ホームにもどる

台風後遺症からの脱却?

 まだうまく飛べないヒナ鳥が親からはぐれてしまったら、生存できる確率はかなり低い。
 野生の世界は厳しい。そして鳥たちはとてもか弱い。

・・・なーんて、くだんの台風の後から、ずっと思っていたが、「案外そうでもないのかも」と思えるような出来事があった。

街路樹を追われる鳥たち

鳥 先週のこと。昨年、10月に目撃したのとまったく同じ光景を見た。都心の郊外のとある駅前で、鳥の危機感をあおる声をスピーカーで流し、街路樹で休もうとする鳥たちを追い払っていたのだ。

 3~4人の男性が二台のスピーカーを抱え、大音量で鳥の声(おそらく鳥が危機を察知したときに出す声)を流し、街路樹に向けて発していた。

 頭上には、昨年同様、冷静さも方向性も見失って、飛び回る鳥たちの姿。鳥の群れはギャーギャーとただならぬ声を発していた。

クリックで拡大
頼もしい鳥たち

 もちろん鳥たちを脅して、故意に追い払おうとする人間の姿はかなり不愉快だったし、「自然を奪われ、行き場を無くした鳥たちに、いったいどこで休めというのか?」と思うと、人間の傲慢さに腹も立った。

 でも何度追い払われても、同じ街路樹に戻って来て、またそこに巣をつくり、生き延びようとする鳥たちの姿を見ていたら、なんだか頼もしく思えた。

生命力と表裏一体

 追い払っても、追い払っても、しばらくするとまた戻って来る鳥たち。その様子から、開発が進んで居場所を失っても「ちゃっかり、ちゃんと生きている」という何とも言えないしぶとさを感じた。

 ほんのちょっとしたことで消えてしまうような小さな命。そんなはかない命は、どんなに厳しい環境の中でも、どんなに邪険にされても、そこで根を張って生きていこうという生命力と表裏一体でもある。

「きっとクロもミーちゃんもどっかで元気にしてるに違いない!」・・・そんな安堵感をで嬉しくなってしまったのだった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード