ホームにもどる

からっぽ

「ボール見つけた!」。走れ! 走れ! どこにいても、何を見ても、何をしていても、ケフィのことばかり浮かぶ。

 朝起きると私のひざに顔をうずめて全身で「おはよう」の挨拶をしてきたケフィを思い出す。身支度をしていれば、その様子をじーっと見つめていたケフィの瞳が鏡に映る気がする。

 私の服装から「一緒に行ける」か「せがめば連れて行ってもらえる」か「絶対無理」かを判断していたケフィ。仕事に行く格好と判断すると、しょんぼりして自らハウスし、「どうせ行っちゃうんでしょ」と上目遣いに見つめていた。
 そんな様子が愛おしくて、置いて行くことが忍びなくて、「すぐに帰ってくるよ!」「早く会いたいから、ピューって急いで帰ってくるよ」と抱きしめたものだ。

クリックで拡大

家にいれば

破壊大魔王。段ボールをつぶすお手伝いのつもり? 料理をすれば、背後に「何かちょうだい」と言いたげなケフィが立っている気がするから、パスタやうどんを茹でれば「ケフィの分も」と一瞬、考えてしまう。手巻きをすれば「ケフィにも海苔巻きを」と思ってしまう。
 食事をしているとテーブルの下で「何か落ちてこないかなぁ」と見つめている気がする。

 帰宅してドアを開けたら、ぬいぐるみやおもちゃをくわえながら、耳を倒して、ちぎれんばかりにしっぽを振って「何十年ぶりの再会!」との勢いで迎えてくれたあの笑顔にまた会えるような気がしてしまう。


外出先でも

 外出先でも思い出すことばかりだ。

 駅にある旅行パンフを見れば「ケフィと行ったところだ」と思ってしまうし、観光地の広告を見ては「ケフィが好きそう」と独りごち、はっとする。
雨が降ればレインコート姿のケフィが見える気がするし、車に乗れば「今日はどこへ行くの?」と身を乗り出すケフィの気配を感じてしまう。

 職場でお弁当を食べていると「ケフィの分」をとっておこうとしてしまう。帰宅するとバッグに顔を突っ込んで「お弁当の残りは!」とはしゃいでいた。ケフィが喜ぶから、必ず一口分残して帰るのが決まりだった。

ケフィがたくさん詰まっていた

「心にぽっかり穴が開く、という表現は、あながち大げさではないのだなぁと、その時初めて気づきました」という、みーちゃんさんのコメントが心に染みる

 ぽっかりと穴が空き、からっぽになった心。こういうのを喪失感と呼ぶのだろうか。今さらながら、私の心にはケフィがたくさん詰まっていたのだと思う。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード