ホームにもどる

タリの謎(2)

どっちがタリでしょう? そんなふうに物怖じせず、人間との生活に慣れているようなタリなのだが、人への警戒心は人一倍強い。

 私が帰宅すると、その気配を感じて迎えに出るのに一定の距離からは近づかない。

 家の中に入っては来るものの、人間の方から近づいていくと逃げてしまう。ミーちゃんもそうだったけれど、外へと通じるドアや窓がぜんぶ閉じられていると落ち着かないらしく、そわそわし出し、すぐに外へと出て行こうとする。猫窓から出入りできるにもかかわらず、だ。

 だが、猫窓から出入りし、ケフィの布団で寝ていたりもする。人間が起きてくると慌てて猫窓から出て行くのだ。

クリックで拡大

アンビバレンツな猫

すりすり 外にいるときも激しく声をかけて呼ぶくせに、人間が出て行くと距離を取る。人間にくっつきたくてしょうがなくて、こっちがじーっとしていると寄って来て私の足にスリスリするくせに(写真)、私から何かアクションを起こすと慌てて逃げて行く。

 なでられたくてしょうがなさそうなのに、人がなでようとすると逃げてしまう。ことのほか抱っこされるのが怖いようだ。
 なんてアンビバレンツな猫だろう。

 
人なつっこいのに抱っこぎらい

「家の中で、人間に抱かれた状態で、よほど怖い思いをしたことがあるのかな」

 家人とはそんなふうに話している。

 本当ならば動物病院に連れて行ってひととおり検査をしてもらいたいし、いつも涙を浮かべているような右目の状態も気になる。

 でも、今はまだ難しそうだ。もう少し、関係性をつくって、「人間は怖くない」と思ってからでないとキャリーバッグに入ってもらったり、車で移動したりするのは厳しいだろう。

 人なつっこいのに、人を警戒している。タリの謎が解ける日はあるのだろうか。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

あたり!

あたりです!
さすがですね。
けっこう顔立ちも体型も違うんですよね。もちろん性格も。少しずつ距離が縮まるといいなぁ。

No title

左がタリちゃんですね?たぶん・・・

物怖じしない=警戒心がない、という訳ではないんですよね。
お外出身の子は、やはり警戒心が強い子が多いです。

でも多少時間はかかったとしても、
必ず気持ちは通じると思いますし、
少しずつ関係性を積み重ねていけば、
きっと少しずつでも距離は縮まっていくと思いますし、
そうなればいいなぁって思います。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード