ホームにもどる

君がいるから、人生は面白い(5)

テレビを見 るでん そんな「人につく」猫だから、夜中にはお腹の上にのっかってきたり、顔をなめたり、話しかけたりしてきて、安眠を妨害する。

 仕事をしていれば、パソコンのモニターと顔の間にどっかりと座るし、マウスを持つ手にじゃれたり、キーボードを踏んでは設定を変えたりしてくれる。プリンターとは戦うし、長電話していると「この書類、やぶいちゃうけどいい?」と言った視線を向けてくる。

 トイレに入っていれば「中に入れて」と声をかけられるし、 新聞を読んでいれば新聞の上に寝転がる。
 
 ゴハンがないと鳴き、遊んでくれとまとわりつき、とにかく四六時中「ねぇー! ねぇー! こっち向いてよ!!」と言ってくる。

クリックで拡大

猫のいない生活はある意味快適

寄り添うでんとケフィ たぶん猫のいない生活は、ある意味ずっと快適だろう。夜はぐっすり眠れるし、読書もはかどる。トイレはゆっくり入れるし、仕事はうんとはかどるはずだ。休みの日ごとに、動物病院に行かなくたってすむ。お金もきっと節約できる。

 でも、そんな効率的な生活は果たして楽しいのだろうか? 「ねぇ、ねぇ」と言ってくれる存在もいない、自分のエネルギーを分け与える者もない毎日は、充実しているのだろうか。
 

失って悲しめる者がいる幸せ

 きっとそうではないだろう。
 
 ほ乳類のなかでも、ダントツに共感能力が高い人間は、だれかの世話をすること、だれかのために自分のエネルギーを分け与えることで、充実感を感じられる。

 いつでも心を配り、関心を持たずにいられない存在がいるからこそ、孤独を感じずにすむ。

 だからこそ、別れはとてつもなく辛く悲しいのだが、失ったことでそんなにも悲しめるほど大事な存在がいたということは、このうえなもなく幸せなことだ。

 それは自分がちゃんとその存在と向き合ってきたという証拠だから。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード