ホームにもどる

黙ったまま

「もっと撫でて!」と催促するタリ
 タリの遺骨が乗って仏壇はぎゅうぎゅう。とっても窮屈になった。やっぱりけっこう大きな猫だったようで骨壺のサイズはでんすけの倍。先代犬りゅうと同じ大きさだ。

「本当にタリなの?」

 骨壺に向かって何度も話かけたが、答えは返ってこない。あんなにおしゃべりなタリだったのに、今はもう何一つ語ってはくれない。

クリックで拡大
不幸中の幸い

 タリはお向かいの庭で発見された。家主が咲き終わったアジサイを束ねようとしたところ、その根元で冷たくなっていたという。
 10日間も、冷たい土の上に横たわっていたタリ。雨に打たれたり、日に当たったりしたことだろう。つやつやの被毛もぷりぷりしたお尻も、愛嬌のある瞳も面影がなく、まるでぼろぞうきんのようだった。

「たぶん道路を挟んだ家の門を出たところで車にぶつかり、もうろうとしながら身を隠せるところを探したんでしょう。周辺の状況は熟知していたはずですから、少しでも体が動けばもっと人目に付かない場所へ入りこんだはずです。そう考えると、ぶつかってほとんど意識が無く、痛みを感じる間もなかったと思います。こういう状況では遺体も見つからず、飼い主さんは何年も探し続けたりすることが多いのですが・・・今回は不幸中の幸いと言っていいかもしれません」(ペットレスキューさん)

 確かに「不幸中の幸い」ではあったと思う。もし、発見される日の前日、「最近、タリを見ませんね」と隣家のご主人に話しかけられた家人が事情を話していなかったら。発見された日に隣家のご主人が休みで、たまたま庭にいなかったら。きっと役所に通報され、ゴミとして処分されていた。
 私も家人もそんなことは知らずに、ずっと探し続けていただろう。

お家に帰って来てくれたけど

晴れた日には玄関先でもごろん「タリちゃん、お家に帰りたかったんですね」(なじみのペットシッターさん)

 そう、タリはちゃんと帰ってきてくれた。生きているのか、帰ってくるのか分からない存在を待ち続けるのは辛い。ミーちゃんのときにさんざん経験した。そんな思いを私にさせないようにと、ちゃんと帰って来てくれた。タリは本当に孝行猫だと思う。

 そんなタリに、私はいったい何をしてあげられたんだろう。 

 車にぶつかったとき、痛くはなかったんだろうか。苦しくはなかったんだろうか。意識がもうろうとする中で、「お家に帰ろう」と思ったのだろうか。
 人間は危機に直面すると過去の記憶から何か役立つものを探そうとするから走馬燈のように体験が思い出されるというけれど、タリはどうだったのだろう。ほんの少しだけでも私のことを思い出してくれただろうか。わずかだけでも幸せだったときを振り返ることはできただろうか。

 タリを探して歩く私の声は聞こえていた? 「ここにいるよ」と答えてくれていた? 「もうお家に帰れないの?」と心細くはなかった? 短い間だったけれど家の子になって幸せだった?
 
 いくら話しかけても骨壺に入ったタリは黙ったままだ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

No title

「家の子にならなければ、事故に遭うこともなかったのかなぁ」と思ったこともありましたが、タリはやっぱり「出会えてよかった」と思ってくれていると思います。

でも、残念です。運命を呪わずにいられません。

No title

もちろんです。もちろんです。
タリちゃんは、たとえ短い間でも幸せだったと思います。

タリちゃんを探して歩く声が聞こえたから、
発見されて、お家に帰ってこれたのではないかと、
お家に帰ることをタリちゃんが望んでいたのではないかと思います。

思いがけずに早くに行ってしまったタリちゃんですが、
お家に帰ってこれて、きちんと手を合わせて供養してあげることが出来るのは、よかったと思います。
でも寂しいですね。もっと色々してあげたかったですね。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード