ホームにもどる

運命のいたずら(2)

一緒にケフィの看病をしてくれていたタリ こういうのを「運命のいたずら」と言うのだろうか。
 もしそうだとしても、その運命は変えることはできなかったのだろうか。

 たとえばあの日、私が家にいたらどうだったのだろう。タリは向かいの家に遊びに行かず、一日中、家の中やデッキでゴロゴロしたりはしていなかっただろうか。
 向かいに家に遊びに行っていたとしても、あと1秒、門をくぐって道路に飛び出すのが遅かったら。車が通りかかるタイミングが、ほんのわずかでもずれていたら。
 もし、車のスピードがもっと緩やかだったら生きていてくれたかもしれない。ケガをしたり、障害を負ったりしたかもしれないけれど、命だけは助かったかもしれない。

クリックで拡大
 
抱っこが大好き

ひざのうえで安心して眠るタリ 私が床に座ると、自分から寄ってきてゴロゴロとのどを鳴きをして体をこすりつけてくるようになったタリ。背中を撫でてあげるとお尻を高くして、鍵形に曲げた尻尾を小刻みに揺らし、一段と大きなのど鳴きをしていたタリ。お尻の部分をとんとんと叩くと両手をうーんと伸ばしながらお尻を振っていたタリ。のどを撫でると気持ちよさそうに目をつむって私のひざにアゴを乗せたり、体を預けたりしてきたタリ。
 
 よほど人間に怖い思いをさせられたのか、自分から私のひざに乗っかってくるのは一大決心だったけれど、一度乗ると「もういい加減降りて」と言わないといけないくらい、いつまでもひざのうえで眠っていた。

 実は抱っこが大好きだったのだ(写真)。

 これからずっと、いくらでも大好きな抱っこができるはずだったのに。怖い思いをしたり、お腹を空かせたりすることもなく、のんびり過ごせるはずだったのに。
 いったいタリの人生はなんだったのだろう。どうしてタリが、こんな目に遭わなければならなかったのろう。


二度と来ない「今度」

「もっともっと、抱っこしてあげたらよかった」と思う。最後に抱っこしたとき、出勤時間が迫っているからと早々にひざから降ろしてしまった。それが最後になると知っていたら、もっと長い時間、ひざに乗せて撫でてあげたらよかった。

 最後に会った日、出かける準備を始めた私に向かって、タリは「にゃぁ」と鳴きながら何度も両目ウィンクを送ってきた。私はいつも通り「また今度ね」と声をかけた。「今度なんて二度と来ない」などと思いもせずに。

 そして抱っこをねだるタリを置いて家を出た。それがまさかタリとの永遠の別れになるとはつゆほども想像しなかった。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード