ホームにもどる

猫に名前をつける日(2)

タマとそっくり 考えた末、新しく登場した白黒模様のコには出て行っていただくことにした。

 寒い冬、せっかく暖を取って眠れる場所を見つけたこのコには本当に申し訳ないのだが、今の段階で二匹の共生は難しい。

 ある人からは「水でもかけて脅したら、怖がって逃げて行くよ」というアドバイスもいただいたが、それでなくとも寒い時期に水をかけるなんてとてもできない。これから人間と暮らせる可能性をつぶしてしまうことにもなるから、脅すこともできない。

クリックで拡大

白黒模様のコを説得

背後にはタマ そこでいつでも逃げ出せる体制を取りながら1メートルほど離れた距離にいる白黒模様のコを説得してみることにした。

「ごめんね。ここはきみが暮らすところではないんだよ。もう別のコが、先にここに住んでるの。申し訳ないけど、ほかを当たってもらえるかな?」

 ・・・しばし沈黙の時間。でも白黒模様のコは動かない。

 そこで、私は次の手段に出た。


次の手段

「ほんとうにごめんね。これは他のコのお部屋だから、いったんしまわせてもらうよ」と言いながら、タマの箱を持ち上げると、白黒模様のコはびっくりして足早に数歩ほど前へと進み、一瞬私を振り返ってから、暗闇の中に消えていった。

 そのときの白黒模様のコの目は今も脳裏に焼き付いている。
 寂しさと怖さと残念さが入り交じったとっても切ない目をしていた。

「もし、一緒に仲良くできるなら、ここで暮らしてもらっても本当にかまわないんだけど」

 私は言い訳のように暗闇に向かって話しかけ、タマの箱とゴハン入れを物置にしまった。置いておけば、また白黒模様のコが戻ってきてしまうかもしれない。

「2~3日だけでも、暖かいところで眠れて、ゴハンをいっぱい食べたから、少しは体も楽になったはず」
 そう、自分に言い聞かせて、その日は床についた。
関連記事

コメント

Secret

No title

「先生と迷い猫」の同じ方ですか?
信じられません。

生命の区別をしたんですね。あなたみたいなのを愛誤って言うんですよ。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード