ホームにもどる

我が家の猫とタマの攻防

ドキドキタマあー、驚いた!
クリックで拡大

 安定的にゴハンをくれる人はそう多くないのだろう。

 タマは毎朝晩、我が家を訪ねるようになった。朝は家のデッキか物置の上で待っていて、雨戸が開くと鳴く。夜は、家に灯りがともるとどこかから走って来て、茂みの中で鳴く。

 だんだん
「このままもらい手がつかなければ我が家で世話をするしかないかなぁ」
 という気持ちにもなってきた。もちろん、かわいがってくれる里親さんはまだまだ募集中だ。

 しかし、お腹を空かせているタマを放っておくこともできない。・・・かと言って公園でゴハンをあげるのはご近所の手前、難しい。
 そこでデッキにゴハンの置き場を決めて、そこであげるようにした。
 まだまだ雨が続きそうなので、デッキに置いてある棚に工夫してシートを張り、いざとなればタマが逃げ込める居場所も用意した。

 ところが、それにいち早く気付いた我が家の猫がタマを追い出しにかかった。自分の地位が脅かされると思ったのだろう。
 デッキにつくったタマ用のスペースで昼寝したり、デッキのパトロールを強化したり、タマが上ってくるデッキの手すりの上にでーんと座っていたりする。
 天気がいいと、よくタマが子どもたちを待っている公園のベンチの上を陣取ってひなたぼっこしている。
 いつもはほとんど家から出ないくせに・・・。

 ここ1月ほどの間に、少なくとも2~3回はタマと闘ったようだ。我が家の猫は、もう13歳になろうとしているおばあちゃん猫なのに、若いタマに全戦全勝らしい。すっかりタマは萎縮してしまい、ビクビクしている。
 デッキでゴハンを食べていても、家の猫が首に付けた鈴の音がすると食べるのを止め、辺りをキョロキョロ。人間がそば付いていてあげないと、まだ食事が終わらないうちに公園に逃げ帰ってしまうのだ。たぶん、我が家の犬も怖いのだろう。

にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード