ホームにもどる

ケフィと一緒に初詣

眠りながらお参り中(1月2日) 1月2日は近所の神社にケフィと一緒に初詣に行った。近所の神社に初詣なんて、いったい何年ぶりだろう。
 ケフィがやって来てからというもの、ほとんどの年末年始は親戚一同で美味しい物を食べ歩き&ケフィの雪遊び旅行が慣わしで、行った先々でお参りするのが常だった。

 昨年はケフィが心タンポナーデを患ったため、いったん旅行をすべてキャンセルしたが、驚くべき回復力を見せたお祝いにと、元日だけ伊豆高原の常宿に遊びに行った。ケフィは大好きなお寿司を堪能し、懐かしいテニスコートを走り回ってはしゃいでいた。

クリックで拡大
いつもとは違う願いごと

 お参りする神社はまちまちでも、願いごとはいつも同じだった。「身近な命(人も動物も)をはじめ、あらゆる命ある者が健康で幸せに過ごせますように」。そして「今年もケフィが元気で、一緒にいろいろなところに行けますように」。 

 でも、今年は違った。
「ケフィがなるべく苦しまず、穏やかに天寿をまっとうできますように」と願った。

バギーで散歩コースを歩く

寒いのでコートの上から毛布でくるんでお散歩(12月26日) バギー(カート)を借りてから、かつての散歩コースのいくつかをケフィと歩いた。「自然たっぷりコース」や「放して走れるコース」、暗い時間帯によく歩いた「住宅街コース」や時間が無いときにちょちょっと回れる「短縮コース」などなど、いろいろなお散歩コースがあった。

 はじめてバギーでお散歩した12月22日には伏せの姿勢で首を上げてきょろきょろしていたケフィだったが、12月後半には足を投げ出してただ横たわるだけになった。
 12月23日の夜間救急以来、機関車のように苦しげな呼吸発作はなぜか無くなった。でもその代わりに、ほんとうにただ眠っているだけの時間が増えた。


声をかけると応じてくれた

 それでも私が「ほら、あの空き地に住宅が建ったよ」とか「ここでよく追いかけっこしてたね」とか「ここのおうちのわんちゃんにいつも吠えられたね」などと話しかけると目をぱちぱちとさせたり、鼻をひくひくさせて、応じてくれた。

 もうほとんどまどろんでいるようだった初詣のときも、「昔、散歩に来た神社だよ」と声をかけると、うっすらと目を開け、辺りをうかがっているように見えた。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード