ホームにもどる

ケフィ、虹の橋のたもとへ(1)

桜の季節によく散歩をした河川敷で(1月1日) 1月4日午前10時。ずっと私の天使だったケフィが、ほんとうに天使になって虹の橋のたもとへと旅立った。

 機関車のような激しい呼吸発作の代わりに年末くらいから深呼吸のような息づかいをするようになっていたケフィ。前日3日に胸水除去&点滴に行ったときには「呼吸がさらに深くなったら・・・ちょっと厳しい」(獣医師)と言われていた。

 ところが4日の明け方3時くらいから、息づかいがさらに深くなった。さらに20~30分おきに吐くそぶりを繰り返した。水を飲ませても改善する様子は無く、逆にえづいてしまう。

 夜間救急の受付は3時までなのですでに終わっている。私は「ケフィ、苦しい?」「ずっと一緒にいるから大丈夫」「安心して」と、繰り返し声をかけながら、抱きしめたりさすったりを繰り返した。
 おむつには大量のおしっこ。えづいた勢いで出たのか?

クリックで拡大

かかりつけ病院に電話

食べられないのに離さない! 食いしん坊は健在(1 月1日) その後、症状が落ち着いたのだと思う。いつの間にか私も眠ってしまい、再びえづく音で目が覚めたときは8時20分だった。明け方、最後に時計を見たのは4時26分だったから、3時間くらいは二人とも眠っていたのではないかと思う。
 地元のかかりつけ病院に電話し状況を伝えると、対応した獣医師が言った。

「昨日のカルテによると眼振もあったようなんですが、今はどうですか? 眼振があってえづくような状態が続いて水分も取れないようなら来院していただいた方がいいとは思います。ただ動かすことで状態が急変することもあり得ます」

 電話を切って水を飲ませてみるとちゃんと飲んでくれた。少し落ち着いたようだったので、しばらく様子を見ることにした。


事態は急変
 
 それから約1時間後、事態は急変。激しくえづきはじめ、眼を見ると左右に揺れている。再度、動物病院に電話をして獣医看護師と話している最中、ケフィはのけぞったと思ったら、うなづくように2回、激しく首を振って動かなくなった。見開いた眼は、まったく焦点があっていない。
 私の脳裏に先代犬・りゅうや、でんすけの最期の瞬間が浮かんだ。

「今からすぐに病院に行きます!!」

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード