ホームにもどる

富士山の迷い犬、富士男から考える(4)

 暖かい寝床や食べ物、守ってくれる人間を一度に失ってしまったシェルティ。
 人間に裏切られ、捨てられて、餓えと孤独と闘っているシェルティ。
 それでも飼い主を信じ、待っているシェルティ。
 車が止まるたびに「もしかして!」と一縷の望みにかけて飛び出して来るシェルティ。
 そのたびに「違ったんだ」と失望し、ガッカリするシェルティ。

 いったいどんな気持ちでいることだろう。それでも飼い主を慕い続けているなんて、なんて哀れなんだろう。・・・そんなことを考えると、胸がギューッと苦しくなった。

 頭の中では「放ってはおけない」という考えと「いや、犬嫌いのケフィが一緒に暮らせるわけがない」という考えが交互に浮かび、目はどんどん冴える一方だった。

実はその前の年も・・・

子猫 そして、しばらく思い出していなかったその前年の出来事を思い出した。やはり夏休みに、この島に来たときに出会った三匹の子猫と遭ったことだ。

 それはフェリーでしか行けない隣の島まで足を延ばしたときのこと。食事を終え、帰る途中で、車の前を黒い小さなものが横切った。

 ビックリして車を止めると、まだ生まれて1~2ヶ月程度の子猫がつぶらな瞳でじっとこっちを見ていた。

クリックで拡大

このときもグルグル

 その周辺には民家が無く、道のすぐ横は熱帯のジャングルになっていた。とうてい子猫が散歩に来られるような場所ではない。

 さらに周囲を見回すと、道路脇にはサバトラっぽいコとミケっぽいコも座っていて、やはりつぶらな瞳でじっとこっちを見ていた。

「もしや捨て猫?!」

 このときも、頭の中がグルグルした。

「こんなところに子猫がいたら、すぐに野生の獣に食べられてしまうのではないか」「かといって旅行中に三匹もの猫をどうやって保護するんだ」「連れ帰って飼うことなんてできるんだろうか」
 
 車を降り、近づいていけば、三匹はきっとすぐに近寄ってきただろう。でも私には車を降りることができなかった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード