FC2ブログ
ホームにもどる

キチの基地に?

お気にいりの専用座布団で休憩中のキチ ここのところ、キチが毎日のように顔を出すようになった。

 家の中に入ってゴハンを食べることが増えてきたし、天気が良くて人が在宅の日にはけっこうな時間を家のデッキで過ごしている。

 まだすっかり心を許してくれたわけではないので、人がデッキに出ていくとさっと逃げてしまい、なかなか写真には収められない。
 が、よく日向ぼっこをしている場所に専用の座布団を敷いてあげたら、気にいったのかそのうえで毛繕いしたり、まどろんだりしている(写真)。

 お外で暮らすコにとって、「ここにいていいよ」と受け入れてもらえるのは、やっぱり嬉しいことなのだろう。

クリックで拡大

玄関の奥まで入ってきた

「え? だれ??」と鏡に写った自分を見る それでも距離は縮まってきていて、昨日は私が帰宅するとどこかからお迎えに出て来てくれた。そして私が玄関にいると、その間ずーっと、私の足や玄関ドアにスリスリしながらポーチと玄関を行ったり来たり・・・。

 先日は、玄関の奥まで入ってきて鏡に写る自分の姿を不思議そうに眺めていた(写真)。
 
 もしかして我が家が、キチの基地になりはじめた?!


問題はタマとの関係
 
「次の冬には、家のデッキで暮らせるようになるんじゃない?」とか思っているが、問題はタマとの関係だ。

 外にいるときは仲よさそうにしているのに、家に入ってこられるのは嫌なようで、キチが入ってくると追いかけたり威嚇したりして、追い出そうとする。自分のテリトリーが奪われると思っているのか。

 どうにかタマとうまくやっていける方法はないものか。ただいま思案中。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

本格的なキチの基地に?!

カイロを貼った段ボールハウスがお気に入りのキチ キチがほぼ毎日のように現れるようになった3月初旬。天気予報は「かなりの雨」を告げ、寒の戻りも厳しかったので、「座布団だけでは寒いだろう」と思い切って箱を置いてみた。

 当面の寒さと雨をしのげるようにとプチプチロールでつつんで段ボールの屋根を乗せ、お気に入りの座布団を敷いてから使い捨てカイロを貼っただけの段ボールハウスだ。

 以前、タリが使っていた「ぬくぬくハウス」のようにきちんとしたものではなく、あくまでも簡易なものであったが、キチは気にいったらしくすぐに中に入った(写真)。

クリックで拡大

少しずつ人を信用しはじめた?

ブーツを虫干し中にやってきて足に 乗った まだまだ人間が怖いようで(正確には人間の手が怖い???)、手招きすると「シャーッ」と威嚇する。ゴハンを足してあげようと人間が手を伸ばすと、耳を伏せて、ひっかいてきたりする。

 足下にはスリスリするのに、私がかがむと一定の距離を取る。人間の手が届く範囲には入らないよう、まだまだ警戒しているようだ。

 そんなキチではあるが、少しずつ「こいつは信用しても良さそうかな」と思ってくれているような側面もある。この日も、私が箱を持ち出してハウスを作成しはじめると、一瞬、「何がはじまるの?」とびっくりした顔で後ずさったが、遠くまで逃げることもなく、ことの成り行きを見守っていた。

 そして完成するやいやな、箱の周囲の匂いを嗅ぎ、中をのぞき、「こりゃ、よさそう」とばかりに中に入ってゴロゴロとのどを鳴らしながら毛づくろいを始めた。


ハウスがお気に入り

 数日、寒さが続いたせいもあるあろうが、この段ボールハウスを設置してからはキチがデッキで過ごす時間が一段と増えた。
 もしかしたら夜もこのハウスで眠っているのか、朝、窓を開けるとハウスから尻尾が見えていたりする。

 私が声をかけると逃げることもなくハウスから出て来て、「ゴハンちょうだい」と甘えたりするようにもなった。

 どうかこのまま我が家がキチの基地となりますように!
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

基地になるのは遠いのか?

 我が家がキチの基地になれるかどうかは「タマとの関係が問題」と書いたが、それ以外にも忘れていた大きな問題があった。

 公園に現れる、他の猫との攻防である。

ハウスの取り合い

朝日を浴びて公園でデート 先週あたまにはすっかり我が家のデッキに住み始めたかに見えたキチが、週の半ば以降姿を見せなくなった。どうも他の猫がやってきて、闘いに負けたらしい。

 家人が何気なくキチのハウスをのぞいたら、「違う猫がすごい勢いで飛び出してきて、公園の向こうへ走り去った」という。その猫も怖かったのか、以来、戻っては来ていないようだが、キチも戻って来なくなってしまった。

 3月に入って寒さがぶり返す日があるので、簡易でもそれなりに暖かい段ボールハウスは猫たちにとって憧れなのだろう。

クリックで拡大

猫の世界は一筋縄でいかない

ロミオとジュリエットふうのふたり おととい、私の留守中にキチが数日ぶりにゴハンを食べに来たが、すぐにどこかに行ってしまったという。久々に出会えたのが嬉しかったのか、タマは嬉しそうにキチの顔をつついたり、後ろに回って匂いをかいでいたりしたそうだ。

 やっぱりタマはキチのことが好きなのだろう。他の猫であんなにタマから近づいていくということは無い。
「それだったら家に入れてあげればいいのに」と思う。そうしたらキチはデッキに住む必要が無く、他の猫に脅かされる心配も無くなる。

 それができないなら、でんすけのようにきちんと周囲をパトロールして、他の猫が侵入しないよう守ってあげればいいのに。

 ・・・なんて人間はあれこれ思うけれど、猫には猫の世界があって、一筋縄ではいかないのだろう。

 またキチが頻繁にやってきてくれるようになればいのだけれど。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

『通い猫アルフィーの奇跡』

お家の中でゴハンを食べるようになっていたのに
 もう5日も、キチがやってこない。
 久々にタマの散歩を兼ねて夜中に家の近所を回わりながら、「キチー!」と呼んでみたが、キチは姿を現さなかった。

 去年5月末、タリが交通事故に遭っていたとは知らず、同じように夜ごとタリを探して歩いた。
 そのことが頭にあったからなのか、キチがケガをして戻ってくる夢を見た。左前足にケガを負い、びっこを引きながらデッキの階段を上ってくる夢だった。
 
 タクシーに左前足をひかれ、ずっと曲がったままだったミーちゃんの左前足とそっくりなかっこうをしていた。

「まさか、車にひかれたりしてないよね」

そんな不安がよぎる。

クリックで拡大

一冊の本

『迷い猫アルフィーの奇跡』 だいぶ暖かくなったし、もう雪が降るほどの寒さがぶり返すことも無さそうなので、外猫暮らしも真冬ほどには厳しくは無いだろう。だけど車や強い猫やいじわるな人間など、外には危険がいっぱいだ。ゴハンを探すのも、きれいな水を飲むのも一苦労だろう。

 どこかかわいがってくれるお家が見つかったならいいのだが・・・と心配していたら、知人が『通い猫アルフィーの奇跡』(レイチェル・ウェルズ著/ハーパーBOOKS)という本を貸してくれた。


「通い猫」が幸せをもたらす
 
 本書の主人公猫・アルフィーはグレーの毛色の男のコ。優しい老婦人を飼い主に持ち、幸せに暮らしていたが老婦人が亡くなったことで、新しい飼い主を求めて旅に出る。

 旅の途中、寒さや飢えをしのぎ、怖い犬や猫や人間におびえながらも、知恵やたくましさを身に付けていき、やがて「ひとりの飼い主を持つのではなく複数の家を行き来することでリスクヘッジをする」という通い猫という生き方を知り、自分もまた通い猫になることを決意。

 そうしてたどり着いたある住宅街で、アルフィーは4軒を「通い先」に選ぶ。ところがこの4軒の住人が、そろいもそろって問題を抱えており、アルフィーは命をかけてその問題解決に挑み、4軒の住人たちに幸せをもたらしていく・・・というストーリーだ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード