ホームにもどる

やっぱり11月は別れの季節(1)

ゆめ ややこしいので詳細は、はしょらせていただくが、私はここ数年、二つの家を行き来している。具体的に言うと、でんすけやタマが暮らしている家ともうひとつの家を行ったり来たりして暮らしているのだ。

 そして、でんすけとタマがいるのとは違う家にも二匹の猫がいる。名前を「ゆめ(男のコ)」(写真)と「バター(女のコ)」と言う。

 ゆめはおそらく、でんすけより1~2歳年下の15歳くらい。バターはさらに若くて12~13歳くらい。

 老犬・老猫が多い我が家の猫たちのなかでは、バターは断然、若い方。そんな、まだまだ年若い、ついこの前までぴょんぴょん飛び回っていたバターが、11月10日(日)午前11時過ぎ、お星様になった。

クリックで拡大

晴天の霹靂

 最年長のでんすけは、足腰も弱ってきたし、歯も抜けた。甲状腺機能亢進症になったし、そこから来る心臓の異常も発見された(今は薬で落ち着いているが)。さらに腎臓の値も異常値へとじわじわと近づいている。

 まもなく13歳になるケフィも、最近は体力の衰えを隠せない。大型犬なので、人間に換算するとでんすけよりも高齢の可能性だってある。
 少しずつ寝ていることが増え、毛が白くなって、目も衰えてきた気がするし、皮膚炎など肌の疾患にかかることが多くなった。

 こうした衰えはもちろん、悲しいし、ない方がいいことなのだけども、「年を重ねたのだから仕方がない」と思える部分もあった。ある意味、近づいてくる別れの準備を少しずつさせられている感もあった。

 でも、バターは違う。またまだ体力も筋力も衰えてなどいなかったし、とくに具合が悪そうにも見えなかった。

 だから、バターが動けなくなった朝、病院へ連れて行って「末期がん」と告げられても、にわかには信じられなかった。

「何かの間違いだよね」

 そうつぶやくしかなかった。まさに晴天の霹靂だったのだ。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

みーちゃんさん、いつも温かいお言葉をありがとうございます。
今は特に、その優しさが身にしみます。

No title

バターちゃん、そうですか・・・。
とても残念で、寂しいですね。
急にそんなこと言われても、信じられないですよね。

うちの子も3年ほど前になりますが、
発作を起こして4日後にお星様になりました。
その日の朝もいつも通りゴハン食べてたのに・・・
急過ぎて、心がついていけませんでした。

バターちゃん、とってもとっても残念だけど、
どうかバターちゃんの魂が安らかでありますように。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード