ホームにもどる

気になる猫、その後(5)

脅えるタマ 出先からタマの世話を頼んできた友人にかけた電話に、すでにその兆候はあった。
 
「タマはいなかったけど、白と茶色の猫がウロウロしてたよ」

 と、友人は言ったのだ。

 それを聞いて

「やっぱり人がいないとおこぼれをもらいにくるんだなぁ」

 と思ったが、深くは考えなかった。


白茶猫の襲撃

 旅行から戻った日、家に入る前に裏の公園で愛犬を散歩させていると、わが家とは逆方向から「ミャー」「ミャー」と、聞き覚えのある声。しかも、切羽詰まった雰囲気だ。

「タマ?」と声をかけると茂みから姿を現し、何かを訴えるように大騒ぎしている。

 散歩を終えるとタマもデッキに入ってきた。でも、お皿が置いてある場所に近づこうとしない。いつも日向ぼっこしたり、昼寝したりしている物置の屋根(ちょうど人間の顔の高さくらい)に上り、「ここで食べるー」と主張している。

 物置の上にゴハンを置き、家の中で荷ほどきしていると外から「ウギャー!」と、猫の悲鳴。慌ててデッキに出るとタマのお皿に顔を突っ込んでいた白茶猫が慌てて逃げ去った。

「タマは?」と、キョロキョロすると、公園の木に登り、心細げにこっちを見ていた。

タマの「通い」

 その日から、タマの「通い」が始まった。
 人間がデッキにいるときには、多少、くつろいでいたりもするが、絶えず公園を見つめてビクビクしている(写真)。
 そして、人がいないとすぐにどこかに姿を隠し、お腹が空くとどこからともなくやってきて鳴いて知らせるのだ。

 その様子を白茶猫はどこかでじっと見ているようだ。タマの皿が空っぽになっていることが多くなった(最近のタマは、ゴハンを全部食べきることはない)。

 そしてどうやら、人間がいないときは白茶猫がデッキでくつろいでいるらしい。何度か私も目撃したし、タマはまったくハコに入らなくなった。いったいどこで眠っているのか、夜、人間が寝静まるとどこへともなく去って行く。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

本当に、外猫さんの世界は過酷ですよね。
みんな必死だから、むげにできないし。

No title

タマはこれからどうなっちゃうんでしょう?
白茶猫も生きていくのに必死で、
仕方の無いことなのかもしれませんが、
やっぱりタマが心配ですね・・・。

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード