ホームにもどる

猫受難の時代

 『迷子のミーちゃん』にも書いたが、今は猫にとって受難の時代だと思う。
 猫が街角で平和にまどろんでいたのは昔の話。現代は、うかうか外に出たら猫を嫌う人や、むしゃくしゃした気分の人の標的になってしまう。

 もちろんそこには、人間自身が平和にのんびり暮らせない社会全体の問題があると思う。だから猫を狙う人を一概には責められない。
 でも、そういう世の中の鬱積が、無抵抗の猫に向けられるのはやっぱり許せることではない。

「猫に銃弾!」

 そんなことを考えたのは、「猫に銃弾!」という報道を見たからだ。
 報道によると、銃弾は肋骨を砕き、胸骨と心臓の間で止まっていたという。石川県でのできごとだ。

 事件を聞いて、ミーちゃんが脇腹を切られたときのことを思いだした。

 あのときは「切られた」のか「切った」のか、判断が付かないと病院で言われ、そのままになってしまった。
 でも、やりようによっては動物虐待で警察に通報もできたのかもしれない。そうしたら、ミーちゃんは、今もまだ商店街で暮らせていただのだろうか。
 ミーちゃんがどこかで怖い目に遭っていませんように!!

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

いつも同じように願ってくださる方がいるだけで、まったく気持ちが違います。

本当にありがとうございます。

No title

猫に空気銃のニュースですよね。
怖ろしい出来事です。
人も動物も同じ命を持った生き物なのに・・・。

本当に猫にとっては受難の時代だと思います。
どうか人にも猫にも優しい人間が増えますように。
ミーちゃんを初め、全ての猫に優しい世の中になりますように。
そして、ミーちゃんがどこかで幸せにしていますように。
いつも同じコメントですが、心からそう願ってます。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード