ホームにもどる

完成試写会に行ってきました!(1)

『先生と迷い猫』の完成披露舞台挨拶と試写会

 8月10日、新宿のバルト9で『先生と迷い猫』の完成披露舞台挨拶と試写会があった(写真は「2015『先生と迷い猫』製作委員会」提供)。

 イッセー尾形さんをはじめ、岸本加世子さん、もたいまさこさん、ピエール瀧さん、染谷将太さん、北乃きいさん、監督の深川栄洋さん、そして主演猫のドロップがそろい踏みの豪華な内容。
 撮影時のエピソードやドロップの名演技ぶりで盛り上がり、映画のヒット祈願の「氷の招き猫」(青くライトアップする!)まで登場。なかなか大がかりなイベントだった!

カメラに応えるドロップ

 当日、途中でドロップが登場すると会場中から完成が沸き、「かわいい!」の声が。イッセーさんや岸本さんに抱かれ、並み居る報道陣やフラッシュに動じることもなく、要求された通りのカメラ目線で応えるドロップの姿は、新人ながらすでに大女優の風格だった。
 
 うちでは「何も怖くない」とでーんとしているでんすけだって、きっとこの場に来たら、まずは知らない人に囲まれるというだけで、逃げ出してしまうだろう。

 でも、ミーちゃんだったらどうだろう? あれだけの学生さんに囲まれてもお腹を出してごろんとしながら被写体になっていたミーちゃんなら、もしかしたらドロップみたいに落ち着き払って、カメラに応えていたのだろうか。

ドロップは天才女優?!

 MCによると「代役なしで全編一匹で演じ切るという見事な天才女優ぶりを発揮しています。全編通して1匹で演じきった猫はおそらくはじめて」とのこと。通常、動物映画の場合、1匹では務めきれないので似た模様のコを何匹も用意するのが普通なのだ。

 演技もほんとうに自然体で、いわゆる「やらせ」というか、演技させるためにお腹を空かせといてゴハンでつるとか、そういう「猫にストレスを与えるようなことがまるで無かった」と、出演者らが口をそろえていた。

 私も、写真集の撮影などに立ち会ったときに同じように驚いた。

 無理やり何かをさせているというよりは、ドロップ自身がその時間を楽しみ、遊びながら、それが「仕事になっちゃた!」という(うらやましい!!)感じだった。

 やっぱり生まれながらの天才女優?! ちなみに、その自然体の名女優ぶりはGYAO『三毛猫ドロップの女優日記』で無料配信されている。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード