ホームにもどる

南の島の猫家族(5)

全員集合でポーズ 話を「猫家族」に戻そう。

 そんなこんなで1週間が過ぎるころには、猫家族は私たち家族を「共同生活者」として認めるようになった。

 毎朝、部屋のベッドがのぞける窓の前にみんなで並び、人間が起き上がるのを「今か」「今か」と待つようになった。そして起き上がると、急いで玄関にまわり、今度はドアが開くのを「今か」「今か」と待っていた。

 出かける準備をしていて車のドアを開けっ放しにしていると、猫達は家族総出で車の中に入り込み、「いったいどこに行くんだ?」と中を探検。
 出先から戻ってくると、車のところまで走ってお出迎え。またまた車に乗り込んで、今度は「いったいどこに行ってきたんだ?」と家族そろって荷物チェック。もちろん、先頭に立っているのはいつも父親猫だ。


クリックで拡大

ケフィとの共生も

帰って来たぞ 猫たちが天敵のように警戒していたケフィのことも、受け入れたとまでは言わないけれど「実害はほとんどない」と考え、共生の道を取るようになった。
 
 ケフィが庭に出ても、「あ、でかけるの?」くらいの顔で庭でごろん。少し首を持ち上げて、ねむたそうな視線を向けただけで、またすぐに夢の中に戻っていく。
 雨が降ったときには、ケフィが玄関から出入りしても、玄関横に立てかけたすのこの中で平気で並んで雨宿り。

 父猫だけでなく、子猫たちまで、ケフィがいるのを承知で部屋の中に入ろうとするようになった。

 まぁ、もともとケフィが猫に慣れているうえ、間違っても「猫狩り」などできる犬ではないということも大いに貢献しているのだろうけれど・・・。


一緒の「暮らし」が普通に

 猫たちは日に日に、自由になっていった。私たちとの距離も縮まり、生活のリズムもバランスも整っていった。そして、人間の方も、6匹の猫たちとの「暮らし」が普通になっていった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ミーちゃん

そうなんです。
こんなにまとまりのいい猫の家族も珍しいですよね。
やっぱり父親猫の力が大きいように思いました。

No title

いい感じの距離感になってきてますね。
お互いの存在を認めつつ、
自分たちの生活リズムで過ごせているのが、とてもいい感じです。

こんな風に側にいるのが普通になってくると、
お別れするのが寂しくなりますね。
逆に考えると、次に会えるまでの楽しみが出来たとも言えますが・・・。

父親猫を中心に、よくまとまっている家族だと思います。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード