ホームにもどる

改正動物愛護法で何が変わる?(2)

子犬 そうした中、今年9月に改正動物愛護法が公布された。
 
 大きく変わった点をいくつか上げると

1)インターネット販売の際にも対面での説明を義務づけた
2)幼い犬猫の健康・安全を守り、犬猫を販売する業者に終生面倒をみることを義務づけた
3)生後8週間(56日)を過ぎていない犬猫の販売の禁止(ただし当面は生後45日)
 ことだろう。

クリックで拡大

繁殖の規制の方が有効では?

 もちろん、今までの法律よりはいい。でも、やっぱり「終生面倒をみる」ことを義務づけるよりは、「繁殖の規制」の方が有効な気がする。

 終生面倒をみたり、犬猫の健康や安全を守ったりという規制では、「邪魔だから捨ててしまおう」と考える心ない業者を増やすことにもなりかねない。

心ない業者による事件

 実際、つい最近、私の知人が10匹のレトリバー系の子犬を拾った。獣医師に診せたところ「先天的な障害を持った子が多いので、売れないと思った業者が捨てたのかもしれない」と言われたという。

 また、11月末には、北九州市で小型ダックスフントが公園や路上に相次いで捨てられていたという事件もあった(【福岡】ダックスフント、遺棄相次ぐ…3カ所で27匹 北九州)。

「改正動物愛護法で規制が強化されたせい」とまでは言わないが、繁殖そのものを規制し無い限り、こうした事件は減らないと思う。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード