ホームにもどる

命の重さ(1)

 3月末、米カリフォルニアの犬の保護施設で保護された世界最小と思われる子犬のニュースを見た。

 生まれたときの体重はわずか28グラム!で、なんとティースプーンに納まるサイズ。
 施設側は「世界最小の犬」としてギネスブックへの登録を申請したそうだ。犬はビヨンセと名付けられた。

 ビヨンセは四匹の兄弟犬と共に捨てられて保護された母犬から3月8日に生まれた。今ではスマートフォンほどの大きさに成長し、同施設には「引き取りたい」という何百もの申し出が寄せられているという(生まれたときはスプーンの大きさ 世界一小さな犬を公開)。

軽い命から重い命へ?

 ほのぼのとしたニュースだが、テレビのニュースの中でインタビューに応じていた施設スタッフが「ビヨンセやビヨンセの母のような犬は殺処分されるのが通常。そういう犬がたくさんいることを忘れないで欲しい」的なコメントをしていたのが印象に残った。

 生まれたときは、世界一軽い? 命だったビヨンセが、ニュースになり、「ギネスに載るかも?」となったとたん、貴重な(重い)命になった。
 もちろん、ビヨンセがかわいがられて幸せに生きていけるのはとっても嬉しいことなのだが、どうしても複雑な心境になってしまう。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
すべての命は同じ価値なはずですよね。
それなのに捨てられるコがいる一方、引っ張りだこのコもいる。
ビヨンセの飼い主に名乗りを上げた100人以上の人が、飼い主を待っているコにアクセスしたら、100匹以上のコが救われるのに・・・と、やっぱり思ってしまいます。

No title

なんとなくお気持ちわかります・・・。
もちろん、ビヨンセが幸せになれることは
とっても嬉しいのですが、
命に重いも軽いも無いのに、
ニュースになった途端に。。。ということに、
どうにも複雑な思いがしてしまいます。
そのおかげで幸せをつかんだビヨンセなので、
一概には言えないのですが。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード