ホームにもどる

病院めぐり(1)

ふかふかのふとんでまどろむ タマ 10月は病院めぐりの日々だった。

 家族(人間)が入院したということもあるが、動物たちの病院通いも多かった。
 もともと定期的に病院に通っているケフィとゆめはもちろんのこと、タマと(おそらく)タリが本気でケンカをし、タマが深傷を負ったのだ。

 右前足の付け根から脇腹にかけてのあたりにいくつかひっかき傷をつくり、そのうちのひとつが化膿してぱっくりと口を開けた状態になったのが10月18日。翌日、慌てて動物病院に駆け込むと、獣医師にこう言われた。

「ケンカ傷です。これだけ深いとチューブを通して洗浄してから縫合しないと。あと少し傷が広がってからだったら縫合もできなかったかもしれない」

 その場で即入院。翌日、縫合手術となった。

クリックで拡大

みるみる回復

痛々しい傷跡 縫合手術自体は、さほど難しいものではないらしかった。日頃からたっぷりと栄養を取っていたことも幸いした。手術後はみるみる回復。

「通院できるなら自宅療養でもOK」(獣医師)と言われた。しかし、他の動物たちの世話や家族が入院しているということもあり、タマにちょっとがまんしてもらうことにした。
 5日ほど入院生活をしてもらうことにしたのだ。

 その後、けがの状態を見てもらうために通院したが、すぐに抜糸。月末には「治療終了」のお墨付きを受けた。
 今も患部(写真)はハゲハゲで新しいピンク色の肌が見えてはいるが、食欲もあるし、部屋中を元通り走り回っている。


ふたりの攻防戦はまだまだ続く

 一件落着! と言いたいところだが、タマとタリは相変わらず嫌煙の仲だ。・・・というより、「弱い犬(猫)ほどよく吠える」という感じで、よせばいいのにタマがタリにやたらにケンカを売っている。

 寒くなってきたので、タリが家の中に入っている時間が増えたのも気にいらないらしい。タリが、タマがでんすけから譲り受けたこたつを狙っているような感じもする。いずれにせよ、ふたりの攻防戦はまだまだ続きそうだ。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ミ-ちゃん

いつもありがとうございます。
いつ着地点が見えるのやら。
新参もののほうが強いのも考えものです。
でんすけは、いえ周辺の猫社会の秩序を守ってくれていたんだと、つくづく思います。

No title

無事に手術が終わって回復しているとのこと、よかったです!

お互い妥協して、うまく着地点を見つけてくれるといいですが、
また傷を負ったり、あまり大変なことにならないよう願ってます。。。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード