ホームにもどる

被災地の動物たちは?(2)

 前回のブログにコメントをつけてくださった方々ありがとうございます。
 私も新聞や動画で見た犬たちがどうなっているのか、とても気になっています。無事保護されるといいのですが・・・。

どうか義援金を有効に使って欲しい

 ネットでいろいろ見て見ると、エンジェルズの活動には、賛否両論というかいろいろとあるようす。ただ、今のこの状態の中でも現地に入って保護活動をしているということは、「お元気主婦」さんの書き込みからもわかる。
 それならやっぱり、私も「お元気主婦」さん同様、拍手とエールを送りたい。

「お元気主婦」さんの息子さんのように、実際に動くことはできないけれど、わずかばかりの義援金とペットフードをエンジェルズに送った。

「どうか有効に使ってもらえますように」と願いながら。

立ち入り禁止区域の動物たちの安否は
 
 エンジェルズのホームページには、保護された犬なども載っている。その事実を知るだけでもだいぶ救われる。

 が、今、一番気になっているのは福島原発から20キロ圏内にいる動物たちである。『東京新聞』には、20キロ圏内に自宅のある方が「犬を放してきた」と語る記事が載っていたが、そうしたケースはきっとたくさんあるはずだ。
 ほとんど姿が見えないが、猫たちもどこかでひっそりと息を潜め、恐怖に震えているに違いない。

 ご存じのように20キロ圏内は立ち入り禁止区域。エンジェルズの方達も、近づけないでいる。そして、エンジェルズへの問い合わせがいちばん多いのも、この区域内にペットをおいてきた避難者の方々だと言う。

 おいていかれた動物たちはもちろん大変だが、置いて行かざるを得なかった飼い主の方達の気持ちはどれほどのものだったかと思う。

 地震と津波はともかく、原発は人為的な災害そのもの。原発事故がなければ、震災後の動きはだいぶ違っていたはず。
 原発事故など絶対にあってはならないことだし、危機管理もちゃんとしないまま、こんなものを平気でつくって来たのは犯罪的としか言いようがない。
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード