ホームにもどる

はじめての夜間緊急診療(1)

前夜に緊急診療を受けたと思えない様子でくつろぐケフィ 振り返ってみればここ3年のケフィは11月から12月にかけて毎年「生死の境をさまよう」病気を患ってきた。

 2014年にはメニエール病、2015年には心膜に水が貯まる心タンポナーデ。そのたびごとにケフィの体調はガクンと落ちた。メニエール病の後はすっかりボール投げができなくなったし、心タンポナーデの後には長い散歩ができなくなった。

 走り回るケフィの姿を二度と見られないこと。「どこまでも一緒に歩いて行こう」と誓ったケフィとの散歩ができなくなったこと。いずれも私にとっては受け入れがたい現実だった。
 でも、たぶん客観的に見れば高齢のケフィが持ちこたえられたことが奇跡に近かったのだと思う。

クリックで拡大

九死に一生を得た

空飛ぶ絨毯よろしく運ばれるケフィ この11月には胸水のたまり方が異常に早くなったことに気づかず、九死に一生を得た。家族(人間)が無事退院できたので「のんびり温泉にでも」と旅行したときのことだ。

「旅行の前日では疲れるだろう」と2日前に病院に行き、胸水を抜いてもらった。通常であれば、1週間程度は楽に過ごせるはずだった。
 メニエール病以後は、遠出の際は主治医とも相談し、宿は「もしも」に備えて必ず夜間緊急がある動物病院の近くにして日頃通っている病院まで数時間で戻れる距離と決めていた。
 そしてその日の夜中、「もしも」が起きた。


危険のサイン

 移動の車の中で、ケフィははじめてトイレを失敗し、宿についてもだるそうに横になっていた。食欲もいつもの半分くらい。それがたぶん「不調の警告」だった。
 だが、それを見逃した。秋口から大食漢のケフィも寄る年波には勝てず、「食ぼそり」や「選り好み」が始まっていたため、「食べたい気分じゃないんだ」と思ってしまった。

 そろそろ日付が変わる頃、最後のトイレに連れ出したとき、ケフィが「ハァハァ」と機関車のような激しい息づかいをはじめ、立ち上がれなくなってしまった。舌を見ると真っ白。私の顔面も蒼白になった。
「舌が白くなっていたら危険のサイン」と、常々、主治医から言われていたのだ。

 すぐに近くの緊急病院に連絡し、駆け込んだ。状況を説明すると、獣医師は目を丸くしてこう言った。

「そんな病気の、高齢のゴールデンを連れて来たんですか?」

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード