FC2ブログ
ホームにもどる

デニクロ

窓から外をのぞくデニ なかなか懐いてはくれない2匹なのだが、名前はすでに決まっている。

 我が家では、三毛の方を「でん似の子」から転じて、いつしか「でん似」と呼ぶようになり、家人とメール等でやりとりするときには「デンニが・・・」と書くようになっていた。

 ある程度、呼び名として定着してしまったデンニ。もう一回、名前を考え直すにしても「やっぱりデンニ以外はあり得ない」ということになり、でんすけに似た“なんちゃって三毛”の子はデンニと命名された。
 ここまではすんなりいった。

クリックで拡大

デンニの姉妹は?

 ではデンニとペアの姉妹はどうするか?
 これがけっこうもめた。

 家人は「ここまで黒い猫はあまり見ないから、やっぱりクロでいいんじゃないか」と言い、たまたまやってきた客人も「うーん、クロ以外は考えられない風貌ですよね」とつぶやいた。

 しかし、私としては「クロ」という単純な名前は避けたかった。名前を付けるまでは、だいたい「三毛」とか「黒」とか「キジトラ」など、その子の毛色で呼び分けることが多い。
 だからこそ、せっかく家の子になったからには毛色とは違う、その子ならではの名前を付けたかったのだ。

名前を決定

 さんざん考えていたある日、ご飯をあげるためにケージを開け、「デニ、クロ、ご飯だよ」と声をかけた。

 なんだか妙にゴロがいい。某洋服ブランドのせいかもしれないが、「デニクロ」という響きはとってもしっくりくる気がした。

 そこで私が家人にこう提案した。
「デンニとクロニにしようか。それで普段は相性でデニ、クロと呼ぶのはどうだろう?」

 こうして我が家の愛猫「デニ」「クロ」は誕生した。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

ちょっと寂しいクリスマス

ゆめがお気に入りだったブラシと一緒に 去年の12月23日に、ゆめは天へと還っていった。
 今年は、ゆめのいない2回目のクリスマス、そしてケフィがいなくなって2回目の誕生日を迎えることになる。

 ケフィがいたときは、半身で用意していたローストチキンを今年は「骨つきもも」にサイズダウンした。きっとケフィがいなければ食べきれないから。ケフィはこの時期しか食べられないローストチキンが大好きだった。

クリックで拡大

2年前の今頃は

ちょうど2年くらい前のケフィ。カートでお散歩 2年前の今頃は、ケフィの病状の波に一喜一憂していた。

 昨日は食べてくれたフードを、今日はもう食べてくれない。つい数日前までは歩けていたのに、今日はもう立ち上がれない。病院でお腹に貯まった水を抜いてもらうと、一時は立ち上がれるようになるけれど数日で寝たきりになる。

 そうやってゆるやかに、できないことが増えて行き、病院に行っても「復活」している時間が短くなっていった。
 少しずつ、ケフィが弱っていくことは分かっているのに、もうどうすることもできないという恐怖感に怯えて暮らした日々。

 確実に弱っていくケフィを見ていたくなくて、もうそんな毎日を終わりにしたくて、苦しかった。だけどそれが終わる日は「ケフィを永遠に失う日」なんだと思うと、どこにも逃げ場がなくて窒息しそうだった。


いつになったら楽しいクリスマスが

 あれからもう2年が経つのに、街がクリスマス色に染まると、そのときの感覚を今もはっきりと思い出す。

 弱っていくケフィと一緒にいたときに感じた、締め付けられるような胸苦しさや、目の奥が熱くなる感じ。呼吸が速く、浅くなって頭のなかが真っ白になる感じがリアルに甦ってくる。

 あと何年経つと、かつてのような楽しいクリスマスを迎えることができるのだろうか。街を行き交う、華やぎ、はしゃぐ人々と同じような気持ちでクリスマスを過ごせるのだろうか。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ

私ができる小さなことを来年も続けていこう

2017年元旦のお散歩から戻ったケフィ ここ数年、クリスマスからお正月にかけては、いちだんと寂しい気持ちになる。でも、それもしょうがない。それだけの理由が私にはあるのだ。
 
 この時期は、ゆめの命日が過ぎて、ケフィの誕生日が終わり、1月4日はケフィの2回目の命日がくる。その間にも愛馬・アサクサの命日(1月1日)があり、ケフィの先住犬・りゅう(1月5日)の命日もある。

 よくもまぁ、これほど同時期にみんなお星様になったものだとは思うが、よく考えれば人間に時間ができる年末年始休みの間に、お空に旅立って行ってくれた孝行娘・息子たちに恵まれたとも言えるかもしれない。

クリックで拡大

デニ・クロとキチ

お腹を出して気絶したように眠るキチ 今年は、ひょんなことから保護猫活動をはじめることになり、片方の家では新しい家族デニ・クロを迎えた。

 デニ・クロの件で手一杯だったため報告ができなかったけれど、もう一方の家の通い猫・キチは、一匹狼猫との決闘(9月末)のすえ、2カ月以上、姿を現さなくなっていた。本格的な冬到来で、その身を案じていたところ、2週間ほど前から“ツチノコ”のように膨らんだ姿で再び通ってくるようになった。

 その立派なお腹周りを見る限り、どこかでゴハンはもらえているらしい。が、我が家の座布団で爆睡する姿を見ると、やっぱり外猫生活なのかなぁとも思う。


ミーちゃんの意思を継いで

 キチにとって、どうしてあげるのがいちばんいいのか。結局、今年も結論は出なかった。

 それでもまぁ、少なくともキチにとって我が家は居心地のいい安心できる基地になってはいるようだし、我が家もキチが現れると幸せを感じられる。キチは私たち家族にとって吉(幸福感)をもたらしてくれるかけがえのない存在になった。

 来年はデニ・クロの姉弟たちも保護する予定で、キチと一匹狼は実は犬猿の仲のよう。今後、我が家の猫模様はいったいどんな展開を見せるのか。予測不能ではあるが、とにかくみんなができるだけ幸せになれるかたちを探していこう。

 ミーちゃんの意思継いで、私ができる小さなことを来年も続けていけたらいいな、と思う。 
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード