ホームにもどる

老いた動物と暮らすということ(1)

でんすけ 現在、でんすけ(写真)は甲状腺機能亢進症の投薬中だ。

 昨年秋、季節の変わり目になると恒例のいわゆる猫風邪がぶり返したので病院に連れて行ったところ、「心雑音がする」と言われ、検査をし、発見された。

 幸いにも早い発見だったので、約1月ほどわずかな量の薬を飲んだだけで、甲状腺の値は平常値に戻った。
 最初の2週間ほどは、口を開けて薬を押し込んでいた(正しい猫の薬の飲ませ方)。そうしたら、一日中どこかに隠れ、人に近寄って来なくなってしまった。

 これからは生涯、薬を飲み続けねばならないというのに、そんな状況ではかわいそうだと思い、薬を好物の缶詰や刺身などに混ぜ込んであげることにした。今のところそれでどうにか飲んでくれているが、好物に飽きて口にしなくなってしまうことが心配だ。

クリックで拡大

根本原因の特定は難しい

 こんなに苦労して飲ませている薬なのだが、実は心雑音の原因がほんとうに甲状腺機能亢進症なのかは分からない。

 血液検査だのエコー検査だのいろいろやったところ、①甲状腺の値が高い、②血圧が高い、③心臓の弁膜の一部が厚くなり血流の流れが不規則になっている、ということは分かったが、根本原因を特定するのは至難の業だそう。

 言えるのは、「甲状腺機能亢進症があると血圧が高くなったり、心臓に異常が見られることがあり、甲状腺の値が落ち着くと血圧や心臓の状態が落ち着く例もある」ということらしい。

 だからとりあえず「大元の原因と考えやすい甲状腺の治療をし、それで血圧や心臓に変化が見られなかったら、他の原因を考えていく」ことになったのだ。

だから介護も視野に

 ちなみに10歳を過ぎると甲状腺機能亢進症になる猫はめずらしくないらしい。

 前々回のブログで「そろそろでんすけの介護も視野に入れなければならなくなってきた」と書いたのには、こうしたことも理由だった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード