ホームにもどる

でんすけ、天に昇る(2)

宿の庭で遊ぶでんすけとケフィ「こんな調子なら年末もでんを連れてケフィと旅行できるね」

 そんな脳天気な話をしていたのはつい1月ほど前。
 でんすけが天使になってしまったことが信じられず、荼毘に付すまで中一日時間を取った。「もしかしたら生き返るかもしれない」と願わずにはいられなかったのだ。

 その間、何度もでんすけに話しかけた。

「ねぇ、でん。もうそろそろ起きようよ。そうしないと本当に焼かれちゃうよ」

 でも、返事はなかった。体を揺すっても撫でても、手を引っ張っても、耳を触っても、でんすけはただただ眠っているだけ。眠っているときにいたずらするといつも「うんー!」と抗議の声を上げるのに、声を出すどころかぴくりとも動かなかった。
 まるで笑っているかのように安らかな寝顔で、ただただ横たわっていた。

クリックで拡大

真っ青な秋の空へ

家でくつろぐでん 21日朝9時過ぎ。ケフィも一緒に霊園まで行き最期のお別れをした。死に水を取ったときも、「本当に本当に、焼かれちゃうんだよ」と揺すり、焼かれる直前まで声をかけつづけたけど、やっぱり、でんは目を覚まさなかった。

 そうしてとうとう、お気に入りのトトロ柄の毛布とたくさんのお花に囲まれて天に昇っていった。寝息が聞こえてきそうなくらい静かな寝顔のまま・・・。

 天国までの道のり「お腹が空かないように」と用意した大好きな無添加猫用鰹節や鰹の刺身も持って。「迷子にならないように」と入れた迷子札と首輪も一緒に、煙になって真っ青な秋の空へと溶け込んで行った。


でんは小さな骨に

 どのくらいの時間たったのだろう。20分? 30分? でんすけは小さな白い骨になった。 あばら骨なんか、ちょっとした魚の方が大きいのでは? と思うくらいのサイズ。「こんな体でよくよそ猫と戦ってたもんだ」と、改めてびっくりするほど華奢だった。
 
 霊園の方が「目のところが黒くなるのは白内障の印」と教えてくれて、目が悪くなっていたこともはじめて知った。

 骨壺を見せると、ケフィは鼻をひくひくさせ、でんすけの気配を感じているかのようにあたりの匂いを嗅ぎ、まるで天に昇る姿が見えるかのように空を見つめた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ミーちゃん

コメントを拝見し、泣いてしまいました。
本当にその通りです。「あの中に入ったら、灰になってしまう」そう思うと、一瞬でもその瞬間を延ばしたくて・・・。終わった後も信じられなくて、どうしていいのかわからない感じでした。
みーちゃんさんも最近、大切なコを見送ったんですよね。本当に胸が押しつぶされそうだったことと思います。でも、きっとみーちゃんさんちのコも笑いながら「みーちゃんさんに会えて幸せだった」って思いながら、天使になったのですね。

No title

お気持ち、本当にとてもよくわかります。
天使になったことだって信じられないのに、
大事に大事にしてきた子が焼かれてしまうなんて・・・
何かの間違いとしか思えないですよね。
霊園で、火が入る瞬間は、胸が押しつぶされそうな思いでした。

でんすけちゃんが、笑っているような、お昼寝してるだけのようなお顔だったのは、
今までのでんすけちゃんの人生を物語っていると思います。
きっと、とってもとっても幸せだったから、
穏やかな安らかなお顔で、旅立てたのだと思います。

動物はとても聡明な生き物ですから、
ケフィちゃんも、何か感じていたのでしょうね。

でんすけちゃんのお写真、とっても可愛いです。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード