ホームにもどる

ところてん方式

家の中をのぞくパンダ柄のコ ケフィのことばかり書いていたが、この間、猫に関してもいろんなことがあった。

 一番のニュースは、あの窓から中をのぞいていたタマにそっくりなパンダ柄のコがデッキに住みはじめ、タマがすっかり家猫になったということだろう。

クリックで拡大

押し出されたタマ

家の中をのぞくパンダ柄のコ パンダ柄のコが来たからなのか、それともでんすけがいなくなったことが分かったからなのか。本当のところはタマに聞いてみなければ分からないが、昨年末くらいからタマはすっかり家猫になった。

 やたらと家の中に入りたがり、入ると出たがらないので、そのまま家の中において出勤するということを続けていたある日、とうとう昼も、夜も、いつでも、タマは家の中にいるようになった。

 まるでパンダ柄のコにデッキから押し出され(押し入られ?)たかのように。ところてん方式だ。


すっかり我が家の猫

 するとパンダ柄のコは、デッキのタマの箱に入り、タマのお皿からゴハンを食べるようになった。
 人間が行くと、一応は逃げてデッキの下に隠れるものの、それ以上、遠くへ行く様子も無く、昼間はデッキでのんびり日向ぼっこなどしている。

 ケフィの散歩に出て行くとちょこちょこと後ろを着いてきたり、ケフィのリードにじゃれてきたり。デッキにいる私の姿を見かけると公園の向こう側から鳴きながら走ってくるようになった。これではすっかり我が家の猫ではないか!?

本当にでんの生まれ変わり?

 家から出ないタマのことでは、トイレや運動不足、爪研ぎが気になるので、家の中に爪研ぎや猫タワー、トイレを設置した。
 パンダ柄のコには、でんすけが爪研ぎに使っていたバスマットを与えた。

 ほんとうにでんの生まれ変わりなのだろうか? 
関連記事

コメント

Secret

ミーちゃん

なんか不思議なご縁を感じますよね。
本当に「猫に選ばれてる」感じ!

名前については乞うご期待!!

お名前は?

ところてん方式かぁ…。わんこでは起きないことだね。
ところで、パンダ柄の子はお名前はついたのかな?
でんちゃんの生まれ変わりなら、でんでん?
いや、もっとセンスのある名前、期待しています!

No title

おもしろいですね。
それぞれが治まるところに治まるようになっているのでしょうか。
公園から鳴きながら走ってくるところとか、
想像したらカワイイです。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード