ホームにもどる

被災地からの報告(1)

121214.jpg 早いものでもう12月半ばになった。今年も残すところ数えるほどしかない。
 秋から冬にかけてはクリスマスだ! 大晦日だ! お正月の準備だ! と浮かれごとが多いが、私にとっては悲しみの多い季節。

 先週の日曜日12月9日(イーニクノヒ)は、『ぽちタマ ペットの旅』の初代旅犬・まさおくんの命日で、11月29日(イイニクノヒ)は二代目旅犬・だいすけくんの命日だった(いずれも食いしん坊の彼ららしい命日! 一度覚えたら絶対に忘れられない)。

 そして10月末はミーちゃんがいなくなった時期でもある。不思議なことに、ケフィ(写真)より以前に人生を共にしていた生き物たちも、なぜかみんなこの時期に亡くなっている。

クリックで拡大

昨年は一段と悲しい年末

 昨年は東日本大震災があり、亡くなったり、被災地に取り残された動物たちのことが気になる一段と悲しい年末だった。
 もちろん、今も状況は変わっておらず、とくに放射線に汚染された地域でどうにか生き延びている動物たちのことを思うと、いつも居ても立ってもいられなくなる。

 拠り所にしていたオーナーさんを突然失った動物たちの気持ちは察するにあまりある。

動物も人間と一緒

 先日、あるニュースで「麻布大学獣医学部が被災地から譲り受けた犬のホルモン分泌と行動を科学的に解析したところ、被災地以外の犬と比べて、ストレスホルモンであるコルチゾール値が5~10倍高く、学習能力と愛着行動の低下が認められ、過度のストレスを経験していたことが明らかになった」ことも報道されていた(被災地の犬、強いストレスを受けていたことが明らかに)。

動物も人間とまったく一緒だ。安心できる環境や関係性を奪われ、ストレスが高まると心身に多くのマイナスの影響が出るのだ。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード