ホームにもどる

命の不思議(1)

 大ファンだった写真家で作家の藤原新也さんの愛猫が亡くなったという記事(『生活と自治』2016年9月号、生活クラブ事業連合生活共同組合連合会)を読んだ。

 このブログの左端に載っている、台風の日から行方知らずになった「クロ」と同じ模様の猫で、「クロコ」というそうだ。20歳だったというから、本当に大往生である。
 自力で立てなくなってから3時間後、ついに呼吸が止まり、心臓が止まった。

 ところがその状態のクロコに、藤原さんが三度ほど声をかけると、まぶたをうっすらと開き、涙を浮かべた瞳で、藤原さんを見つめたそうである。
 慌ててその様子をカメラに収めた後は、いくら声かけしても二度と反応しなかったという。

かけがえのない命の奇跡

でんのお気に入りだ った宿の花壇 かけがえのない命は、ときに奇跡を起こす。

 でんすけもそうだった。
 前にも書いたように、亡くなる1週間くらい前からはほ意識が無いことも多く、ぐったりとして首も上がらない状態だったでん。ところが亡くなる数日前の真夜中、私が膝にのせて頭や背を撫でていると、しっかりと首を上げ、私の目を見つめ「私、幸せだったよ」という、さよならのメッセージを送ってきた。

クリックで拡大

先代犬・りゅうも

 ケフィの前にいた柴犬・りゅうもの最期もびっくりすることがあった。
 自宅で点滴をしながら、最期を看取った。ちょうど夜中の1時くらいだったと思う。死の瞬間、りゅうはもがくように手足で空をかき、がくんと首が落ちたと思うとまぶたを閉じた。
 
 私はあきらめきれず、一晩中、抱きかかえていた。こたつに入ったまま、りゅうの体を温め続けた。そのせいだったのか、翌朝になってもまだ温かく、死後硬直もしていなかった。

「まだあったかいんです。診てください!」

 朝一番に駆け込んだ動物病院で診察をした獣医師は、その状態を見て驚き、聴診器を当てながらつぶやいた。

「心臓は止まっているのに、まるで生きているみたいだ」
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード