ホームにもどる

もしかしてでんすけ?

 タリがいなくなって1月が過ぎた。
 
 あれから、「2週間前まではタリはここにいたのに」「もういちど1月前のあのときに戻ることができるなら」「どこかで運命を変えることはできなかったのだろうか」

 ・・・いろんなことを考えている。だってどうしても、どんなに考えても、タリが死ななければならなかった理由が見つからないのだ。

 だからなのか。「何くわぬ顔でひょっこりと帰ってくるのではないか」と思わずにいられない。あの、まるで詩吟を歌っているかのようなバイブレーションが効いた、ちょっと情けない、息継ぎの長い鳴き声を響かせながら、茂みの向こうからにょっと顔を出すのではないかと思ってしまう。

新顔の猫がのぞいていた

一番最初のタリとの出会い そんなことを考えていたら、また新顔の猫が家をのぞきにきたという。私は会えなかったので写真を撮ることをはできなかったが、家人によると「茶色い小ぶりの猫で、最初にタリが来たときとまったく同じ様子(写真)で中をうかがっていた」とのこと。

 タリがやってきたのは、でんすけが亡くなって1月後だった。まるで我が家をのぞくように家の中をうかがっていたし、最初からケフィのことをまったく怖がらなかったので「もしかしてでんが毛皮を着替えてやってきたのでは?!」と思った。

クリックで拡大

ケフィが亡くなって1月後に現れた猫 ケフィが亡くなって1月ほどが経ったときにも、見慣れないコが家をのぞきにきた(写真)。だから「きっとケフィまでいなくなってしまったから、でんが心配して様子を見にきたんだ」と思った。


淡い期待

 そして今回は・・・。もしかしたら、タリは本当に虹の橋へと旅立ってしまったのかもしれない。そこででんすけと会い、心配したでんすけが、毛皮を着替えてやって来たのかもしれない。

「まったくタリったら、車にぶつかるなんておっちょこちょいなんだから」
「護符(タリス)なんだから、ずっと家にいて人間達を守ってくれないと困るじゃない」

 なんてぶつぶつ言いながら。今頃は虹の橋のたもとに戻って、ケフィやりゅうやアサリンたちと「今度はどうする?」と会議を開いているのかもしれない。話がついたら、まただれかが会いに来てくれるかもしれない。
 そんな淡い期待を持ちながら、日々を暮らしている。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

命の意味(1)

最初からケフィをまったく怖がらず近寄ってきたタリ「あらゆる命にはすべて意味がある」と、信じている。たとえ邪魔者扱いされている野良さんでも、捨てられた犬や猫でも、どんな命も無駄なものなどなく、その命が周囲を幸せにする可能性を持っていると確信している。

 一度は「不要」とされた命が多くの人を救っていたことは、ミーちゃんの本で紹介した。でもそれは、ミーちゃんに限ったことではない。

 でんすけやタマやゆめやタリ・・・今まで私が拾って新しいお家へと旅立っていった猫たちのその後を見れば疑うところがない。どの子も、新しい家でほんとうに大切にされている。家族を慰め、家族の求心力になって輪をつくり、笑顔を増やし、みんなを幸せにしている。

 それは紛れもない事実である。

クリックで拡大

タリが生まれてきた意味は?

あぐらをかいたひざにはまるのが大好きだった
 だけどタリのことを思うと「タリにとって生まれてきた意味はどこにあったのだろう」と考え込まずにいられない。

 タリはもちろん、私たち家族にたくさんの笑顔や幸せをくれた。タリとの突然の別れはまだまだ苦しくて、思い出すと涙が止まらなくなってしまうけれど、だからと言って「出会わなければよかった」なんて思わないし、きっとタリもそう思ってくれていると思う。

 だけど、なんで辛い思いばっかりしてきた人生がようやく終わり、「これから幸せになれるよ!」というときに、事故になど遭わなければいけなかったのか。
 苦労と幸せのバランスが悪すぎやしないか。本当は人間が大好きだったのに(写真)、ろくに甘えることもできないまま、短い生涯を閉じることになるなんて。

まだ何もしてあげていない

 私はまだ何もタリにしてあげていない。同じ布団で寝たり、ブラッシングしたりもしてあげていない。病院の診察券だってまだつくってあげていない。

 ノミ取り薬を付けると「何かされた!」と走って家を飛び出し、経過して何時間も戻って来ないのが常だったタリ。ところが事故の前々日、ノミ取り薬をつけると慌てて外へと飛び出したものの、5分としないうちにデッキでくつろぎながら、声をかけてきた。

 その姿を見て「そろそろケージにも入れそう。病院の健康診断を予約しようかな」と考えたばかりだった。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

命の意味(2)

 ケフィやでんすけとの別れも辛かった。少しずつ、でも確実に弱っていく姿を見るのは忍びなかったし、後半は「今日何かが起こるのではないか」といつもおびえていた。病院に預けていることも多かったから、携帯電話が鳴るたびに心臓がばくばくした。

 遠くない未来、当たり前のように続いてきた毎日が終わり、「愛する者を失うのだ」と知りながら暮らすのは本当に怖かった。ふたりが天使になったときには、「これで人生が終わる」と思うほど悲しかった。

 でも、ケフィやでんには「できる限りのことをしてあげられた」という思いがあった。ふたりには「もう一度、生まれ変わってもここの家のコになるよ」と言ってもらえる自信があった。もちろん、もっとたくさんかわいがってあげたかったし、同じ時を過ごしたかった。それでもどこかに愛しきったというか、やりきったというか、ある意味の達成感のようなものがあった。

せめて天国で

デッキにちょくちょく現れ始めた頃のタリ。いつも家の中をの ぞいていた。 だけどタリには、「何もかもがこれからだった」という気持ちだ。

 タリが現れたとき、私の心は最愛の猫・でんすけを失った喪失感と食欲が落ちはじめたケフィへの心配でいっぱいだった。タリが来てすぐケフィが心臓の膜に水が貯まる心タンポナーデで生死の境をさまよい、奇跡的な回復を喜んだのもつかの間。リンパ種が発見された。ケフィの世話に没頭することで、でんを失った穴を埋めていた。

 そんななかでいったい私はどれだけタリと向き合ってあげただろう。「そのうち」「いつか」と先延ばしにしてはいなかっただろうか。「まだまだタリとの時間はたっぷりある」と甘く考えてはいなかったか。
 事故の前日に新しくした敷物に一晩しか眠れなかったタリ。冬場、家に入りたいのになかなか入れず、窓から顔だけのぞかせていたタリ。私が外に出ると嬉しそうにスリスリしてきたタリ。抱き上げてひざに乗せると目を細めていたタリ。これからうんと、かわいがられて、幸せに生きられるはずだったタリ。

クリックで拡大

人間が正座したときはひざの間にはまるのが好きだった。

 タリを荼毘に付すときには、私が着古したTシャツでくるんだ。実は抱っこが大好きで、甘えん坊だったタリが、「ずっと抱っこされている」と思えるように。せめて猫たちの天国で「幸せだなぁ」と思ってもらえるよう。

ずっと考えていること
 
 タリはなんのために生まれ、どうして私と出会ったのだろう。私に何を教えようとしてこんなにも生き急いでしまったのだろう。タリが私の人生に与えてくれた意味は何だったのか。
 タリを失ってから、ずっと考えている。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード