FC2ブログ
ホームにもどる

デニの大脱走!

至近距離まで近づくようになっていたデニ デニとクロが安心して遊べるように、1年がかりで1階と2階のベランダをつないで被う巨大猫小屋を作成した。
 雨の日も遊べるよう、でも晴れた日にはひなたぼっこもできるよう、1階部分の屋根には透明のポリカーボネートの板を設置した。

 1階のベランダの床には人工芝を敷き、いつも使うわけではない椅子などは撤去して、駆け回れるスペースも広くした。

 猫にとっていちばん過ごしやすいようにと、考え抜いてつくった猫小屋が完成した日、デニが脱走した。

クリックで拡大

どこにもデニの姿が無い

お気に入りの寝床「雪うさぎ」から顔を出すデニ あいかわらず、家族以外の人がいると身を潜めてしまうデニ・クロ。

 その日は、猫小屋づくりのため、大工仕事を手伝う人が朝から来て、ドリルの音などが盛大に響いていた。ふたりにはかなりの恐怖だったはずだ。

 人間は勝手に「デニとクロのため」と思ってやっていたが、ふたりには通じるはずもない。
「完成だ!」と、歓声をあげてふたりを探すと、デニの姿はどこにもなかった。


野良に逆戻り

 材料を運び入れたり、作業のために人がひっきりなしに家の中と外を出入りしていた。その間に、不用意に開いていた玄関から逃げ出したのか、それとも猫小屋のどこかに不備があったのか・・・。

「そろそろ日付も替わる」と、捜索をあきらめようとした真夜中、我が家の門の上にちょこんと座っているデニがいた。まだ野良だったデニが、よくいた場所だ。

「デニ!」

 必死で声をかけたが、けげんそうにこちらを見ている。私が近づくと隣の家との間にあるブロック塀にサッと移り、身を隠してしまった。

 せっかく外の遊び場が完成したのに、ようやく少しだけ人に慣れてきたのに、野良に逆戻りだ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

デニの捕獲

外猫生活が長くなり汚れたデニ どうやらデニはもとの家族(つまり今回、去勢・避妊をした兄妹たち)のところに戻って生活しているようだ。
 コミケや黒ぶちなどと一緒に、外猫のゴハンを食べに来ている姿が何度か目撃されている。

クリックで拡大

デニも家に帰りたい?

 こちらが近づこうとすると一定の距離まで逃げてしまうが、玄関のドアを開けておくと家の中まで入ってきたりする。

 他の猫たちも家の中に入ってくることはあるが、人間が姿を見せるとさっといなくなる。しかしデニは、長い時間、庭先をうろうろしていたり、至近距離でこちらを見ていたりもする。

 もしかしたらデニも家に帰りたいのかもしれない。

デニはどこから脱走した?

 玄関先や家のなかに何回か捕獲器を設置したり、玄関、廊下と転々と猫缶を置いて家の中までおびきよせたりなど、工夫をしているがなかなかデニは捕まらない。

 一度は、廊下のかなり奥まで入ってきたので、紐で引っ張れるようにしていたドアを閉め、うまくリビングに追い込んだのだが・・・またどこかから出て行ってしまった。

 完成したはずの猫小屋のどこかに不備があるのか??? しかしクロは相変わらず脱走せず、猫小屋に出ては夜な夜な悲しげにデニを呼んでいる。そうなると、デニは猫小屋ではない場所から脱走したのだろうか。

「ふさふさ猫」を捕獲

捕獲器のなかでおとなしくしている「ふさふさ猫」 しかし、けがの功名もあった。
 
 デニを捕まえるために設置した捕獲器に、まだ手術をしていない猫(毛がふさふさしているので、我が家では「ふさふさ猫」と呼んでいる)が引っかかり、無事、動物病院に連れて行けた。ちなみに男の子だった。どうにか助成金期間が切れるぎりぎりのタイミングで捕まえられた。

 今のところ、デニを捕まえられるめどは立っていないが、近所にいて、家に通ってくれているのが幸いだ。どうにか捕まえる方法はないものか。日々、思案している。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ

外暮らしのデニ

玄関先まで来てご飯を食べるデニ 外で暮らすようになったデニは、多くの場合、夕方6時頃と夜中12時前くらいにご飯を食べに来る。
 そのくらいの時間に外に出て行くと、玄関先のどこかからデニがこちらを見ている。

 一度は、外のゴミ箱にゴミを捨て、顔を上げるとほぼ真ん前にデニの顔があり、驚いて「わっ」っと大声を上げて、デニをびっくりさせてしまった。

クリックで拡大

ドアの動きに敏感に

デニが食べ終わるのを待つグレーぶち そんな気安い感じはあるデニだが、玄関の中までは入ってこない。

 デニが出て行ってしまってからは、猫たちが自由に出入りできるように15センチくらいドアを開けておいているのだが、入ってくるのはコミケか黒ぶち、ときどきグレーぶち、というメンバーだ。

 デニもときどき隙間からのぞいているが、そこまでだ。たぶん家の奥まで入って来たときに紐で引けるようにしていた玄関ドアを勢いよく閉められたことが、かなり怖かったのだろう。

 玄関の前でご飯を食べているときも、風でドアがきしんだり、揺れたりしただけで、びくっとして後ずさる。


他の猫とは違う

 それでも、デニは他の猫とはやっぱり違う。

 門扉の前(道路側)にいたデニに声をかけたところ、門扉を超えて家の庭に入ってきた。塀に乗ったデニの目の前に、ご飯の入れ物を持って行くと私の手からもご飯を食べる。ご飯を食べているときに私が側で見守っていても、逃げたりはしない。

 一方、他の猫たちは、人間が姿を見せるやいなや、蜘蛛の子を散らしたように逃げて行く。人間がいる限りは、絶対にご飯に近づこうとしない。

「ここの人間は少なくとも危険じゃなかった」とデニが思ってくれていることを祈り、今日もデニを呼んでいる。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 思い出・ペットロスへにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード