ホームにもどる

新年おめでとう!! ケフィ!(3)

回復したてのケフィ そして冒頭で書いた通り、その総合病院で付いた診断名が特発性心膜液水貯留だった。
 心画像を見ると、貯まった水で心臓の右半分がほぼつぶれている。そのため、体内をめぐるはずの血液や分泌物がきちんと循環せず、その影響で腹水も貯まってしまったとのおと。

 獣医師はすぐに心画像を見ながら、心臓に針を刺して貯まった水を抜いてくれた。

クリックで拡大

旅行はすべてキャンセル

 一安心と思いきや、獣医師は「原因不明の特発性(一過性のもの)かどうかは断定できない。ただその可能性が高いということ」との見立て。他に重篤な病気があって起きているかもしれないというのだ。
 ケフィの今までの検査結果から総合すると、肝臓もしくは肺に悪性の腫瘍ができているかもしれないという。

「正確に判断するにはMRI検査が必要になります。それには全身麻酔が必要です。同意されますか?」(獣医師)

 その日はケフィの誕生日前日。あと1日で15歳になる。高齢犬には全身麻酔そのものがハイリスクだ。が、もし悪性腫瘍・・・ガンが原因なら、このままでは死を待つだけ。

重苦しい誕生日

 家族会議の結果、12月29日にMRIを予約した。年末年始の旅行は、もちろんすべてキャンセルだ。

 水を抜いて、わずかに呼吸は楽になったようだったが、やはりぐったりとした様子は変わらない。食欲も落ちたまま。人間が起こさないかぎり眠り続けている。

 翌12月25日は、ケフィの誕生日。我が家ではクリスマスではなくケフィの誕生を祝うのが毎年恒例で、ローストチキンを焼く。
 だから「このチキンは私の!」と分かるのだろう。毎年、テーブルに乗る前からチキンの周辺をうろうろ回っては鼻をひくひくさせ、嬉しそうにしっぽを振っていたケフィ。
 なのに今年は、口元までチキンを持って行くと、おっくうそうに口を開いて飲み込んだ。

「この年齢だし、もう回復しないのでは」

 口にこそ出さないが、家族の頭にはそんな考えが浮かんでいた。2015年のケフィの誕生日は、今までにない重苦しい空気に包まれていた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード