水の舞台から飛び降りた

 書き込みに背を押され、それまでのあらゆる検査結果をもう一度見て、担当獣医師と時間をかけて相談すると、担当獣医師はこう言った。

「若くても全身麻酔のリスクはあります。高齢犬だとリスクが高くなるのは事実です。でも“今の”ケフィちゃんならどうにか乗り切れるのではないかと思います」 

「“今の”ケフィちゃんなら」・・・その言葉が心を決めた。

 つまりそれは、もう少し経ったら、全身麻酔は難しいということだ。「今、やらなかったら、もうできないかもしれない」ということではないか。
 それに担当医は救命救急に携わってきた獣医師だ。もしうんとリスクが高いなら、止めるはずである。
 
 私は清水の舞台から飛び降りる気持ちで、同意書にサインをした。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード