ホームにもどる

今、明かされるでんすけの過去(3)

おしりの模様がでんにそっくりな「白茶猫」
 安心して休む場も、守ってくれる人間もいない野良の世界は本当に厳しい。先週の地震の後、数ヶ月ぶりに、おしりの模様がでんにそっくりな「白茶猫」(写真は秋に撮影したもの)を見かけた。

 私が犬の散歩をしていたせいだったのかもしれないが、ベンチの下に頭を突っ込ん小さく固まる姿は、とても心細げだった。少し痩せたようにも見えた。その心細げな姿が、わが家にやってきたばかりのでんすけと重なった。

クリックで拡大

でんすけとの出会い

 でんすけがやってきたのは、もう12年も前。前に暮らしていた犬が亡くなって、やたらに庭を通過する猫が増え、その中にひときわやせっぽちの猫がいたのだ。
 暗闇にたたずんでいると、全身が白に見え、口の周りの茶色の模様が泥棒柄に見えたことから、喜劇俳優・大宮デン助にちなんだ名前を付けた。
 それがでんすけとの出会いだった。

 ゴハンをあげても、いつも他の野良ちゃんに食べられてしまい、大きな体の猫に追いかけ回されていたでんすけ。それが不憫で、ついついひいきにしたのが、つきあいの始まりだった。

 最初の頃は、ゴハンをあげようと窓を開けるとサッと逃げて行き、私の姿が見えなくなるとやってきて一心不乱にゴハンを食べていた。少しずつ近寄って来るようになったものの、触らせてくれるようになるまで数ヶ月はかかったと思う。
 毎夜、私の顔におしりを乗っけて熟睡している今のでんすけからは想像もできないことだ。

被災地の動物たちは?
 
 そうやって安心できる場を得られるコは、野良ちゃんたちのうちどのくらいいるのだろう。
 続いている余震、そして原発からの放射能汚染。ミーちゃんの安否も気になるが、被災地の動物たちはどうしているのかが、とても気になっている。
 家族と一緒に逃げられているコはどのくらいいるのだろうか。
 
 野良ちゃんたちも心配。人間でさえ、支援の手が届きづらい今、動物の状況はさらに大変なことだろう。きっと心細い思いをしているに違いない。

 いつか尋ねてみたいと思っていた宮城県石巻市の田代島(通称・猫島)はどうなっているだろう。「人間の数より多い」といわれていた猫たちは、どのくらい助かったのか。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

田代島のことは私も気になっていました。
何とか無事でいてくれているとの情報もあるようなので、
どうかこの情報が本当であれば・・・と願います。

被災地の動物たちも、心配ですよね。
どうか一匹でも多くの動物が無事でいますように。
大好きな家族と一緒に過ごせていますように。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード