FC2ブログ
ホームにもどる

習い性

 遅い夏休みを取り、南の“国”に行ってきた。
 ケフィがいたときにはなかなか行けなかった海外。「ここは思い切って」と、ケフィと一緒の夏休みに比べると半分以下の短さではあったが、常夏の国に行ってみた。

南の島とはどこかが違う

生まれてはじめて飛行機に乗って南の海に降り立ったケフィ 蒼く澄んだ空。黙々と立ち上がる入道雲。たまに起きるスコール。そして、きらめく青い海。・・言葉で表現するとケフィと毎年過ごした南の島と同じようなのだが、やっぱりどこかが違う。

 吹き渡る風が、少し乾いているからなのか。珊瑚礁が違うのか。遠目にみるとエメラルドグリーンなのに、近くに行くとコバルトブルーに輝く、ケフィが大好きだった南の島の海とは違っている。

クリックで拡大

海を評価

お風呂状態で海につかるのが大好き それでも私たち家族は海を目にするたびに

「ここのビーチはケフィに良さそうだ」
「この波の高さではケフィが泳ぐには難しい」
「ボールを投げたら潮の流れが速くて危険だね」

 などと、目の前の海についてあれこれ評価した。
 そして、ホテルの手入れが行き届いた庭を見ては「ケフィを放したら大喜びで走り回るに違いない」と話し、食事が出れば「これはケフィが好きそうだ」と会話し、道を気ままに渡る鶏を指して「ケフィが見たらびっくりして逃げ回るも」と笑った。


ケフィはいつも一緒

 もう、習い性になっているのだ。何を見ても「ケフィならどうか」と考えないわけにはいかない。私たち家族の長い長い習慣になっているのだ。
 いないことが悲しいとか、寂しいということを超えて、もうそれが当たり前になって染みついてしまっているのだ。
 
 南の国にいる間、今、ここにケフィがいて、楽しそうにはしゃいでいる姿を見ているような楽しい気分を何度も味わった。

 こうやっていつどこにいても、何をしていてもケフィは私と一緒にいる。ケフィの笑顔に包まれて、ケフィとの幸せな時間を過ごせた旅行だった。
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へにほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へにほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
関連記事

コメント

Secret

そうですね。
ケフィがいない毎日はまだ受け入れられませんが、笑いながらケフィの話しができることが増えた気がします。

No title

今までもこれからも、ずっとケフィちゃんと一緒。
そして、何を見てもケフィちゃん中心に考えてしまうのも、
きっとこれからもずーっとそうなんですね。
ずっとずっと心の真ん中にいる大切な家族ですもの。
ブログリニューアル
このブログは「ミーちゃんを探して」を2017年2月20日にリニューアルしました。
ブログについて
さいたま市岩槻区で地域猫として住民に愛されていた三毛猫の「ミーちゃん」。 このブログはまず、2008年に行方不明になったミーちゃんの情報収集のためにつくられました。 […続きを読む
プロフィール
カテゴリ
本 (8)
RSSリンクの表示
迷子のミーちゃん
迷子のミーちゃん表紙
先生と迷い猫
先生と迷い猫
ブログランキング
にほんブログ村 犬ブログ 犬 闘病記(永眠)へ
にほんブログ村 猫ブログ 地域猫へ
にほんブログ村 猫ブログ MIX三毛猫へ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  10 
検索フォーム
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
カウンター
最新記事
ページへ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
QRコード
QRコード