ホームにもどる

猫に気やすく名前をつけてはいけない

木の上のたま クロがいなくなって1月以上が過ぎた。
 美容室の周辺でクロが話題になることはだいぶ減った。
 それでも「いったいどこに行っちゃったんだろうねぇ」と、みんな気にしている。

クリックで拡大

『のりたまと煙突』

「猫に気やすく名前をつけてはいけない」

 その教訓を教えてくれたのは、写真家で作家の星野博美さんだった。
 星野さんは、『のりたまと煙突』(文藝春秋)で、新居に勝手に侵入してくる野良猫のうち、白い猫を「しろねこ」、野良猫を「のらねこ」と一般名詞で呼び続けたという“抵抗”について次のように書いている。

「名前を付けるとしたら、白猫は『しろ』、野良猫は『のら』になるだろうことはわかっていた。が、私はかたくなに彼らを一般名詞で呼び続けた。猫に取り込まれたくないという必死の抵抗をしていたのだ」(16ページ)

たとえ単純な名前でも

 確かにその通り!
 この本を読んで以来、私はどこかで偶然遭遇した猫に名前をつけるのを止めた。いったん名前を付けてしまったら、そのコは“特別なコ”になってしまう。それは本を読む前から経験上知ってはいた。
 
「みぃみぃ」と鳴く子猫だから「みぃちゃん」。三毛猫だから「ミケ」。そんな単純な名前であっても、一度名をつけてしまうと愛着は倍増し、心配する気持ちはさらにふくらむ。

 だからミーちゃんのブログで、どうしても個体識別が必要な場合は「白茶猫」とか「泥棒柄のコ」など、名前にはならないよう工夫した。

クロも“特別なコ”に

 今回のクロは、私が名前を付けたわけではなかった。美容室周辺で、だれが付けたのかいつの間にかクロは「クロ」と呼ばれ、周知の事実になった。すでに事実になってしまっていたので、私も抵抗できず、彼女を「クロ」と呼ぶようになった。
「やばいなぁ」とは思いながら。

 今後、「クロ」という名(言葉?)に遭遇するたびに、私はシャンプー用の椅子が大好きで、おにぎりをくわえて走り回る食いしん坊なクロを思い浮かべずにはいられないだろう。
 わが家のタマ(写真)の散歩をしながら、星空を見上げるたびに、ミーちゃんと同じようにクロへも思いを馳せずにはいられないだろう。

 猫に気やすく名前をつけてはいけないのだ。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード