ホームにもどる

新年おめでとう!! ケフィ!(1)

 今年のお正月は、心から「めでたい!」と感じるお正月だった。
 年末に生死の境をさまよったケフィが、無事、持ち直して迎えた新年だったからだ。

死んでいてもおかしくなかった

元気になってテニスコートを走るケフィ特発性心膜液水貯留」。12月24日、ケフィの誕生日の前日に、かかりつけ医から紹介してもらった総合病院での診断名だ。
 原因不明の要因で心臓の膜の間に水が貯まった状態で、この日、ケフィの心臓には500ミリリットルもの水がたまっていた。

 総合病院の獣医師は、ケフィのことを診るなり「死んでいてもおかしくない状態」と言った。そう、ケフィの状態は末期症状だったのだ。

クリックで拡大
ケフィが失神

 ケフィが最初に意識を失って倒れたのは12月16日だった。それから2日の間に、合計3回倒れ、失禁までしてしまっていたのだが、あいにく私は不在。さらには意識を失っているのはほんの数秒から数十秒だったため、「足腰が弱ったため一瞬、転んでしまったひょうしに驚いておもらししてしまった」のかどうかの区別がつかなかった。

 私が最初にその症状に陥ったケフィと見たのは18日。仕事に行く直前だったのだが、急遽、休み、かかりつけ医のいる動物病院に時間外診療に連れて行った。

病院では元気に

思い出のテニスコートで嬉しそう ところが、病院へと向かう車の中でケフィは回復し、病院に着いたときには看護師さんたちに愛想を振りまきながらしっかりと歩いた。そして長年の主治医である院長先生が不在だった。

 とりあえず心音を聞いたり、熱を測ったりなどその場ですぐにできる検査だけしてもらい、かつてやったメニエールが再発する前兆であることを考えてステロイド剤などを注射してもらった。
 そして「今度、倒れたらその様子を動画に撮っておいて欲しい」と言われ、帰ってきた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード